家電おすすめ『家電批評』2023年ベストバイを発表!

2023年も『家電批評』はさまざまな家電製品をテストしてきました。そこでテストしてきた製品を振り返り、絶対におすすめしたいものをピックアップ。「家電批評2023年ベストバイ」として発表します。

自分へのご褒美にも、大切な人へのギフトにもおすすめなベスト家電カタログです!

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら

【家電批評2023年ベストバイ】の記事一覧はこちら サラウンドサウンドバーおすすめ イメージ

今回は「家電批評2023年ベストバイ」の「サラウンドサウンドバー」部門でベストバイになった、分離するスピーカーで自宅で映画館のようなサラウンド感を楽しめる、JBL「BAR 1000」​​です。

家電おすすめJBL「BAR 1000」​​

  • JBLBAR 1000
  • 実勢価格: ¥116,771

「サラウンド」がトレンドのなか、最も存在感を放ったサウンドバー!

JBL「BAR 1000」​​の最大の特徴は、本体から分離するサテライトスピーカー。その性能はピカイチで、サテライトスピーカーを後方に設置すれば、リアル7.1.4chを構成できます。

天井や壁面の反射も利用する3Dサラウンドで本物のドルビーアトモス(Dolby Atmos)、DTS:Xによる立体音響を楽しめるのです。

おすすめポイント
  1. 立体音響の再現性が高い
  2. 左右スピーカーを独立して設置可能
がっかりポイント
  1. 本体とサブウーファーは大きめ
1194mm(サウンドバー本体)、305mm(サブウーファー)
奥行
125mm(サウンドバー本体)、305mm(サブウーファー)
高さ
56mm(サウンドバー本体)、440.4mm(サブウーファー)
重量
6.5kg(サウンドバー本体)、10kg(サブウーファー)
型番
BAR 1000

家電おすすめ「家電批評2023年ベストバイ」に選ばれた理由とは?

スピーカーが分離するので映画館のようなサラウンドを楽しめる!

スピーカーが分離するので映画館のようなサラウンドを楽しめる! サラウンドサウンドバーおすすめ イメージ

映画視聴時は、左右のスピーカーを分離して着座位置の後ろにセットするギミックがとにかく秀逸。完璧なサラウンド環境を実現してくれます。

折原一也 氏
オーディオ&ビジュアルライター
折原一也 氏 のコメント

分離型リアが最強すぎる。この価格でもコスパが良いのでは。

設置が簡単な充電式スピーカーでパワフルなサウンド!

設置が簡単な充電式スピーカーでパワフルなサウンド! サラウンドサウンドバーおすすめ イメージ

本製品の最大の特徴は、本体から分離するサテライトスピーカー。テレビ視聴などの通常時は、本体バーの左右に装着した状態でサウンドバーを使用しつつ、充電が行われます。

映画などで音響を活かしたいときには、視聴位置に合わせてスピーカーを分離設置し、立体的なサウンドを楽しめます。

サテライトスピーカーと仮想サラウンドで多チャンネルを再現!

サテライトスピーカーと仮想サラウンドで多チャンネルを再現! サラウンドサウンドバーおすすめ イメージ
サテライトスピーカーと仮想サラウンドで多チャンネルを再現! サラウンドサウンドバーおすすめ イメージ2

音質が優秀です。背面に設置したサテライトスピーカーは、想像以上の効果を発揮しました。スピーカーの位置からの音はもちろん、実際にはスピーカーが設置されていない前方斜め上方からも違和感なく音が聞こえます。

音響の整った映画館などの多チャンネル環境に匹敵する、音に包まれるような感覚を得ながら作品を楽しめました。

以上、「家電批評2023年ベストバイ」の「サラウンドサウンドバー」部門に選ばれた、JBL「BAR 1000」​​の紹介でした。

自宅で映画館のような本格的なサラウンドを楽しみたい人に、おすすめのサウンドバーです!

引き続き、「家電批評2023年ベストバイ」をご紹介していきますので、お楽しみに!

家電おすすめサウンドバーの売れ筋ランキングもチェック!

サウンドバーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。