<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『LDK』2020年9月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

マネするだけで簡単!暑い時期の家事の悩みをスッキリ解消

ただでさえ毎日大変なお料理は、暑い時期だとツラさ倍増。「やる気がでない」という日も増えがちですよね。

そこで、雑誌『LDK』が、火を使わないレシピや、食材が長持ちする便利グッズ、ニオイやコバエのお悩みまで、暑い時期にありがちな作る・片付けるの嘆きを「あらカンタン!」に解消できる方法をお届けします。

今回ご紹介するのは、暑くなるとどこからともなくやってきて飛び回る小バエに効果的な「コバエスプレー」です。

しれ~っと飛び回ってイライラ!小バエはどこからやってくる?

気温が高くなると、ゴミ箱やシンク周りに現れる小バエ。退治しても退治しても飛び回るからイヤになりますよね。そもそも、どこからやってくるの?とイライラしている人も少なくないはず。

まず、小バエは5月から10月に活動が活発化し、腐った食べ物を狙って外から入ってきます。

そして小バエは生ゴミの腐ったニオイが大好き

そのニオイに誘われて、網戸やドアの開閉時など、ちょっとした隙間や網目から侵入してくるのです。

そんな小バエにも種類があり、それぞれで特徴が異なります。

小バエメモ1:小バエの種類によって好む場所が違う

▼タイプ1:台所によく現れる「ショウジョウバエ」

【特徴】
・台所に多く発生する
・三角コーナーやゴミ箱の生ゴミに卵や幼虫がいる
・エサに釣られるのでホイホイが効く


小バエは成虫でも2mmほど。網戸の小さな網目もくぐり抜け、あっという間に室内で大量発生することもあります。

▼タイプ2:お風呂やトイレでウロウロする「チョウバエ」

【特徴】
・お風呂場やトイレなど水回りに発生
・ヘドロなどに卵や幼虫がいる
・壁に止まる習性があるのでホイホイの効き目はイマイチ


「チョウバエ」は、羽が大きく丸い黒っぽいハエ。ヘドロを好むため、公衆トイレなどでもよく見かけます。外からの侵入を防ぐと同時に、発生源を徹底清掃するべきです。

小バエメモ2:ホイホイタイプは外から小バエを呼ぶ心配なし

アース製薬
コバエがホイホイ
実勢価格:525円

※リンク先はセット商品を含む販売ページです

小バエ対策としてメジャーなホイホイタイプ。誘引剤のゼリーを嗅いでみると酸っぱい香りが。このニオイに釣られて小バエが掛かる仕組みです。

ホイホイタイプは、あくまでキッチンまわりにやってきた小バエを捕まえる仕掛けであり、屋外の小バエを誘い込むほど強力ではありません

小バエメモ3:“めんつゆトラップ”は小バエに効果的?

ネットで話題、めんつゆと洗剤をコップに入れてコバエをおびき寄せる仕掛けが「めんつゆトラップ」。ニオイを生かした、お手軽にできちゃう仕掛けは、エサにつられてやってくるショウジョウバエには有効です。

10匹の小バエを退治できる?「コバエスプレー」を比較検証

小バエを退治するために、小バエ1匹1匹めがけて殺虫剤をスプレーするのは難しいので、空間殺虫できるほうが便利。

ということで今回、6製品のコバエスプレーを集めて比較検証をしてみることに。

箱に小バエを10匹入れ、殺虫剤をワンプッシュ。経過時間と落下数を確認しました。

さて、ワンプッシュでしっかり効果があったのはどの製品だったのでしょうか? おすすめ順に、検証結果を発表します。

速効性&効果が高い!キンチョー「コバエがいなくなるスプレー」

キンチョー
コバエがいなくなるスプレー
実勢価格:657円

※リンク先はセット商品を含む販売ページです

▼検証結果
殺虫力    :◎+
使用感    :◎+
効き始めた時間:1分後で2匹
10分経過で  :9匹


キンチョーの「コバエがいなくなるスプレー」は、効果が効き始めるのが早く、その名の通り、ワンプッシュで部屋にいる小バエを全滅させることが可能。検証では、10分で9匹もの小バエを退治できていました。

