ホーム持ってて損なし!
大物洗いの救世主

デリケートな服を洗濯機で洗う際、大体の方は洗濯ネットを使用すると思います。生地の傷みが気になるなら、掛け布団や毛布のような大物もネットに入れて洗えばいいんです!

と言う訳で、今回は「大物洗濯用ネット」4製品の使い心地を比較してみました。家事のプロが太鼓判を押したのは、ニトリでもレックでもなく……

A評価【A評価】“輪っか”がポイント
エヌケーの優秀洗濯ネット!

今回検証用に集めた4製品の中で、もっとも使い心地がよかったのはコチラ。

エヌケープロダクツ:毛布・大物洗い用ネット2:洗濯ネット

エヌケープロダクツ
毛布・大物洗い用ネット2
実勢価格:2700円

両端にファスナーが付いていて、これをしめるとネットがリング状になります。この形状だと中の洗濯物が片寄ったり、絡んだりしないので安心して使えます!

B【B評価】ニトリもリング状
こちらはザンネン要素あり

ニトリのネットもリング状になりますが、使いやすさはエヌケーの方が上でした。

ニトリ:毛布が洗える角型洗濯ネット:洗濯ネット

ニトリ
毛布が洗える角型洗濯ネット
実勢価格:299円

こちらはネットの両端のヒモを結んでリング状にするタイプ。手間がかかるうえ、洗濯途中にヒモがほどける心配があるのがザンネン……。

でも、値段は299円と4製品の中でもっともお手頃です。

B【B評価】工夫はあるけど
“フツウ感”強めの洗濯ネット

レックのネットは取り立てて悪くはありませんが、使い心地はまぁまぁといったレベル。

レック:洗えるふとん用ネット

レック
洗えるふとん用ネット
実勢価格:980円

洗濯中に開かないよう工夫された「ロック式ファスナー」や、持ち運びに便利な「取手」などはうれしいポイント。でも普通の洗濯ネットをそのまま大きくした感じで、使い心地はまぁまぁといったところです。

C評価: 【C評価】かなりの大容量!
でも後始末がメンドウです…

ダイヤコーポレーションのネットはコンパクトなのに大容量。でもお手入れが大変……。

ダイヤコーポレーション:ふくらむ洗濯ネット:特大70cm洗濯ネット

ダイヤコーポレーション
ふくらむ洗濯ネット 特大70cm
実勢価格:1226円

シングルサイズの布団が1枚余裕で入るサイズながら、未使用時はコンパクトに折りたためます。でも使用後はしっかり広げて乾かさないと、カビが生えてしまいます……。

以上、オススメの大物洗濯用ネットのご紹介でした。「クリーニング店に毛布持って行くのメンドウだし、家で洗ってみようかな……」と思ったら、ぜひ参考にしてくださいね。