キッチン「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」対決!

「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」対決! 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

「広告なしのガチ検証」を掲げて日々さまざまな家電をテストして紹介している『家電批評』。ありがたいことに、その検証を信頼して「うちの製品をぜひ検証してください!」という持ち込み企画をいただくこともあります。

昨年はディスカウントストアの代名詞的存在の「ドン・キホーテ」から、「ドンキPB家電、まるっと検証してみませんか?」という挑戦状が届き、ドン・キホーテ対『家電批評』の全面対決が実現。

結果は、ドン・キホーテの2勝3敗と惜しくも負け越しに終わりました。

そんなドン・キホーテから、「負けたままでは終われない!」と、今年も挑戦状が届きました!

ドン・キホーテはここ最近、かなりPB製品の開発に力を入れ、2023年もPB製品の売上高は好調。家電分野でも、大手メーカーと共同開発した製品を続々と販売するなど本気度がうかがえます。

今回の検証製品の候補たちを確認したところ、「今年はどうやら一筋縄ではいかなさそうだ……」と『家電批評』編集部もザワつくラインナップ。そこで、『家電批評』が厳しい検証を行ってベストバイと評価した、選りすぐりの製品たちで迎え撃つことにしました。

もちろん、価格帯が高すぎる製品と比べるのはフェアではないので、「コスパベストバイ」に選ばれた製品もピックアップしました。

「ドンキPB」とは?

そもそも「ドンキPB」とは何かというと、一般的に「PB」は、小売店が独自に企画・販売することでコストを抑え、価格を安く販売する「プライベートブランド」の略です。ですが、ドン・キホーテは「コストは抑えるけど顧客の目線も入れて、顧客と一緒に製品を創り上げていく」という意味を込めて「ピープルブランド」と呼んでいるのだとか。そんな「ドンキPB」は、ユーザーからのダメ出しを反映しつつ、改良と開発を続けています。取り扱いする製品ジャンルは200近く。家電や食品、日用雑貨の他にも美容製品まで幅広い取り扱いも魅力のひとつとなっています。

「ドンキPB」とは? 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

「ドンキPB」の種類は?

▼情熱価格

「情熱価格」は食品から日用雑貨をはじめ、多種多様な製品を取り扱うドンキのPBブランド。価格の安さを前提にしつつも、驚きを付加したドン・キホーテらしい商品開発を目標としています。

▼ACTIVEGEAR

スポーツシーンの悩みを解決し、快適にするビギナー向けのスポーツ用品ブランド。フィットネス機器やリラクゼーション家電商品も展開。

▼greenstage

アウトドア初心者向けのブランド。各種ギアを中心に、ボタン一つで温冷切り替え可能な夏冬兼用のネックバンドなど家電もラインナップしています。

「情熱価格」は保証もしっかり!

「情熱価格」は保証もしっかり! 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

「情熱価格」の家電製品は、電子マネー「majica」に入会すると、通常1年保証が2年保証になるという特典があります。購入後の会員加入であっても2年保証が適用されるので、保証も手厚いです。

キッチン「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」の減煙ホットプレート、おすすめはどっち?

「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」の減煙ホットプレート、おすすめはどっち? 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

今回検証するのは「減煙ホットプレート」です。

ホットプレートで焼肉をすると、煙がモクモクと部屋に充満して翌日までニオイが残ってしまうのに困っていませんか……?

そんな悩みを解決してくれそうな、ドンキPBの情熱価格「焼肉プレート減煙亭」と、家電批評のコスパベストと評価された、シナジートレーディング「スーパー吸煙グリルスモークリーンIII」の対決です。

情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」

減煙ホットプレートおすすめ 情熱価格 焼肉プレート減煙亭 Lサイズ イメージ1
減煙ホットプレートおすすめ 情熱価格 焼肉プレート減煙亭 Lサイズ イメージ2
減煙ホットプレートおすすめ 情熱価格 焼肉プレート減煙亭 Lサイズ イメージ1
減煙ホットプレートおすすめ 情熱価格 焼肉プレート減煙亭 Lサイズ イメージ2
  • 情熱価格焼肉プレート減煙亭 Lサイズ
  • 検証時価格: ¥6,980

情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」は、油はねと煙をカットをして、食材の旨味を逃さずに焼けるという製品です。2サイズ展開で、今回検証するのはLサイズです。

細かな波型プレートによる減煙力と焼き上がりはいかに!?

471mm
奥行
286mm
高さ
86mm
重量
2.3kg
消費電力
1200W
型番
PT-YPW130
情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

3パーツに分離するシンプルな構造。手に持ってみるとかなり軽いです。

シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」

  • シナジートレーディングスーパー吸煙グリル スモークリーンⅢ DSK2002
  • 実勢価格: ¥8,580

シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」は、ファンで煙を吸い込みつつ余分な油を油受けに落として焼き上げるタイプ。

どれだけ煙を吸い込むのか、また食材のポテンシャルを存分に引き出せるのか注目です!

500mm
奥行
300mm
高さ
130mm
重量
4.5kg
最大温度
230℃
消費電力
1200W
型番
DSK2002
シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

プレートを含めて5パーツに分離。乗せるだけなので組み立ては簡単です。

キッチン減煙ホットプレートの比較検証の方法

ベストバイの条件は?

ベストバイの条件となる検証項目は以下の3点です。

テスト1:焼き上がり

十分かつ安定した火力で食材をおいしく焼けて、香ばしい焼き目がつくホットプレートが理想!

