2021年ベストバイ!! 「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」

日用品、食品雑貨、家電、インテリア、自転車......2021年も『MONOQLO』は徹底した消費者目線での検証を重ねてきました。

そこで、2021年に『MONOQLO』が扱った全製品の中から「絶対に後悔させません!」と自信を持っておすすめできるベストバイばかりを集めた「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」を選定。ここでは、ベストに選ばれた製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを本音で解説します。

今回は、「スマートウォッチ」部門。かざすだけがニューノーマルなApple「Apple Watch SE」です。

選べる決済方法はダントツ! Apple「Apple Watch SE」

王冠アイコン

Apple
Apple Watch SE

実勢価格:3万2800円
サイズ・重量:W38×H44×D10.7mm・36.20~36.36g(44mm)/W34×H40×D10.7mm・30.49~30.68g(40mm) 素材:アルミニウム カラー:シルバー/スペースグレイ/ゴールド 
ディスプレイ:Retinaディスプレイ

2021年のスマートウォッチ部門「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」受賞はAppleApple Watch SE​。キャッシュレス対応スマートウォッチのベストバイです。

価格が3万円台とコスパに優れていて、多くのキャッシュレス決済に対応。Suicaなど交通系電子マネーとも連携できるので、改札を通るときも非常に便利。キャッシュレス機能がこれだけ充実しているスマートウォッチは希少なので、iPhoneユーザーならしばらくは選択肢の筆頭候補にして間違いなしです。

PayPayもバーコード表示で利用可能

バーコード決済としておなじみのPayPay。Apple Watchでもバーコードが表示され決済に使えます。

時計をかざして支払い

SuicaやPASMOに対応しているので、改札にApple Watchをかざすだけで通れます。スマホやカードを出す手間が不要。

国内発行のさまざまなカードに対応

SuicaやApplepay、iD、Quickpayなどの電子マネーに加えて、Visaのタッチ決済にも対応。また、「Apple Pay」には、様々なクレジットカードが登録可能という、間口の広さが大きな魅力。

カードの管理はiPhoneのアプリで

キャッシュレス決済の登録や管理は、iPhoneで行います。iPhoneの「Wallet」に登録済みのキャッシュレス決済やクレカは、「Watch」アプリでも利用可能。Apple Watchで使いたい決済方法を追加すればOKです。

以上、「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」に選ばれたスマートウォッチの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

2021年ベストバイを大発表!『MONOQLO』

晋遊舎
MONOQLO
2022年1月号
700円

『MONOQLO』2022年1月号では2021年のベストバイを一気に紹介。全テスト総決算号を読んで、2022年も楽しく過ごしましょう!