DIYガムテープとは大違い!
補修のみならず補強まで

アメリカで、「巻くだけで固定できる」という補修テープがうわさになっているとか。通販番組で紹介されるや、なんと5万本を売り上げるという爆発的なヒットを記録したそうです。そのテープが、こちら。

グランデ:ファイバーフィックス(FiberFix):補修テープ グラス ファイバー製テープ  1inch(2.5cm幅)X100cm 3ロール GON-FW1

グランデ
ファイバーフィックス(FiberFix)
補修テープ グラス ファイバー製テープ
1inch(2.5cm幅)X100cm 3ロール GON-FW1
実勢価格:2199円

いったい、どのくらいの実力があるのでしょうか。

たとえば、こんな風に、折れてしまったほうきの柄。こんなにポッキリ折れたら、普通はもうダメだなと捨てるところですが、このテープがあれば、諦めるのはまだ早い!

しっかり接着するために、まずは破損した箇所周辺の汚れを落としておきます。付属の紙ヤスリでこすり、滑らかにしておくとより効果的ですよ。

次に、密閉パックに入ったテープを20~25度ほどのぬるま湯に10秒浸します。全体にしみたら、軽く絞ります。

破損した箇所から10cm以上幅を持たせて継ぎ目に巻きつけます。破損部分には5~6周巻きましょう。

巻きつけが終わったら、手袋に水をつけ、テープをなじませます。付属されているラップを巻き、5分ほど待ちます。この間に化学反応が起こり、テープを巻いたところが鉄のようにカッチカチに固まるんです。

乾燥させれば完成!

作業は5~10分ほどで終了。驚くほど簡単なのに、いったん貼ったら、力を込めてわざと折ろうとしても曲げられないほどガチガチに固くなっちゃうんです!

触ってみると、ガムテープなどで補修したときとは段違いの固さ。素材にはファイバーグラスと不飽和ポリエステルを使っており、絶縁耐力、耐熱・耐寒、引っ張り強度に優れています。このほうきも、剥がれることもズレることもなく、密着して固定されました。

乾けば水にも強いので、水道管のひび割れ補修にも便利です。作業用手袋、サンドペーパーなど、作業に必要なものが同梱されているので、困ったときにすぐ使えますよ!


<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。