ホーム有意義な時間を過ごせる効率的な部屋作りって?

自宅で過ごす時間が多くなった昨今。必要なモノが増えたため、部屋が片付かず落ち着かない、リラックスできないなど、有意義な時間を過ごせなくなっていませんか?

そこでテストするモノ批評誌『MONOQLO』が、そんな昨今のご時世に合わせた「効率的な部屋作り」を伝授! お値段安めで、片付けもくつろぎも最短で叶えるアイテムやテクニックを紹介します。

ホームブラックで人前に出せる突っ張り棒は?

突っ張り棒は狭いスペースでも収納力をアップできる強い味方。最近では、突っ張り棒らしからぬ高級感ある見た目のものや、ブラックで人前に出せるものが増えていて、SNSなどで人気を集めています。

そこで、『MONOQLO』2022年4月ではサッと使えて便利な耐荷重1kg以上の突っ張り棒4製品を「耐荷重」「設置のしやすさ」「コスパ」など多角的に検証しました。

検証方法:突っ張り棒を比較

検証は以下の3つの方法で行いました。

検証1:耐荷重

等間隔に重りを吊るして30分後のズレ具合を確認しました。

※耐荷重の試験結果はあくまで一例であり、壁紙、構造体、壁面の状態、取り付け時の締め付け具合等で圧着力は変動します。

検証2:設置のしやすさ

家具のプロである家具職人が実際に設置のうえ、使い勝手や製品の構造をチェックしました。

検証3:コスパ

耐荷重や設置のしやすさを実勢価格と比較してコスパを判定しました。

今回はテストの結果1位になった突っ張り棒と、合わせて使うのにおすすめなオプションパーツ3製品を紹介します。

S評価細身でシンプルかつ丈夫な作り ダイソー「黒い伸縮式 つっぱり棒」

ダイソー
黒い伸縮式 つっぱり棒

実勢価格:110円
長さ:70〜120cm
耐荷重:1kg
※画像は公式サイトより

ダイソー「黒い伸縮式 つっぱり棒」は、全体の形状は細くて頼りないものの、圧着力は文句ありません。見た目より丈夫です。

耐荷重

目視でほぼズレなし。安くてもしっかり支えてくれました。

設置のしやすさ:◎

突っ張り時の締めつけ感が強く、かなり安定しています。

コスパ:◎

なんと言っても110円で買えるのが素晴らしく、コスパは最強です。

続いては同じくダイソーで合わせて買いたい、便利なオプションパーツを紹介します。

ホーム部屋の角に斜め設置できちゃう ダイソー「つっぱり補助板 コーナー用」

ダイソー
つっぱり補助板 コーナー用
実勢価格:110円

壁にダイソー「つっぱり補助板 コーナー用」をホッチキスで取り付けて、そこに突っ張り棒を差し込みます。通常は取り付けられないコーナー部分でも斜めに設置できます。

隅のスペースを有効利用できちゃいます!

ホームずり落ち問題の救世主! ダイソー「つっぱり補助板
ホッチキス」

ダイソー
つっぱり補助板
ホッチキス
実勢価格:110円

ダイソー「つっぱり補助板ホッチキス」は、突っ張り棒のズレや落下が不安なときに便利なグッズ。壁にホッチキスで取り付け、その上につっぱり棒を設置すれば、ズレ落ちのリスクは激減します。

壁の穴あけ跡も目立ちません。

ホームのせるだけで拡張性UP ダイソー「ハンギング シェルフ」

ダイソー
ハンギング シェルフ
実勢価格:110円

ダイソー「ハンギング シェルフ」は、突っ張り棒を壁面に近づけて設置して、棚をのせるだけ! 鍵などの小物や観葉植物など、ちょっとした物を置くのに重宝します。

突っ張り棒が小さな棚になります。

以上、隙間スペースを活用できる、見た目もカッコいい「突っ張り棒」の紹介でした。

「効率的な部屋」を作って、より有意義な自分の時間を手に入れましょう! ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ホーム突っ張り棒の売れ筋ランキングもチェック!

突っ張り棒のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。