申し分ナシの実力!
肌悩みを見せずほどよい発色

顔の立体感を出し、美人顔をつくるのに欠かせないチーク。いざ買い換えようとするとタイプも色も実に多く、目移りしてなかなか選べないという経験はありませんか?

そんな人に朗報です。発色がナチュラルでふんわり上気肌が続き、肌悩みの目立たないチークを発見しちゃいました!

アディクション:ブラッシュトリニティ カラー/002:チーク

アディクション
ブラッシュトリニティ カラー/002
実勢価格:3553円

チークを選ぶポイントは「肌質」「色」「イメージ」の3つではないでしょうか。肌に馴染んでほどよく発色して崩れにくく、お肌の悩みを隠してくれたらうれしいですよね。

今回ご紹介するリニューアルした「アディクション」は、ふんわり軽い粉質で毛穴や乾燥が目立ちにくく、肌馴染みのいい色味で、大人の頬も自然に血色UPしてくれるんです。

実際に使ったみた結果でも、マスクにつきにくく皮脂にも強いという、申し分のない実力でした!

つきが柔らかくて年齢不問
肌悩みも目立ちません

チークでいちばん気になるのは発色ではないでしょうか。「アディクション」ならぽわっとほどよい発色で、さりげない上気感が続くんです。

つきが柔らかくて年齢不問肌悩みも目立ちません

ピチピチ20代のお肌ではふわっと発色し、自然に血色がUPしました。ナチュラルだけど、地味にはなりません。一番左の濃い色を多く乗せれば濃さを調節できるので、なりたいイメージに合わせて調整してみてはいかがでしょうか。

つきが柔らかくて年齢不問肌悩みも目立ちません

老化が見え始める30代のお肌でも、毛穴や乾燥があまり目立ちません。3色のうち真ん中の粉を多めにつけるとほどよい発色になりました。

ヴェールをかけたようにふんわり発色し、毛穴が目立たず年齢問わず使えるのは、粉に秘密がありました。

つきが柔らかくて年齢不問肌悩みも目立ちません

「アディクション」の粉はサラサラしていて、ふんわりと均一につきます。こういったつき方をする粉は、発色の濃さを調節しやすいんです。

これに対し「ランコム」はこってりついてムラになりがちでした。こうなると、濃淡のコントロールが難しくなってきます。

▼比較したのはコチラの製品

ランコム:スウィートマカロンブラッシュ&ブレンダー カラー/01:チーク

ランコム
スウィートマカロンブラッシュ&ブレンダー カラー/01
実勢価格:5480円
※リンク先は、カラー02のコーラルです

色移りが気になる……
マスクを取っても血色美人です

アレルギーや花粉症の季節に外せないマスク。チークはマスクと常に接触し、落ちやすいパーツなので色移りも気になるところですよね。アディクションなら、美容液成分入りのしっとりした粉で、血色感をキープできます。

色移りが気になる……マスクを取っても血色美人です

メイクをしてからマスクをあて、10秒手でおさえて色移りを比較したところ、「アディクション」はちょっぴり色が付く程度でした。マスクを取ったときにチークがハゲててショック! なんて心配はいりません。

ところが「キャンメイク」は濃い色ががっつりマスクに色移りしてしまいました。ちょっと人前でマスクは外したくないレベルです……。

▼比較したのはコチラの製品

キャンメイク:グロウフルールチークス カラー/09:チーク

キャンメイク
グロウフルールチークス カラー/09
実勢価格:863円

皮脂にもこすれにも負けない
安心の粉質で色をキープ

皮脂と汗に見立てた馬油入りの水を垂らし、コットンで軽く押さえてヨレにくさをチェックしました。

皮脂にもこすれにも負けない安心の粉質で色をキープ

「RMK」は、オフしたコットンに色が移ってしまうほど色落ちしてしまい、地の色がしっかり見えてしまいました。

しかし、「アディクション」はピタッと密着してほぼ無傷! 皮脂&こすれによる崩れはほとんどナシで、メイクはお直しいらずですね。

▼比較したのはコチラの製品

RMK:マルチペイントカラーズ カラー/01:チーク

RMK
マルチペイントカラーズ カラー/01
実勢価格:2899円

以上、おすすめチークのご紹介でした。ともすればオカメ頬になってしまうチークですが、「アディクション」なら失敗することなく薄紅頬になれそうです。

肌悩みを目立たせずに年齢問わず使え、発色よくて色移りもほぼナシ。そのうえ皮脂にも強いなんてこれ以上のチークはないのでは? 興味を持たれた方はぜひチャレンジしてみてくださいね。