家中の汚れを一掃できるおすすめの掃除ワザは?

年末大掃除のテクニック

油でギトギトのコンロや水垢まみれの鏡、数年放置したまんまの洗濯機のカビ……。年末が近づき、普段の掃除では手つかずだった場所の汚れが気になってきたという人も多いのではないでしょうか。

そんな人のために、テストする女性誌『LDK』が、ガンコ汚れを落とすお掃除術を大公開。テストして見つけた最適なアイテムやプロ直伝のテクニックを紹介します。

年末大掃除特集

今回は、ハウスクリーニング専門店「キラッとハウス」の樽川めぐみさんに教えてもらった油やコゲがこびりついたコンロ周りの汚れ落とし術です。

【コンロ周りの油汚れ】「温度+油汚れ洗剤+タワシ」で落とす

コンロやグリルは、飛び散った油が蓄積し、さらに熱でコゲ付いているため汚れが手強いんですよね。そんなときは、中性洗剤ではなくアルカリ性洗剤の出番

油・コゲ用アルカリ洗剤だと、油に強く、固まってしまって簡単には取れない油汚れも落とせます。さらにコゲ取りスポンジでこすれば、ガンコなコゲも撃退可能です。

焼き付いた油&コゲはアルカリ洗剤で分解して落とす

アルカリ性洗剤の中でも強力な油・コゲ用洗剤は、固着した汚れも分解して浮かび上がらせます。洗浄力が強いので油汚れに適しているんです。

【ハウツー】プロ直伝!コンロ周りの掃除のコツ

アルカリ性洗剤の実力を発揮するには熱と時間が肝心。ここからは、プロに教えてもらったお掃除術を紹介します。

樽川めぐみ 氏
ハウスクリーニング専門店 キラッとハウス専務
樽川めぐみ 氏 のコメント

アルカリ性洗剤は強力なので手袋を忘れずに!

1:五徳はヘラでコゲを傷つけて洗剤をかける

こびりついた頑固なコゲは、もんじゃ用のヘラなどで傷をつけておくと洗剤が浸透しやすいです。傷つけてから洗剤をかけましょう。

2:コゲ取りスポンジでこすり洗う

残った五徳のコゲはスポンジでこすります。落ちにくければ洗剤を足しながらこすり、お湯で流します。

3:コンロ周りはアルカリ洗剤をかけコゲ取りスポンジでこする

汚れにアルカリ洗剤を吹きかけコゲ取りスポンジでこすります。

4:お湯で絞ったクロスで洗剤を拭き取る

お湯で濡らして絞ったマイクロファイバークロスで拭いてください。

【おすすめ】油コゲを泡で浮かせる「コゲクレンジング」

友和
コゲクレンジング
300ml
実勢価格:548円

洗剤タイプ:アルカリ性
※リンク先はセット商品を含む販売ページです

▼テスト結果
コゲ汚れ :◎+
使いやすさ:◎
評価   :A+


友和「コゲクレンジング」は、油汚れ洗剤11製品を比較した際にベストバイに輝いた製品です。モコモコの泡が留まって汚れを浮かせ、コゲはもちろん油汚れも難なく落とし、強い洗浄力を発揮します。

油を焼き付かせたプレートに洗剤をかけて放置したところ、ワーストは20分たっても油汚れが落ちませんでしたが、本製品は5分で落ちました。広範囲に噴霧しやすく、面の広いコンロの掃除もしやすかったです。

油汚れ洗剤11製品を比較したところ、油汚れもコゲも両方を落とせるものは意外に少なく、使いやすさの点でもベストの評価でした!

【まとめ】アルカリ性洗剤+タワシでコンロが生まれ変わった

▼Before

▼After

気づけはギトギト、ガチガチでいくらこすってもビクともしないコンロ周りの汚れ。元の素材がわからないくらいコゲで真っ黒になっていましたが、「温度+油汚れ洗剤+タワシ」の合わせ技でスッキリ! ガチガチのコゲもはがれて元の色を取り戻しました。

以上、コンロ周りに最適なお掃除アイテムとテクニックの紹介でした。

汚れが落ちなくてあきらめていたという人は、ぜひ試してみてくださいね。家中のガンコ汚れは、年内中に撃退しちゃいましょう!

掃除用洗剤の売れ筋ランキングもチェック!

キッチンクリーナーや油汚れ洗剤のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。