AV機器令和最強のベスト家電66部門決定!!
「どこがスゴかったか」解説します

令和最強のベスト家電66部門決定!!「どこがスゴかったか」解説します

“ネットを疑う家電購入ガイド”として日夜家電をレビューし続ける『家電批評』誌上でも、思いがけない良品の発見や、今一歩な製品の発掘など、さまざまな出会いがありました。

そこで今回、2019年に家電批評誌が扱った製品の中から「絶対に素晴らしい!」と断言できるベスト家電ばかりを集めた「家電批評 オブ・ザ・イヤー」を選定いたしました。

▼【家電批評 オブ・ザ・イヤー】入り口はコチラ!

上の画像をクリックしても移動しない場合、こちらからどうぞ。

まさに“令和最強”の名がふさわしい、全66部門のベストバイたち。

ここでは、ベストに選ばれた一製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを解説します。

▼ベスト家電を厳選したテスト誌はコチラ!

晋遊舎
『家電批評 2020年1月号』
700円

それでは早速ご覧ください!

<外部サイトでご覧の方へ>
the360.lifeの本サイトでは、アマゾンへのリンク付き記事を公開中です。ページ下の「オリジナルサイトで読む」よりどうぞ。

AV機器チューナー後付けなら迷わずコレ!
ソニー「DST-SHV1」

もはやその話は聞き飽きた……という方も多いと思いますが、4Kテレビならどれでも新4K衛星放送が視聴できる訳ではありません。4K放送を視聴するためにはチューナーが必要になります。

チューナー後付けなら迷わずコレ!ソニー「DST-SHV1」

最近では4Kチューナー内臓型テレビのラインナップが豊富になっていますが、チューナー後付けなら他の追随を許さずに堂々ベストバイとなったのがソニーの「DST-SHV1」です。

ソニー
DST-SHV1
実勢価格:2万9799円
サイズ:W283×H50×D225mm

重量:約1.7kg
4Kチューナー数:2
消費電力:13W

AV機器4K裏番組対応は
ソニーしかない!

「DST-SHV1」の最大の魅力は、4Kチューナーを2基搭載しているので、4K放送の裏録が可能ということ。見たい番組が重なったときも安心してテレビを楽しむことができます。

4K裏番組対応はソニーしかない!

また、画像の精彩さも特筆すべきポイント。120インチで映してもサイズ負けしない、識者絶賛の高画質です。

お手持ちの4Kテレビがチューナー非搭載で、これから別途チューナーを購入しようかなと思っている方には、迷わずソニーの「DST-SHV1」をおすすめします!

以上、「家電批評オブ・ザ・イヤー」に選ばれたソニー「DST-SHV1」の紹介でした。

引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。