※情報は『台湾 お得技ベストセレクション』(2020年1月号)掲載時のものです。

台湾旅行の新バイブルが指南する
週末台湾パーフェクトプラン

※情報は『台湾 お得技ベストセレクション』(2020年1月号)掲載時のものです。価格やメニュー、営業時間などは変動している場合があります。不安な方は事前チェックを推奨します。

【1日目】
金曜日、仕事終わりに空港へ

台北への航空便は夜遅くまで運行しています。たとえば、成田空港の場合は22:20出発便(ピーチ)もあるので、仕事帰りでも余裕で間に合うんです。

成田出発便(ピーチ)

成田発22:20 ~ 桃園着翌1:45
桃園発2:30 ~ 成田発6:35

往復料金:2万1930円~

台湾桃園国際空港から台北市内まではクルマで1時間ほど。

深夜はMRTが運休しているため、パスかタクシーを利用しましょう。ホテルに送迎を頼んでもいいですね。

楽天トラベルでは、航空券+ホテルのお得なパッケージツアーも多数紹介されていますので、ぜひ参考にして台湾旅行を楽しんでみてください。

【2日目】
定番スポット&必食グルメ三昧

朝、ホテルのカーテンを開けると目の前には台湾の街並みが。
はやる気持ちを抑えて、まずは2日目のプランをおさらいしましょう。

9:00 台北101の展望台から景色を堪能
11:00 鼎泰豊で小籠包に舌鼓
13:00 陳三鼎で黒糖タピオカミルクを味わう
14:00 冰讃でマンゴーかき氷を堪能
16:00 国立故宮博物院
21:00 士林夜市でぶらぶら&食べ歩き

【9:00】
台北101の展望台で景色を堪能

台北のランドマークは都会の真ん中にニョキっと生える竹のよう。台北101に着いたらまずは101階の展望台へ。台北市内を一望できる、とっておきのスポットです。日本語音声ガイドも忘れずに。

▼101階の展望台へ

101階の展望台からは、360度の大パノラマが眼下に広がります。

【11:00】
鼎泰豊で早めの小籠包ランチ

必食グルメの小籠包は鼎泰豊101店で。本場の小籠包の味に悶絶もの。休日のランチ時は混み合いますが、事前予約で待ち時間なくスムーズに入店できます。

▼必食グルメのファーストチョイスは小籠包

小籠包以外もメニューは豊富で、台湾グルメは日本人の口に合います。

【13:00】
陳三鼎で本場の黒糖タピオカミルクを

地元で人気の老舗タピオカドリンク店。新鮮なミルクと黒糖で煮込んだタピオカが絶妙のハーモニーを奏でます。ドリンクにはモチモチの大粒タピオカパールがいっぱい!

【14:00】
冰讃でマンゴーかき氷を堪能

マンゴーのシーズン(5月~7月)に台湾にいるなら、ぜひ冰讃この店へ行ってみて。

ひと度口にすると、フワッフワッ食感の絶品かき氷が口の中でとろけます。ミルクの氷と甘いマンゴーの相性にびっくりしますよ。リピーターが多いのもうなずける名店です。

【16:00】
国立故宮博物院で美術品を鑑賞

16:30以降は比較的空いているので、ゆっくり見学できます。故宮博物院の2大シンボル「翠玉白菜」と「肉形石」はぜひ自分の目で確かめてみて。

故宮マスキングテープはお土産にも最適。

【21:00】
士林夜市でB級グルメを食べ歩き

士林夜市は食べ歩きのパラダイス。24:00まで営業しているので、必食グルメを食べたり、ぶらぶらしてお土産探しをしたり、占いしたり、楽しみ方はいろいろです。

▼士林夜市最寄りのホテルはこちら!

【3日目】
レトロな街並みで散策&ショッピング

台湾を満喫できるのも今日が最後。3日目のプランをおさらいしましょう。

6:00 台湾の定番朝ご飯にトライ
9:30 迪化街でショッピング&ひと休み
12:00 おしどり鍋を体験
13:30 龍山寺にお参り
14:30 福州元祖胡椒餅でおやつ
15:30 オプショルツアーで九フェン
20:30 台北に戻り絶品牛肉麺を実食
24:30 台湾桃園国際空港

【6:00】
台湾の定番朝ご飯にトライ

台湾は朝ご飯を提供するお店も充実しています。しょっぱい豆乳スープの鹹豆漿は、台湾で定番の朝ご飯です。

そんな鹹豆漿を味わえるのが、華山市場にある阜杭豆漿。5:30のオープン前から多くの人が並ぶ人気の朝食店で、早起きできれば5:30前に行って並ぶのがベター。

ここで、次の目的地へ向かう前に、一度ホテルに戻ってチェックアウトするとよいでしょう。荷物はホテルで預かってくれることが多いので、フロントで相談してみてください。

【9:30】
迪化街でショッピング&ひと休み

王道土産からかわいい台湾グッズまで、一度に探せるのが迪化街。女子に人気の買い物バッグは45元からと、プチプラにおすすめです。おいしいと評判のパイナップルケーキも忘れずに!

【12:00】
おしどり鍋を体験

台湾で人気のひとり鍋の“おしどり鍋”を提供するのが、ひとり鍋専門店紅九九個人鴛鴦鍋。ディナーよりもランチの方が安くてお得ですよ。

【13:30】
パワースポット・龍山寺にお参り

19の神様が出迎えてくれるご利益スポットでエネルギーをチャージしましょう。一番人気は良縁の神様とも言われ、お参りの後は龍山寺名物のおみくじにトライ!

【14:30】
福州元祖胡椒餅でおやつ

胡椒餅は豚肉とネギを包んだ生地を釜で焼いた台湾の名物おやつ。時間があれば、まったりティータイムを過ごしてみては。

【15:30】
オプショナルツアーで九フェンへ

ジブリ映画のモデルになったとも言われている街、九フェンへ。

石畳の街並みを撮影したり、茶藝館で休憩したり。台北とはまた違った、緩やかな空気が流れる街でまったりすれば、旅の疲れが癒やされますよ。

【20:30】
台北に戻り、絶品牛肉麺を実食

台湾グルメと言えば牛肉麺ははずせませんね。最終日の夕食は台北の老山東牛肉麺で、絶品牛肉麺を堪能しましょう。

牛肉は口に入れた途端、ホロホロと崩れるほどやらわかく、自家製麺との相性が抜群です。

【24:30】
台湾桃園国際空港に到着

空港に着いたら、台湾の旅も終了。あとは撮影した写真を見返しながら、搭乗時間を待つだけです。買い忘れたお土産は空港内で購入しておきましょう。

【4日目】
成田到着で台湾旅は終了

今回紹介した週末台湾ビギナー編の、ひとりあたりの予算目安はこちら。
なんと5万円ちょっとで台湾を満喫できちゃうんです。

航空券:2万3020円
宿泊費:1万円
移動費:500元
食費:2000元
買い物:2000元
入場料など:1550元

合計:約5万5405円

※1元=3.7円で計算

楽天トラベルでは、お得なパッケージツアーも多数紹介されていますので、ぜひ参考にして台湾旅行を楽しんでみてください。