キッチンアスベルは無印ベストセラーで採用の
計量カップのフタ仕様まで同じです

今回オススメしたいのがアスベルのお米ストッカー。無印の人気ストッカーとかなりそっくりで、冷蔵庫でストックし、フタにメジャーカップを採用するというアイディアまで同じ。

それでは、無印とアスベル。どこがどう違うのか実際に使ってみながら、アスベルをオススメする理由を解説したいと思います。

無印良品:冷蔵庫用米:保存容器

無印良品
冷蔵庫用米
保存容器
実勢価格:700円

カビやダニの防止にぴったりな冷蔵庫保存用米びつ。フタがメジャーになっている無印の売れ筋アイテムです。

アスベル:密封米びつ:保存容器

アスベル
密封米びつ
実勢価格:497円

無印と同量入る米びつ。計量カップも付いていてサイズ感も無印と一緒です。

左:アスベル
右:無印良品


似た者同士を比較。冷蔵庫のドアポケットに収納しやすいサイズ感、フタがメジャーカップになっている点も同じでした。

キッチンワンタッチで開閉できる手軽さ
バッキン仕様のアスベルを支持

無印
アスベル

冷蔵庫に収納しやすいサイズ感など使い勝手も甲乙つけがたいのですが、アスベルを推す決定的な理由がありました。

その理由がコレ。タッパー式のフタの無印よりも、ロック付きパッキンのアスベルが超便利。パチッと1発で閉まるので無印よりも手間がかかりません。おまけに密閉度もアップします。

以上、お米ストッカーの比較でした。おしゃれな無印も捨てがたいのですが、一発で閉まるアスベルの使いやすさは何にも代え難い魅力です。