自動車会話でドライブをアシストする パイオニア「NP1」

王冠アイコン

パイオニア
NP1
購入プラン(希望小売価格)
・ベーシックプラン(通信+サービス利用料1年分付):6万5780円
・バリュープラン(通信+サービス利用料3年分付):9万3500円

サイズ・重量:W118×H75×D93mm・300g
電源電圧:12V/24V
最大消費電流:2.8A
カメラ有効画素数・解像度:約200万画素・1920×1080P(フルHD)
レンズF値:F2.0
フレームレート:27.0fps(前)・16.0fps(後)
通信速度:受信最大150Mbps・送信最大50Mbps

会話型ドライブデバイスのベストバイに輝いたパイオニア「NP1」。本製品はすべての操作を音声で行い、案内なども音声で受け取るという全く新しい発想の車載デバイスです。

ディスプレイ上に地図画面を出し、音声と組み合わせることで目的地まで誘導してくれるのがこれまでのカーナビの考え方でしたが、「NP1」はそもそもモニターを搭載していません。

これを実現できたのは、新開発のモビリティAIプラットフォームである「Piomatix(パイオマティクス)」による部分が大きく、単純にカーナビ/ドラレコ/車載Wi-Fiを合体させただけではなく、本体に搭載された通信機能を使い、ソフトウェアを更新することで、さらに新しい機能にアップデートできる「成長する車載デバイス」としての側面も持っています。

ある意味、移動する究極の個室である車内をより便利に進化させる製品です。

異業種とのコラボもすでに始まっていて、今後はドライブに有益なサービスとの連携も可能になる将来を見据えた仕様になっている点が最大の魅力と言えます。

高山正寛 氏
カーナビ伝道師
高山正寛 氏 のコメント

この製品の将来性に魅力を感じ、自腹で購入しました。

特徴1:2カメラのクラウドドラレコ

前方と後方&室内を記録できる2カメラを搭載。フルHD200万画素で画角も十分です。

特徴2:音声でナビ

最大のウリは本体に画面を持たず、音声のみで目的設定から案内までを行うことです。

特徴3:目線も手元も動かさない

基本操作のすべてを音声で行うことができるので、視線移動や手元を動かすことはありません。これ自体は安全運転につながります。

特徴4:車内にWi-Fiスポット

NTTドコモの4G-LTE回線を使ったWi-Fi機能を搭載。Wi-FiT使い放題プランで3種類あります。

特徴5:地図や経路も表示できる

新開発の専用スマホアプリ「My NP1」を使うことでさまざまな機能が使うことができ、利便性が大きく向上します。

自動車無線アップデートで常に最新!

搭載する通信機能を使うことで進化する「NP1」ですが、その第1弾として2022年5月18日のアップデートでAmazonが提供する音声アシスタントサービス「Alexa」にも対応。これを活用すれば車内でAmazon Musicを再生したり、車から自宅の家電を操作することもできます。

なお、Alexa使用時のレポートは『家電批評』2022年7月号に掲載予定です。

自動車小型の本体にナビもドラレコも搭載されている

「NP1」にはパイオニアが誇るカロッツェリアの「サイバーナビ」や「楽ナビ」にも搭載されている「スーパールート検索」と同様の機能があり、圧倒的な渋滞回避能力を誇ります。

またドラレコとしても視野角が広いだけでなく、夜間にもしっかり撮影できるフルHDのソニー製CMOSセンサー「STARVIS」を搭載するなど単体でも十分な性能があるんです。

ポイント1:カメラ部は動く

後方&車内カメラは上下に可動できるので、車に合わせた設置が可能。水平124度で後方&車内をカバーします。

ポイント2:実は手動操作も可能

本体右側面に物理ボタンを装備するので、音声が苦手でも操作できます。

ポイント3:暗所にも強い

暗闇の中でも記録できる「ナイトサイト」も採用するので安心です。LED信号機もしっかり記録してくれます。

スマホで車の様子が分かる!

新機能である「ドライブコール」を使うと、コンタクトした相手のスマホに車の位置やNP1が撮影している映像を送れて、さらに通話もできちゃいます。

以上、パイオニア「NP1」のレビューの第1回【概要編】でした。

次回は、音声認識やナビをテストした結果をお届けします。本当に画面がなくても音声だけで迷わず目的にたどり着けるのか? ぜひ、チェックしてみてくださいね。

自動車ドライブレコーダーの売れ筋ランキングもチェック!

ドライブレコーダーのランキングはAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。