自転車通勤が快適! 2021年上半期ベストヒット自転車

3密の満員電車を避けて自転車通勤しようと考えている人も多い昨今。長めの距離でも疲れずに出社することができると人気を集めているのが、クロスバイク型の電動アシスト自転車「e-bike」です。

そこで2021年上半期に注目されたヒット自転車の中から、操作は全部自転車がやる“オートマ自転車”であるVanMoofのS3を紹介します!

自転車高価だけど通勤に最強過ぎて大注目! VanMoof「S3」

VanMoof
S3
実勢価格:27万5000円

適応身長:170-210㎝ ホイール:128インチ フレーム重量:21kg モーター:250-350W 走行可能距離:60-150㎞ バッテリー:504Wh 充電器:34v 4A

VanMoofは自転車大国オランダの自転車メーカーで、近未来的な自転車をリリースして注目を集めています。日本ではまだ聞き慣れませんが、自転車にもかかわらずオートマチックギアチェンジやアシスト制御、キーレスロックなど、まさに“未来”を体現した自転車といえます。

VanMoof「S3」を実際に試乗してみると、通常のアシストでもグイグイと加速。さらに、「ブーストボタン」を押すことでさらなる加速を実現。その爽快感は、是非一度お試ししてほしいほどです!

▼アシスト走行距離
4段階中最大の場合:60km
4段階中最弱の場合:150km

「風を切る」ような疾走感で走るのが楽しいです。

施錠&解錠に鍵は必要なし

スマホで開錠方法を設定

車体のボタンプッシュで施錠し、事前にスマホアプリで設定した回数を押すと開錠する仕組みになっています。

大音量アラームで盗難を警告

ロック後に車体を動かすとアラームが鳴りライトが点滅します。紛失時には、SIMで位置情報を把握。

盗難対策もバッチリ!

スマホアプリで車体がどこにあるか地図情報が表示され、有料ですがメーカーによる回収サービスもあります。

▼VanMoof「S3」の詳しい試乗レビューはこちら!

自転車今キテる新通勤スタイル! SWALLOW「ZER0 9」

SWALLOW
ZER0 9
実勢価格:11万9800円

サイズ・重量:W200×D1100×H390mm(折り畳み時)・18kg 航行距離:~40km トップスピード:40km/h バッテリー:48V 13Ah

玩具の一種として捉えられていたキックボードが電動に進化を遂げ、新たな移動手段として注目が集まっています。

ハイエンドモデルとして登場したSWALLOW「ZER0 9」は、最高時速40kmを出せるパワーもあり坂道もしっかり登れました! 普及すれば移動の概念が変わるかもしれません。

原付1種の扱いで番号も取得

車の免許証を持っていなくても、原動機付自転車の免許証があれば大丈夫。

手元にメーターと電源あり

手元には時速や電池の残量を表示するデジタルメーターがあり、ミラーもあります。

重量は重めですが持ち運べます

折りたたんで持ち運べるので、駐輪場がないマンションなどでも玄関で充電可能。

▼SWALLOW「ZER0 9」の詳しい試乗レビューはこちら!

自転車電動自転車の売れ筋ランキングもチェック!

電動自転車のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、2021年上半期注目の自転車から、VanMoof「S3」の紹介でした。「脱・満員電車」を目指しているなら、ぜひチェックしてみてください!

自転車『MONOQLO』2021年7月号

こちらも参考にしてみてくださいね!