<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『MONOQLO』2019年9月号掲載時のものです。価格やメニューが変動している場合があります。

外食チェーン1000円以内の酒とつまみで酔える
チェーン店に広がるせんべろの波

突然ですが、「せんべろ」なる言葉を聞いたことありますか?

せんべろとは、1000円でべろべろに酔えるような価格帯の居酒屋の俗称です。

定番どころでは、吉野屋の「吉呑み(よしのみ)」のように「せんべろセット」や「ちょい呑み」といったメニューを打ち出す飲食店が増加しており、居酒屋のみならずファミレスやファストフード業界にもその波が広がっているんです。

そんなブームの広がりが落ち着きを見せてきたところで、今回は飲食店のチェーン店におけるせんべろメニューを覆面調査してみました。

外食チェーンせんべろが可能なチェーン
5店舗を覆面調査しました

今回の検証では、税込1000円以内でお酒最低1杯+おツマミ2品を条件にお店をリストアップ。その結果、5軒が対象になりました。

検証内容は、まずプロの協力を得て5軒のせんべろメニューを実食。その上で以下の4項目で採点しました。

▼検証項目はこちら
検証項目1:味50点満点(お酒すすむ度、ボリューム、風味、肉汁、味付け各10点)
検証項目2:サービス30点満点(メニューのわかりやすさ、おかわり、卓上調味料等各10点)
検証項目3:店内様子10点満点(清潔感、雰囲気各5点)
検証項目4:接客10点(あいさつ、対応各5点)

最終的に、以上の合計点を総合得点として、ランキング化しました。

それでは早速、検証結果をご覧ください!

記事1位BEST特にれんこんとエビが絶品なてんや
お酒に相性抜群の天ぷらを堪能!

株式会社テン コーポレーション
天丼てんや

写真の内容はベストセットとは異なります。

▼ベストセットの内容は……
天ぷらビールセット:630円
大根おろし    :60円
ハーフ玉子てんぷら:60円
グラスビール   :250円

合計価格     :1000円

▼検証結果
味   :43点
サービス:26点
店内  :9点
接客  :6点

総合得点:84点

てんやの「せんべろ」的特徴といえばやはり、天ぷらを肴に安くお酒を楽しめるということ。特にエビとれんこんはこの値段にもかかわらず非常に上品な味わいで、ビールだけでなく冷酒にもマッチします。

ほかにもおつまみメニューは豊富。

冷奴        :150円
ほうれん草のおひたし:100円
半熟玉子      :60円
ほうれん草のかきあげ:120円
小鉢(2連)    :100円


どれもリーズナブルなのが嬉しいところです。

その他、大根おろしやショウガなど、天ぷらの添え物もお酒を飲み進めるには十分すぎるほど。てんや呑みは至高でした。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

天ぷらとショウガ、塩など、のんべえに嬉しい添えものです。

ポイント:天ぷらビールセットは冷酒に変更できます

冷酒は後味がさっぱりで天ぷらとの相性抜群。

さらにてんやは、天ぷらビールセットのビールを冷酒に変更することも可能。

これでビールと冷酒の2種類で楽しることになり、のんべえ的満足度もさらにアップするというわけです。

記事2位BEST甘め豚皿と紅生姜が絶品の吉野家!
味わい深い冷酒は絶対に外せません

株式会社吉野家
吉野家

写真の内容はベストセットとは異なります。

▼ベストセットの内容は……
グラスビール:200円
豚皿    :300円
ポテトサラダ:140円
冷酒    :340円

合計価格  :980円

▼検証結果
味   :40点
サービス:20点
店内  :6点
接客  :6点

総合得点:72点

「せんべろ」という言葉を世に広める一助になったのが吉野家の「吉呑み」。もちろん現在もたくさんの酒飲みが集まります。

さらに、プロがうなったのが、豚皿+卓上の紅生姜のコンビ。もともと甘めの味付けだった豚肉がショウガと合わさり、お酒が進むしょっぱめのアテになります。冷酒との相性も抜群です。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

豚皿と、卓上の紅生姜を一緒に食べるのもアリです。お酒が進みますよ。

ポイント:ただものじゃない冷酒

340円とは思えないほどの味わいです。

プロが吉野家で二度目にうなったのが冷酒。バランスの良い味わいで値段不相応すぎます!