白井良和 氏
害虫防除技術研究所代表・有限会社モストップ取締役
白井良和 氏 のコメント

簡単で便利で効果抜群です。

全滅とはいかないけど高い効果の環境機器「キッチン虫スプレー」

環境機器
天然除虫菊
キッチン虫スプレー
実勢価格:2145円

▼検証結果
効き始めた時間:3分後で2匹
10分経過で  :9匹


環境機器「天然除虫菊 キッチン虫スプレー」は、9分で全滅させるも、10分後にフラフラながら1匹が復活しました。

ゆったり効かせて全滅!キンチョー「コバエコナーズ」

キンチョー
コバエコナーズ
キッチン用スプレー
実勢価格:509円

※リンク先はセット商品を含む販売ページです

▼検証結果
効き始めた時間:4分後で4匹
10分経過で  :10匹


キンチョー「コバエコナーズ キッチン用スプレー」は、効き始めは6製品中最下位でしたが、確実に小バエを落としていきました。

惜しくも2匹取り逃したアース製薬「おすだけコバエアーススプレー」

アース製薬
おすだけコバエアーススプレー
60回分
実勢価格:877円

▼検証結果
効き始めた時間:1分後で1匹
10分経過で  :8匹


アース製薬「おすだけコバエアーススプレー」は、速効性はありますが、10匹全滅させるのは難しかったです。

速効性はあるけど全滅は無理だったイカリ消毒「コバエ用スプレー」

イカリ消毒
ムシクリン
コバエ用スプレー
実勢価格:1080円

▼検証結果
効き始めた時間:1分後で1匹
10分経過で  :8匹


イカリ消毒「ムシクリン コバエ用スプレー」は、8分後に9匹落とすも、9分後にフラフラ復活する個体がいました。

C評価: 効き始めが遅く3匹取り逃がしたフマキラー「コバエバリア」

フマキラー
コバエバリア
実勢価格:1042円

▼検証結果
効き始めた時間:4分後で1匹
10分経過で  :7匹


フマキラー「コバエバリア」は、4分経って1匹落とし、10分後の最後に7匹目が落下しました。

以上、コバエスプレー6製品のご紹介でした。

今回の検証では、どれも殺虫効果はありましたが、効果の出方で違いがでる結果に。ベストバイとなったキンチョーの「コバエがいなくなるスプレー」は速効性が高く、ワンプッシュであっという間に全滅させてくれました。

昔ながらの「粘着テープ」は効果があるの?

昔からある「粘着タイプ」のハエ取り。とまったら身動きが取れなくなるのでトラップとしては有効的です。

白井良和 氏
害虫防除技術研究所代表・有限会社モストップ取締役
白井良和 氏 のコメント

見た目は悪いけどハエ取り効果はアリ。

雑誌『LDK』がおすすめする粘着テープはこちらの2製品です。

桐灰化学
ハエ取りリボン
実勢価格:349円

アース製薬
ハエとり棒
実勢価格:521円

気になった人は、一度試してみてもいいかもしれませんね。

基本だけど大事!小バエを発生させないために注意したいポイント

ショウジョウバエやチョウバエは生ゴミやヌメリが大好き。暑くジメジメした季節は、排水口の掃除や生ゴミ処理を怠らず、いつも清潔にしておくことが大切です。

ポイント1:生ゴミは放置しない!

生ゴミを放置すればするほどニオイが発生。そのニオイに釣られて小バエがやってきます。

ポイント2:排水口のヌメリは除去!

排水口のゴミ受けのヌメリも小バエの大好物。生ゴミ放置はもちろん、ヌメリも除去しましょう。

ポイント3:三角コーナーは置かない!

三角コーナーがあるということは、生ゴミを放置するということ。気温が高い季節の間だけ三角コーナーを使わないという手もアリです。

退治しても退治しても現れる小バエにイライラしてしまう前に、小バエが発生しやすい季節はしっかり生ゴミ対策を行っておきましょう。ぜひ、参考にしてみてくださいね。