スマートフォン2020の総まとめ!最強コスパの家電&デジタル一挙公開

コロナ禍に見舞われたこの一年間、ネットを疑う家電ガイド『家電批評』ではテストにテストを重ね、数々の掘り出しものを発見してきました。その中には、こんな時代だからこそ生まれたベストヒットアイテムも。

今回は、家電界隈をくまなく巡ってきた取材班が思わずうなった、性能も価格も譲らない注目製品を選りすぐってご紹介します。

スマートフォン今年はこんなものがヒットしました

振り返ってみると、2020年3月の緊急事態宣言とともに、コロナ対策グッズが大注目となりました。また、巣ごもり需要で家電でもさまざまなモノが売れました。

▼パナソニック「ジアイーノ」
品薄になりプレミア化。空気清浄機の売り上げもUP。

▼パソコン・周辺機器
テレワーク需要でパソコンや周辺機器が売れ、Webカメラやヘッドセットは特に品薄に。

▼キッチン家電
外出自粛でキッチン家電人気に火がつきました。また感染予防の観点から、体温計やハンドソープの自動ディスペンサーなど非接触家電も人気に。

▼ドライブレコーダー
直接コロナとは関連しませんが、あおり運転の厳罰化で需要がさらに高まりました。

▼Nintendo Switch
大人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」の発売に加えて、外出自粛の影響で、Nintendo Switchも大争奪戦に。

▼4Kテレビ
オリンピック需要が期待された4Kテレビですが、延期になっても巣篭もり需要で販売台数は好調。とくにハイセンスでは前年比200%を超える大ヒット。

そのほかにも、夏の猛暑でネッククーラーが売れたり、度重なる台風被害などで防災アイテムが売れるなど、ヒット商品を振り返ってみると今年一年の社会の動きが見えてくるようです。

さて今回は、10万円台という破格の高性能4K液晶テレビ、東芝「REGZA 43Z730X」をご紹介します!

AV機器使い勝手のいい43インチ!東芝「REGZA 43Z730X」

東芝
REGZA 43Z730X
実勢価格:11万2442円

サイズ・重量:W975×H626×D209mm・約13.5kg(スタンド含む)
チューナー:BS4K・CS4K×2、地上デジタル×9、BS・110度CSデジタル×3

今年のヒット家電のひとつとしてオススメしたいのが東芝の高性能4K液晶テレビ、「REGZA 43Z730X」です。Z700X番台のモデルは東芝が力を入れているシリーズで、画質においては液晶テレビ最高クラス。

最新モデルは2020年発売のZ740Xシリーズですが、あえて2019年発売のZ730Xシリーズをおすすめするのは、IPS液晶パネルによる視野角の広さ(Z740XはVA液晶パネル)。

そして最新モデルでは消えてしまった、扱いやすいサイズの43インチモデルがある点などを考慮してのことです。

▼最新のZ740Xシリーズには43インチがない

もちろん、テレビ生活が激変する便利な機能も満載です。

「タイムシフトマシン」機能も健在

東芝のテレビユーザーならおなじみの「タイムシフトマシン」機能もしっかり搭載。過去にさかのぼって視聴できます。

好みを学習してくれる「みるコレ」

好みのタレントや番組を見つけやすくなる「みるコレ」も便利です。

以上、東芝 「REGZA 43Z730X」のご紹介でした。型落ちだからこそのコスパも魅力。ぜひ2019年の4Kテレビベストバイに輝いた実力を、いま体験してみてください!

▼2019年の家電批評オブ・ザ・イヤーに輝いた記事はこちら

AV機器『家電批評』2020年12月号

家電批評
2020年10月号

家電デジタルの最強コスパ140製品を紹介した「安くて良いモノ スペシャル」を特集している『家電批評』2020年12月号はこちらから購入できます。ぜひチェックしてみてくださいね。