記事3位BESTワインと合うつまみ豊富なガスト
揚げ物好きにはたまらないお店!

株式会社すかいらーくホールディングス
Cafeレストランガスト

写真の内容はベストセットとは異なります。

▼ベストセットの内容は……
揚げたてアジフライ  :214円
ほうれん草ベーコン  :214円
ちょい盛りポテトフライ:214円
アサヒスーパードライ :216円(ハッピーアワー)
グラスワイン(赤)  :107円

合計価格       :965円

▼検証結果
味   :31点
サービス:21点
店内  :13点
接客  :6点

総合得点:71点

グラスワイン107円、スーパードライ216円(ハッピーアワー)と安く飲めます。揚げ物を中心にそろえるのが好評価。平日14~18時がハッピーアワーとなっており、お酒好きがこぞって足を運びます。

ただし、「海老とアボカドのタルタル仕立てはちょっと……」とプロの評価です。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

グラスワイン(赤)が優秀なので、とにかく杯を重ねるというのもアリです。

ポイント:ほうれん草が極上のアテになります

塩を加えるとクセになる一品に。

ほうれん草はわずかに塩気不足なので、卓上の塩をふりかけると、さらなる極上のつまみになります。

4位: 白ワインと真イカは黄金コンビ
オリーブオイル系料理が◎なサイゼ

株式会社サイゼリヤ
サイゼリヤ

写真の内容はベストセットとは異なります。

▼ベストセットの内容は……
真イカのパプリカソース:199円
ほうれん草のソテー  :199円
セロリのピクルス   :199円
グラスビール     :299円
グラスワイン(赤)  :100円

合計価格       :996円

▼検証結果
味   :34点
サービス:17点
店内  :12点
接客  :6点

総合得点:69点

ちょい呑みスポットとしても認知されている、お財布に優しいファミレス「サイゼリヤ」。プロを唸らせたのが真イカのパプリカソースで、ワインとの相性抜群です。

また、アレンジを楽しめるのもサイゼリヤの魅力で、プロおすすめの食べ方が、ほうれん草のソテーの卓上アレンジ。

オリーブオイル、塩、粉チーズをかけて混ぜ合わせれば、ワインとの相性◎な、やみつきおつまみが完成します。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

とにかくオリーブオイルが美味しく、真イカとの相性が非常にいいですね!

ポイント:ワインはいろんな種類を少しずつが正解

友人と分けて飲むならデカンタもあり。

デカンタワインは250ml入っているので、色んな味を楽しみたいならグラスがおすすめです。

5位: 肉も魚も楽しめるすき家
でもビールしか選べないのが残念

写真の内容はベストセットとは異なります。

株式会社すき家本部
すき家

▼ベストセットの内容は……
牛皿(ミニ) :220円
鮭      :220円
マヨポテ   :80円
ビール(中瓶):410円

合計価格   :930円

▼検証結果
味   :28点
サービス:16点
店内  :14点
接客  :6点

総合得点:64点

牛丼チェーンのすき家ですが、肉だけでなく魚も楽しめるんです。特筆すべきは焼き鮭の美味しさ。フワッとした身をキープしながら香ばしさもあります。

ただ、「呑みすき」なる特殊コースのある店舗以外はお酒が瓶ビールのみなので、色々呑みたい人には物足りないかもしれません。

外食チェーン番外編:アルコール調査
フルーティーなガストワインが秀逸

以上5店舗のせんべろメニューを検証してきましたが、お酒の味ももちろん重要。

そこで、味が大きく変わらないビールを除く、各店舗のお酒を飲み比べしたところ、プロやテスターたちの間で好評価を得たのが、ガストのワインでした。

全般的にお酒メニューのアルコール度数を低めに設定しているのか、あっさりと飲める印象。お酒が得意でないテスターもこれなら飲めるとのことでした。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

赤ワインは渋みもおさえめで飲みやすい印象でした。

ちなみにテスターたちの中でもっとも「アルコール度数が低い?」と話題になったのがガストのレモンサワー。流行りの強炭酸系ではないサワーでした。

以上、せんべろできるチェーン飲食店5店舗のおすすめランキングでした。

今回の第1位は、お酒のアテに絶妙なメニューが豊富なてんやに輝きましたが、他の店もお仕事帰りなどにチェックしてみると楽しいかもしれませんよ!