本文中の製品画像をクリックすると購入ページへ移動します。

<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2020年4月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

メンズ米ITエリートたちに人気!
「allbirds」の魅力とは

米ITエリートたちに人気!「allbirds」の魅力とは

2016年にサンフランシスコで誕生した新興ブランド、「allbirds」(オールバーズ)。創業者はニュージーランドの元プロサッカー選手とバイオテクノロジーの専門家です。

靴としては極めて珍しく、ほぼすべての素材にリサイクル可能な天然素材を使用。持続可能・自然に優しい靴として、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で、わずか4日で11万9196ドル(約1310万7090円)を集め、人気に火がつきました。

米ITエリートたちに人気!「allbirds」の魅力とは
クラファンで一気に話題沸騰!

天然素材を使用したことにより軽さや通気性・伸縮性に優れ、米『TIME』誌においては「世界一履きやすい靴」として紹介されたほどです。Google共同創業者のラリー・ペイジも激ハマりと言われ、名だたる米ITエリートたちのあいだでも人気爆発中なんです。

そして、ついに2020年1月10日、日本にも実店舗が東京・原宿の駅前にオープン! 国内外で注目されている「allbirds」のスニーカーですが、「世界一」とまで言われた魅力・実力は、果たして本物なのでしょうか? 今回はスペック編として、その秘密を探ります。

メンズ再生可能素材のエコ・スニーカー
allbirdsの「Wool」「Tree」

再生可能素材のエコ・スニーカーallbirdsの「Wool」「Tree」

allbirdsの基本的なラインナップは「Wool-Runners」「Tree-Runners」の2種類。履き心地以外の大きな特徴は、「環境に優しい」スニーカーであるという点です。

靴紐はペットボトルの再生プラスチック、本来石油を原料に使うはずのソール部分も植物油を原料として使用するなど、ほぼすべての素材がリサイクル可能です。このような徹底した自然環境へのこだわりも、同社の魅力のひとつといえます。

現在、allbirdsで買えるアイテムはローカット、ハイカット、スリッポン、デッキシューズの4タイプです。

メンズ素材はユーカリ樹皮!
通気性抜群の「Tree」

素材はユーカリ樹皮!通気性抜群の「Tree」

allbirds
Tree-Runners(並行輸入品)
実勢価格:2万3980円

アッパーは間伐されたユーカリ樹皮から作られた繊維で編まれています。スポーティな見た目どおり、通気性は抜群です。

メンズ素材は最高級羊毛メリノウール!
やわらかなフィット感の「Wool」

素材は最高級羊毛メリノウール!やわらかなフィット感の「Wool」

allbirds
Wool-Runners(並行輸入品)
実勢価格:2万3980円

最高級の羊毛素材「メリノウール」を使用し、締めつけの少ない柔らかなフィット感を実現。通気性も◎です。

メンズ「世界一履きやすい」
と言われる3つの理由

それでは、製品の販売からわずか3年あまりの「allbirds」が注目され、「世界一履きやすい」と言われるまでになった「理由」を見ていくことにします。

理由1:スリッパのような履き心地

allbirdsが「世界一履きやすい」と評された根拠は、羊毛や植物繊維の天然素材を使った高い通気性、フワフワと足を包み込むような肉厚な中敷きのクッション感にあります。

軽く・ムレず・柔らかく、適度な弾力のある中敷きやインソールも足への衝撃を和らげ、疲労感を軽減してくれます。「快適な靴」として、必要なエッセンスをこれでもかと詰め込んだ1足なのです。

理由1:スリッパのような履き心地
フワッと柔らかい肉厚の中敷き。

やや肉厚な中敷きは、踏みしめるとフワッと柔らかな反発感があります。いわゆるハイテクシューズのバネのような感覚とは一味違う、独特の感触です。

スポーティな見た目の「Tree」は足裏に滑り止め用の凸凹加工と深い溝が入っています。一方、「Wool」はより柔らかく曲がりやすい素材感です。

「Tree」には滑り止め用のエンボスと深い溝

屈曲性を高める溝。

理由2:洗濯機対応で丸洗いできる

理由2:洗濯機対応で丸洗いできる
ニオイもサッパリ落とせる。

2つ目の理由は「手入れのラクさ」。なんと洗濯機で丸洗いが可能です。靴紐と中敷きを外し、「おしゃれ着洗い」モードで回せば、汚れもニオイもスッキリ。洗ったあとは陰干し推奨です。

理由3:“デカロゴ”をあえて廃したデザイン性

3つ目はなんといってもそのデザイン性です。「シンプルなスニーカーを作りたい」という創業者の想いからか、ブランド物の靴にありがちな華美な装飾やロゴを取り去り、素材の風合いを活かしたデザインで、どんなシーンでも使いやすくなっています。

理由3:“デカロゴ”をあえて廃したデザイン性
ロゴはワンポイントのみ。
理由3:“デカロゴ”をあえて廃したデザイン性
かかとはロゴとブランド名のみ。

以上、allbirdsのスペック編でした。「世界一履きやすい」と評されるだけあって、素材からしてかなりのこだわりです。

後編となる次回は「検証編」として、果たして本当に「世界一履きやすい」スニーカーなのか、プロと一緒に徹底レビューします。お楽しみに!