テスト2:使い勝手

操作がしやすくお手入れが簡単なホットプレートであれば、食卓での出番もグッと増えそうです。

テスト3:減煙力

ニオイ残りの原因となる煙を抑えられるものや、油ハネの少ないものだとグリル調理が快適になります。

桃世真弓 氏
料理家 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

どちらも余分な油がプレートの下に落ちるのでヘルシーです。

対決のポイントは?

1:本当に煙を減らせる?

1:本当に煙を減らせる? 減煙ホットプレートおすすめ イメージ
1:本当に煙を減らせる? 減煙ホットプレートおすすめ イメージ2

煙の原因は油の加熱。余分な油を落としたり、ファンで煙を吸い込んだりすることで減煙します。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

物理的に煙を吸い込むほうが減煙力は高そうです。

2:焼き上がりに違いは出る?

2:焼き上がりに違いは出る? 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

野菜、肉、魚を焼いて、食感や焼き目を評価。料理研究家2名の舌をうならせたのはどっち!?

3:パーツの数や手入れしやすさは?

3:パーツの数や手入れしやすさは? 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

プレートや油受けを洗い、汚れ落ちやパーツの少なさに注目して手入れのしやすさを評価。

それでは各テストの結果を見てみましょう。

キッチン「ドンキPB」と「家電批評ベストバイ」を比較検証


減煙力:煙をみるみる吸い込んだのはシナジートレーディングのグリル!

脂身の多いカルビを焼いてみると、差は歴然。シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」はファンがしっかり煙を吸って減煙できました。

対して、ドンキPBの情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」はプレートの中央部は油がよく落ちて煙の量が抑えられたものの、その他の箇所からは煙が立ち上ってしまいました。

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

中央部はやや少なめなものの、はっきり視認できるほど煙が立ち上りました。

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

立ち上る煙の量はかなり抑えられていて、ほとんど見えません。

桃世真弓 氏
料理家 スーパーエコごはん研究家
桃世真弓 氏 のコメント

脂身の多い肉などを焼く際は、多少油ハネはしてしまいます。

焼き上がり:よりおいしく焼けたのはドンキPB!

次は野菜や肉、魚が美味しく焼けるのかのテストです。野菜は約180℃、肉と魚は230℃の温度設定で調理したところ、焼き目に差が出ました。

ドンキPBの情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」はプレートの温度が設定どおりに上昇し焼きムラが少なかったですが、シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」は食材を置く場所によってやや熱ムラあり。食材がパサつかずにキレイに焼き上がったのはドンキPBのグリルでした!

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

野菜は時間はかかりますが、ホクホク食感に!

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ2

火力が強く、お肉の身がかたくなりやすいです。

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ3

魚では香ばしい焼き目がつきました。

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

野菜はパサついて乾燥気味でした。

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ2

お肉はしっとり柔らかく焼けました。

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ3

魚はプレートの端だと焼き色が弱めになりました。

さわけん 氏
科学する料理研究家
さわけん 氏 のコメント

設定温度とタイミングを工夫すればもっと美味しく焼けそうです。

使いやすさ:シナジートレーディングのグリルは丸洗いできる!

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

薄切りにした食材が隙間に落ちがちでした。

▼ドンキPB:情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ2

プレートは水洗い不可で拭き取る必要あり。

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

油が焦げ付くこともありますが、洗えば簡単に落ちます。

▼シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」 減煙ホットプレートおすすめ イメージ2

パーツが2つ多いですが、丸洗いできるのは◎。

キッチン家電批評ベストの勝ち:シナジートレーニング「スーパー吸煙グリル」がおすすめ

シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」

  • シナジートレーディングスーパー吸煙グリル スモークリーンⅢ DSK2002
  • 実勢価格: ¥8,580

総合評価: 4.38

総合評価
 4.38
500mm
奥行
300mm
高さ
130mm
重量
4.5kg
最大温度
230℃
消費電力
1200W
型番
DSK2002

減煙ホットプレート対決の結果は、シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」の圧勝です。決め手は、立ち上る煙をパワフルに吸い込んでくれるところです。

ドンキPBの情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」も多少減煙できているものの、ファンによる吸煙がないぶん、どうしても煙が立ち上がってしまい、この差が勝敗を分けました。

一方、食材の焼き上がりはドンキは設定温度どおりに焼けたのに対し、シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」は設定温度と実際の温度とにややブレがあり、加熱ムラもありました。

とはいえ、焼き上がりは工夫次第で改善できますし、お手入れ面などの使い勝手は上々。そしてなにより、シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」はホットプレートでの焼肉の悩みである、モクモクと立ち上る煙をパワフルに吸い込みます。「煙を減らす」という能力においては申し分ナシの一台です!

焼き上がり重視ならドンキPBがおすすめ

焼き上がり重視ならドンキPBがおすすめ 減煙ホットプレートおすすめ イメージ

正確な温度でムラなく焼けて、香ばしい焼き目がつくのは、ドンキPBの情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」。ホットプレートとしての実力は高いため、安くておいしく焼けるものが欲しいなら、買って損ナシです。

以上、ドンキPBと『家電批評』ベストバイの減煙ホットプレート対決、情熱価格「焼肉プレート減煙亭 Lサイズ」シナジートレーディング「スーパー吸煙グリル スモークリーンIII」の比較検証でした。

快適に焼肉が楽しめるホットプレートをお探しの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

キッチンホットプレートの売れ筋ランキングもチェック!

ホットプレート・無煙ホットプレートのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。