<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は2020年6月発行『はじめてのキャンプ for Beginners』のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

アウトドアビギナーでも簡単に楽しめる! おすすめ焚き火台3選

キャンプの醍醐味は、開放的で非日常的な時間を過ごすこと。最近は、自然の雰囲気を存分に満喫しながらも、充実した設備で快適さも両立したキャンプ場も増えています。とはいえ、より満足度を高めるなら、道具選びにもこだわりたいところ。持っていくもので快適度や楽しみ方も変わってきます。

今回ご紹介するのは、草原のサイトでも地面を焦がすことなく焚き火を楽しむための焚き火台。料理メインで使うのか、サブとして使うのか、ほとんど料理には使わないのかでセレクトは変わってきます。

焚き火台は種類が豊富ですが、長く使える一生モノを選ぶならシンプルなモノを。また、大手メーカーは拡張できるように工夫されているので、最初の1台は拡張性のあるものにするのもひとつの方法です。

ビギナーでも安全に火を焚け、なおかつ調理しやすいモデルを3つセレクトしました!

アウトドアシンプル&頑丈! コールマン「ファイヤーディスク」

コールマン
ファイヤーディスク
実勢価格:6980円

コールマン「ファイヤーディスク」は、複雑な組み立てやパーツの追加が不要な、シンプルで頑丈な焚き火台でビギナーにもおすすめです。

一晩中薪を燃やし続けても炎は安定し、翌朝もくすぶった熾火に薪を足すだけで火勢を取り戻すことができますよ。

ポイント:焼き網が付属し単体で料理も可能

見かけによらず、火力は安定しています。少人数のキャンプなら、付属の網で焼き物をしたり鍋を乗せて料理したりも可能です。

ポイント:スタンドをたためばコンパクトに収納可

足をたためば厚さは約10cm。付属のケースに収納すれば持ち運びも簡単です。耐荷重は30kgと十分な性能を備えています。

ポイント:見た目以上の使いやすさ

シンプルな構造ながら空気の流れがよく、薪も炭も火つきがいいのが嬉しいポイント。ステンレス製なので、使い込むことで色合いの変化も楽しめますよ。

アウトドア鍋を吊して調理可能! ユニフレーム「焚火ベース450」

ユニフレーム
焚火ベース450
実勢価格:1万9900円

ユニフレーム「焚火ベース450」は、鍋吊用のチェーンを常備する焚き火台です。全体重量は約5.3kgとやや重いのですが、15kgの耐荷重があるのでダッチオーブンを吊るして煮込み料理も楽しめます。

ポイント:BBQ台としても使える!

熾火がじっくり燃える容量たっぷりの構造。火を焚いて鍋を吊るだけではなく、火床の口に網や鉄板をしかければBBQだってできますよ!

ポイント:平らに折りたためます

使用時は火床の脇の金具をストッパーとして組み合わせます。火床とフレームは収納時はすべて平らに折りたたむことができます。

アウトドア速攻着火が可能! SOTO「エアスタ ベース&エアスタ」

SOTO
エアスタ
ベース&エアスタ
ウイングLセット

実勢価格:2万680円

SOTO「エアスタ ベース&エアスタ ウイングLセット」は、温まった空気は下から上に昇るという原理を活かし確実かつスピーディーに着火・燃焼する焚き火台です。

基本の中央の筒に、後付けのウイングを仕掛けた構造になっており、空気の流れを最大限に利用することであっという間に炎がつきます。

ポイント:着火するだけで一気に燃焼!

中央の筒に細く割った薪を仕掛け、下から着火します。取り込まれた空気で一気に燃え上がります。

義村貞純 氏
アドベンプロダクツ代表
義村貞純 氏 のコメント

調理するなら大きな炎の焚き火は使い勝手が良くありません。一方炎を楽しむなら、大きな薪がくべられるタイプがおすすめです。

以上、キャンプの醍醐味ともいえる焚き火を簡単に楽しめる焚き火台おすすめ3選でした!

焚き火台は、キャンパーの個性が発揮される部分でもあるので、調理重視か焚き火重視などスタイルに合わせて選んでみてくださいね。

キャンプビギナーさんは、最初からすべてを揃えるのではなく、レンタルを活用したり、日用品で代用できないか検討することも大切。実際にキャンプに何度か行ってみて、自分のキャンプスタイルや重視したいポイントが固まってきたら、少しずつお気に入りの道具を増やしてみてください。

自分だけのお気に入りキャンプ道具で、キャンプを楽しんでくださいね。