2021年ベストバイ!! 「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」

日用品、食品雑貨、家電、インテリア、自転車......2021年も『MONOQLO』は徹底した消費者目線での検証を重ねてきました。

そこで、2021年に『MONOQLO』が扱った全製品の中から「絶対に後悔させません!」と自信を持っておすすめできるベストバイばかりを集めた「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」を選定。ここでは、ベストに選ばれた製品をピックアップし、どこが素晴らしかったのかを本音で解説します。

今回は、「国産はちみつ」部門。穏やかな甘みで透き通った黄金色をした小林養蜂園「群馬県産 栃蜜」です。

栃花の香りがふんわり! 小林養蜂園「群馬県産 栃蜜」

王冠アイコン

小林養蜂園
群馬県産 栃蜜
実勢価格:2200円

内容量:500g
100gあたりの価格:440円

▼テスト結果
味の第一印象:26点/30点
香り:18点/20点
のどごし:18点/20点
バランス:19点/20点
リピート度:10点/10点
合計:91点/100点

2021年の国産はちみつ部門「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」受賞は小林養蜂園「群馬県産 栃蜜」​​​​。

カカオのような深みがある洗練された香りは、まさに栃(とち)の花! 甘みと酸味、粘度のバランスがよく、香りがふわっと漂います。栃の花の香りのよさと、花蜜のコクと旨みを教えてくれるハチミツです。トーストはもちろん、チーズにかけてワインのおともにもおすすめ。

『MONOQLO』2021年10月号でおこなった、国産はちみつ19製品の比較で1位になった製品です。標高800~1000mの金精峠や尾瀬のふもとで採れたはちみつで、非加熱なので栃の花の深みのある香りがそのまま堪能できます。

独特の透き通るような黄金色。少量取ると透明度が高く、指先に少し付けてなめるとコクをさほど感じずさらっと食べやすいです。スプーン1杯口に入れると濃厚なコクを感じます。

溶けたバターなどと合わせると、深みのある香りとバッティングするので、クラッカーに塗るか、カマンベールチーズやブリーなどクセのないチーズに合わせるのがおすすめ。また、青カビの香りと栃蜜の香りは相性がいいので、ブルーチーズもオススメ!

小林養蜂園では5月と6月にはちみつを採取して販売していますが、このはちみつは7月末に購入した2021年産の栃蜜だからか、フレッシュ感もすばらしかったです。

以上、「MONOQLO オブ・ザ・イヤー」に選ばれた国産はちみつの紹介でした。引き続き、ベストだった製品をご紹介していきますので、サンロクマルをチェックしてくださいね。

2021年ベストバイを大発表!『MONOQLO』

晋遊舎
MONOQLO
2022年1月号
700円

『MONOQLO』2022年1月号では2021年のベストバイを一気に紹介。全テスト総決算号を読んで、2022年も楽しく過ごしましょう!