文房具ちょっと贅沢気分になれる
文房具をご紹介します!

世の中には、魅力的な文房具が数多くありますが、当然、それをすべて知るのはムズカシイですよね。そこで今回は、ちょっと贅沢な気分になれるモノや、たしかなクオリティで便利なモノなど、おすすめの逸品を選りすぐってご紹介したいと思います!

文房具初めて使っても安心
インクが乾かない万年筆

初めて万年筆を使う人でも、書きやすいのはもちろんのこと、万年筆が使いづらい原因となっていた「いつの間にかインクが乾いて使えなくなってしまう」という問題を独自構造のキャップで解決したのがこちら。しっかりとキャップを閉めておけば、インクの渇きを2年間も防いでくれるんです!

プラチナ万年筆:#3776センチュリー:万年筆

プラチナ万年筆
#3776センチュリー
実勢価格:6480円

ペン先は大型の14金を使用。海外ブランドなら3万円以上してもおかしくない贅沢なつくりも魅力です。

文房具機能美と遊び心がつまった
インク残量が分かる万年筆

あくまで機能にこだわった万年筆がいい! という方には、パイロットのカスタム74をおすすめします。ロジウム仕上げの14金ペン先で、書き味を保証しつつ、本体は独特のスケルトン構造を採用。そのため、インク残量が一目で分かり、補充のタイミングを見誤る心配がありません。

パイロットコーポレーション:カスタム74 透明軸:万年筆

パイロットコーポレーション
カスタム74 透明軸
実勢価格:7565円

実際にインクを入れてみるとこのような感じになります。インクが柄のように映るので、決して安っぽくもならずステキです。

また、コンバータをつければ、黒だけでなく色のついたカラーインクを使用できるのも特徴の一つ。使えば使うほど自分好みの一本に仕上がっていきますよ!

文房具とにかく軽くて薄い
本革を使ったシステム手帳

ドイツ語で「空、空気」を意味する「ルフト」の名を冠するこちらのシステム手帳。本革一枚をバックプレートとリングを使って挟み込む独自構造を用いることで、かさばることのない薄さと驚くべき軽さを両立させています。

こちらはバイブルサイズになりますが、小さめのナローサイズならスーツの内ポケットにスッポリ。高級感を損なわないままに、ビジネスマンのことを考えてつくったこだわりが随所に見られます。

ノックスブレイン:ルフト システム手帳バイブルサイズ:手帳

KNOX
ノックスブレイン ルフト
システム手帳バイブルサイズ
実勢価格:7020円

KNOX
リフィル型本革ペンホルダー
実勢価格:1080円

開いてみると180度開くので、書き込むのもスムーズです。3万円でも、これほど便利な手帳はまず見つからないはず!

以上、“ちょっと特別”な文房具5選をご紹介しました。気になったものがありましたら、ぜひお気に入りに加えてみてくださいね!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。