キッチン毎日が変わる! 全品テスト済みの実力派アイテムたち

部屋の主役となるような家具やインテリア、コーディネートの要となるバッグに、ふんぱつして買ったコスメ……日々の暮らしの中で身の回りにある様々な物たち。テストする女性誌『LDK』では、その分野のプロと一緒にそのほぼ全てを検証して比べてきました。

そこで見つかったのは、売り場では決して目立っていないけれど、一度使ったら手放せなくなる“地味にスゴい日用品”の数々! 忙しいあなたも、ずぼらなあなたも、使ったらもしかして人生が変わっちゃうかもしれないグッズばかり。ぜひ「JIMI GOOD(地味にスゴい)体験」をしてもらいたくてセレクトしました。

今回は、調理時間がグッと短くなる!下村工業の「スライサー」をご紹介。野菜の薄切りもラクラク、スピーディーにできちゃいます。

キッチン包丁を使うよりラクで時短にもなる 最高のスライサー

下村工業
プログレード
厚み調整機能付
スライサー
実勢価格:1808円

にんじんなどのかたい野菜を薄切りできるスライサー。下村工業の「プログレード 厚み調整機能付スライサー」は、力を入れずともどんどん均一な厚みにカットできるので、包丁で切るよりもラクで仕上がりも安定しています。

切れ味が良いから断面がなめらかで、誰でも美しい薄切りカットが叶います。

キッチン野菜スライスが好みの厚さでラクに量産できる

包丁だと大変な野菜の薄切りは、スライサーにお任せ。切り口がデコボコしちゃう製品が多いなか、プログレードはキレイな仕上がり。厚さも調節でき、好みのスライスを量産できました。

かたい野菜をカットするときも、ボウルに引っ掛けて使えるから安定感もバツグンなんです。

風間章子 氏
料理家
風間章子 氏 のコメント

ツルッとすべらず安定するので、スライスしやすいです

地味スゴポイント:ダイヤルですぐに厚さを変えられる

「薄」、「中」、「厚」と3つの厚さを調整できる。赤いダイヤルで簡単に切り替えられるので、誰でも簡単に使えます。

上手く野菜のスライスができないと悩んでいる皆さん!この機会に、包丁からスライサーに乗り換えてみてはいかがでしょうか。

▼詳しい検証結果を知りたいならこちら

▼ピーラーも切れ味鋭いものを使いたい! おすすめはこちら