キッチンピーラー15種を徹底検証!
食材を剥きに剥きました

ピーラーって、わりとどちらの家庭にもあるキッチンツールではないでしょうか。でも、なんとなく買ったものだったりして、さほど気にとめていなかったりしませんか。

でも、製品によって切れ味や使い勝手に差がある製品なんです。使い勝手の良いものに変えれば、調理の作業効率もアップします。

では、いざ買い換えようと思っても、たくさんあってどれを選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこで、15製品をピックアップし、「切れ味」や「安全性」、「詰まりにくさ」、「芽取り」に注目して検証しました。

その結果、もっともオススメはこちらの製品でした。

キッチン軽く当てるだけで
抵抗感なく向ける貝印

貝印
SELECT100
T型ピーラー
実勢価格:853円

サイズ:W137×D68×H11mm 
重量:57g 
材質:刃/ステンレス刃物鋼
   本体/18-8ステンレススチール

1位に輝いたのは、貝印の「SELECT100 T型ピーラー」です。ただ軽く当てるだけで、抵抗感なく薄く剥けました。切れ味、詰まりにくさともに満点という結果でした。

  • 切れ味: 10pt
  • 安全性: 8pt
  • 詰まりにくさ: 10pt
  • 芽取り: 7pt
  • 合計: 35pt

高評価のポイントは4つです

圧倒的な切れ味!

ピーラーといえども刃物、まず注目したいのは切れ味です。貝印のT型ピーラーの切れ味は包丁に匹敵するほどで、ほとんど力を入れずとも、スルスル剥けました。

試しに大根を剥いてみます。すると……

ただスッと刃を滑らせただけで、削り節のようなふわっとしたスライスができました! この薄さは、まるで職人技。剥き続けていても疲れにくかったです。料理の作業効率が格段に上昇するはずです!

トマトの皮もみるみる剥けました。

斜め10°の角度で操作性アップ

具材を持った時に作業しやすいよう、刃が斜めになっています。ケガもしにくく、作業が快適にはかどります。

凹凸グリップでしっかり握れる

気になる安全面もバッチリ。波形設計のグリップで、握った時にしっくりくるよう指の位置に合ったデザインです。洋梨型で安定感があり、操作を誤りにくくなっているので、安心して使えます。


サクッとくり抜ける芽取り

U字型の芽取りになっていて、サクッとジャガイモの芽に食い込み、一度で掘り起こせました。貫通しているので、洗いやすいのもポイントです。

▼詳しい検証方法やランキングはこちらでご紹介しています。

ピーラーといっても、形や切れ味は千差万別。大きな差が出る結果となりました。これを機に、お持ちのピーラーを見直してみてはいかがでしょうか。手間が省け、料理がより美味しくなること間違いナシです!