ホームしまわなくてもキレイに!
使いやすさ重視さんへ新提案

家族みんなが毎日使う洗面所は、家の中でもとくに生活感が出やすい場所です。歯ブラシやコップ、ハンドソープ……と、どれも必要なものですが、もっとおしゃれに見せたいですよね。

どうすれば、使いやすさはそのままに、お客さんに見せても恥ずかしくない、おしゃれな洗面所にできるのでしょうか?

そこで、「出しっぱなしだけど、おしゃれに見える」上級テクニックをご紹介します。

ホーム毎日使う必需品を
おしゃれなものに総取り替え!

ふだんから使うものでいっぱいの洗面所は、このように生活感にあふれがちです。

[BEFORE]

モノがゴチャゴチャしていると、庶民感も丸出しで、お客さんが来てもちょっと見せられないですね。

そこで、毎日使う必需品をおしゃれなものに総取り替えしてみましょう!

[AFTER]

いつものアイテムを総取り替えした後がこちらです。

ハブラシスタンドやハンドソープなど、必須アイテムをおしゃれなものに変えるだけで、生活感がなくなりました

また、タオルの置き方も変えれば、まるで高級ホテルのレストルームのような雰囲気も演出できるんです!

次から、各コーナーの詳細をご紹介します。

ホーム歯ブラシ・コップは出しっぱでOK
入れ物でモダン&清潔に

歯ブラシとコップは、入れ物にこだわることで生活感を抑えられます。

とくにニトリとセリアで手に入る珪藻土アイテムはシンプルで使いやすく、水滴を残さず吸ってくれるので、ヌメリも残らない優れモノなんです。

セリア:吸水コースタースクエア型:コースター

セリア
吸水コースタースクエア型
実勢価格:108円

珪藻土歯ブラシ立ては、続いて紹介するニトリ製のほか、さまざまなメーカーから発売されています。以下では、5種類の歯ブラシ立てのデザインや実用性を比較してみました。

S評価ブラシ同士がくっつかない
仕切り板が高評価でした

ニトリ:珪藻土ハブラシスタンド 丸(ホワイト):歯ブラシ立て

ニトリ
珪藻土ハブラシスタンド 丸(ホワイト)
実勢価格:799円
※こちらの商品は石綿含有の調査のため2020年12月22日現在販売中止となっています。

金属の仕切り板が付いているので、ブラシ同士がくっつかないのもうれしいポイントです。

ニトリの丸型ハブラシスタンドは、吸水性・使い勝手・安定性において「◎」と高評価となりました。

デザインの評価こそ小型設計なライバル製品に一歩譲りましたが、総合力で一番のオススメになりました。

A1本ずつ立てるスタンドなら
コチラもオススメです

ニトリ:珪藻土ハブラシスタンド:歯ブラシ立て

ニトリ
珪藻土ハブラシスタンド
実勢価格:399円
※こちらの商品は石綿含有の調査のため2020年12月22日現在販売中止となっています。

円錐状なので安定感があります。一人暮らしやカップルの方、省スペースで収納したい人に最適です。

Bデザイン性はバツグンだけど
ブラシがくっつきやすい

Winning:珪藻土スタイリッシュデザイン:歯ブラシ立て

Winning
珪藻土スタイリッシュデザイン
実勢価格:1280円

スッキリとしたデザインが印象的のスタンドです。ブラシ同士がくっついてしまいがちで取り出しにくく、使い勝手は△評価となりました。

C評価: 安定感と吸水性に難アリ
使いづらいスタンドです

Feight(エフエイト):珪藻土歯ブラシスタンド:歯ブラシ立て

Feight(エフエイト)
珪藻土歯ブラシスタンド
実勢価格:300円

背が低いため、歯ブラシの安定感に欠けるのがマイナスポイント。構造としては底が抜けているので、吸水性もイマイチな結果となりました。使う際は、ゆっくり挿しこんであげるといいでしょう。

C評価: スタンドのはずなのに
軽くて倒れやすさが気になる

soil:珪藻土トゥースブラシスタンドミニ:歯ブラシ立て

soil
珪藻土トゥースブラシスタンドミニ
実勢価格:1512円

珪藻土マットで有名なブランド「soil」の、ミニスタンド。デザインはこだわりがあってステキなのですが、軽いために倒れやすいのがネック。

電動歯ブラシの替えブラシや歯間ブラシを立てる目的なら、役割を果たしてくれそうです。

生活感が出てしまいがちな洗面所も、今回紹介したアイテムを用いれば、オシャレな空間に変身します。これでお客さんに見られたり、手洗いを使われたりしても、恥ずかしくならないですね。

ぜひこの記事で紹介したテクを実践して、高級感あふれる「ホテルライクな洗面所」を目指してみてください。