文房具おもわずクスッ
これ面白すぎ!

ただスタンプを送るだけじゃもう物足りない人へ、おもしろ文房具を使ったオリジナルのおもしろ投稿の作り方をお伝えします。

また、アプリ不要のおもしろグッズを使った「おもしろ自撮り風」の投稿もお教えいたします。アナログ感がジワジワきて、きっとウケること間違いなしです。

文房具自由な発想で
友達を笑わせよう

LINEでやり取りをする際、おもしろスタンプを使うことがあるかと思いますが、たまにはいつもと違ったものを送ってみませんか?

こんな感じにLINEで送れば、受け取った相手も思わずクスッと笑っちゃいます。

使っているのはなんと「ふせん」!

日本ホールマーク:有名人のつぶやき付箋
日本ホールマーク:有名人のつぶやき付箋

日本ホールマーク
有名人のつぶやき付箋
実勢価格:各410円

このふせんを使うコツは、吹き出しのキャラクターとマッチしたコメントにすること。

シュールで楽しい印象になります。

ただし、お詫びや真面目なことを伝える際には、軽めのテンションで伝えるのはやめたほうが良いかもしれません。

相手をムッとさせてしまう可能性があります。気をつけましょう。

文房具アプリは使わない!?
アナログ感がウケます

LINEの自撮り加工によく似たおもしろグッズがあるのをご存知ですか?

こんな風に面白い写真が撮れちゃうんです。使ったのはこちら。

スガイワールド:変装ペン

スガイワールド
変装ペン
実勢価格:各864円

スガイワールド:ヒゲ付箋

スガイワールド
ヒゲ付箋
実勢価格:410円

変装できるおもしろ文具です。LINEで送るとインパクト大!

大人数や子どもと一緒に撮影すれば、楽しさ倍増します。パーティーやイベントなども盛り上がりますよ。


いかがでしたか? LINEにちょっとアナログ感をプラスして、より盛り上がる、楽しいやり取りをしましょう。