気になる個人情報はシュレッダーはさみが便利!

DMや書類など、個人情報の入ったものをそのまま捨てるのはちょっとためらいませんか? シュレッダーがあれば一発ですが、家用に買うほどでもないし……。

そこで紹介したいのが「シュレッダーはさみ」です。複数刃のハサミなので切るだけでサッと細切れに。ハサミなので場所をとらず、手軽に使えるところもメリットです。

使い方はとってもカンタンです

ハサミは2回入れます。2回目は向きを変えて切ります。

ステップ1:端を残して切る

同じ方向から切れ目を入れます。

ステップ2:方向を変えて切る

切れ目に対して垂直に刃を入れます。

今回は6製品ピックアップ。紙とプラスチックを裁断し、使い勝手を比べてみました。さっそくご覧ください!

サンスター文具「7連シュレッダーはさみ」

サンスター文具
7連シュレッダーはさみ
実勢価格:1191円

サイズ:W20cm×H0.28cm×D6.9cm
重さ:0.16kg

▼テスト結果
使い勝手:◎
裁断結果:紙 ◎/プラ ×


通常シュレッダーはさみは刃の数が多いほどたくさん切り込みを入れられます。ですが刃と刃の間に紙が詰まりやすいのが難点。また刃が多いと先端が重くなるのでグリップでしっかり支えなければなりません。

それらの悩みを解消させた逸品が、今回ベストのサンスター文具「7連シュレッダーはさみ」。グリップや刃に工夫が施され、他製品と比較しても頭ひとつ抜き出た性能です。

紙詰まりしにくい刃

刃には穴が開いていて紙が詰まらずザクザクと切り続けることができ、カンタンに書類をバラバラにできました。

握りやすいグリップ

7枚刃なのでそれなりに重さはありますが、グリップ部分は指が5本入るのでり、重さに負けずしっかり支えることができます。

使い勝手

5本指でしっかり支えられるので切りやすく、刃が重くても大丈夫でした。

紙とプラスチックの裁断結果

後ほどご紹介する9枚刃ほどの効率はないですが、素早く切れるので刃を入れる回数を増やせます。

▼紙

▼プラスチック

専用ケース付きで安全性も◎

専用のケースがついていて、刃が丸出しの状態になりません。サビ対策にも効果的。開発者の熱意が感じられる逸品です!

アーネスト「9連刃はさみ型シュレッダー A-75309」

アーネスト
9連刃はさみ型シュレッダー A-75309
実勢価格:1673円

▼テスト結果
使い勝手:○
裁断結果:紙 ◎/プラ ×


アーネスト「9連刃はさみ型シュレッダー A-75309」は、普通のはさみと同じ形状で切りやすいシュレッダーはさみです。ただ刃の重みでグリップ部分が握りにくく、先端は切りにくかったです。

使い勝手

普通のはさみと同じ形状で切りやすいです。

裁断結果

9枚刃なので一度に細切れにできる量は多いですが、S評価のサンスター文具に比べると紙詰まりがありました。

▼紙

▼プラスチック

オーム電機「はさみシュレッダー SHR-004」

オーム電機
はさみシュレッダー SHR-004
実勢価格:547円

▼テスト結果
使い勝手:○
裁断結果:紙 ○/プラ ×


オーム電機「はさみシュレッダー SHR-004」は5枚刃タイプ。7枚刃と比べると量は少なく、刃の間隔が広めで細切れの大きさも若干大きめです。

使い勝手

指が4本入ります。刃に重みがない分、支えやすいです。

裁断結果

5枚刃なので細切れの量は圧倒的に落ちますが、軽いので取り回しは良好。プラスチックには刃は入りましたが使えませんでした。

▼紙

▼プラスチック

義春刃物「ペナントシュレッダーハサミ SH-20R」

義春刃物
ペナントシュレッダーハサミ SH-20R
実勢価格:1733円

▼テスト結果
使い勝手:○
裁断結果:紙 ○/プラ ×


義春刃物「ペナントシュレッダーハサミ SH-20R」は可もなく不可もなくといったところ。同じ5枚刃のオーム電機に比べてお値段は高めです。

使い勝手

親指側のグリップが広めで、力を込めやすいのはグッド。

裁断結果

5枚刃なので細切れの量は少なめ。取り回しは悪くありませんが、速度はあがりませんでした。プラスチックカードの切断に常用するのは厳しいです。

▼紙

▼プラスチック

ナカバヤシ「シュレッダーハサミ チョッキル」

ナカバヤシ
シュレッダーハサミ チョッキル NH-S101MB
実勢価格:803円

▼テスト結果
使い勝手:○
裁断結果:紙 ○/プラ ×


ナカバヤシ「シュレッダーハサミ チョッキル NH-S101MB」は、普通のシュレッダーはさみ。価格はオーム電機と比べると割高感があります。

使い勝手

普通のはさみと同じグリップで使い勝手は良好です。

裁断結果

5枚刃相当の細切れ量です。先端まで刃が入るところはメリット。カード切断はやはり難しかったです。

▼紙

▼プラスチック

C評価: Yi-style「シュレッダー はさみ ds-1677167」

Yi-style
シュレッダー はさみ ds-1677167
実勢価格:2650円

▼テスト結果
使い勝手:○
裁断結果:紙 △/プラ ○


Yi-style「シュレッダー はさみ ds-1677167」は、縦と横に刃を入れる必要がないアイデアが面白いですが、数をこなすのには不向き。プラスチックが切れたのは今回こちらだけでした。

使い勝手

形に特徴のあるグリップですが、思っていたより使いにくさはありません。

裁断結果

刃を入れるだけで細切れになるギザギザ刃。便利ですが、1枚刃なので効率は高くありません。またカード切断はある程度はできました。

▼紙

▼プラスチック

番外編:プラスチックには専用はさみがおすすめ

複数刃のシュレッダーはさみでは、プラスチックカードといった硬いものは切れませんでした。もしカード類などを処分したい場合はこちらがおすすめです。

ECHO「ステンレス多用途はさみ」

ECHO
ステンレス多用途はさみ
実勢価格:1080円

※アマゾンは色違い、楽天は色おまかせの商品ページです。

カードなどの硬いものを切る際は1枚刃で、かつ刃渡りが短いものがオススメです。ECHO「ステンレス多用途はさみ」はカードにもスラスラと刃が入り、あっという間に切断できました。グリップも指が5本入り、力を伝達しやすい構造です。

▼紙

▼プラスチック

以上、シュレッダーはさみのご紹介でした。個人情報の入ったものを処分するときは、ぜひこの便利アイテムを使ってみてください!

▼確実に処分!大きめサイズのシュレッダーおすすめは?