人気を集める売れ筋の椅子用クッションに注目!

在宅ワークなどでイスに座る時間が増えた今、座りっぱなしでお尻が疲れた……なんていう方も多いはず。お尻が痛くなると姿勢が悪くなり、お尻の形も崩れてきます。そこで注目したいのが、お尻への負担を軽減する「椅子用クッション」。

椅子にクッションを敷くだけで、身体がラクになり、お尻への負担が和らぎます。もちろん、クッションなら何でもいいわけではありません。疲れずにずっと座っていられる椅子用のクッションは、「体圧をしっかり分散してくれること」「良い姿勢が保たれること」がとても重要です。

サンロクマルでは、オススメの椅子用クッションから売れ筋14製品をピックアップして、徹底比較しました。

椅子用クッションにはどんな種類があるの?

イス用クッションにはさまざまな種類があり、自分の身体や目的に合ったイス用クッションを選ぶ必要があります。まずは、椅子用クッションの種類を整理してみましょう。

低反発ウレタンを使用した「低反発クッション」

Shinnwa:低反発 座布団クッション:クッション

※画像はAmazonより

シンワ(Shinnwa)
低反発 座布団クッション
実勢価格:3480円

「低反発クッション」は低反発ウレタンを使用しており、ゆっくり沈み込む座り心地が特徴です。

低反発クッションのメリット
・形状や重さに合わせてほどよく沈み込み、フィットしやすい
・体圧分散性がすぐれている
・体型や形状を問わない


低反発クッションのデメリット
・沈み込み過ぎてしまう
・本体を洗えない

重心に従ってゲルが形を変える「ゲルクッション」

Libetter:無重力クッション:クッション

※画像はAmazonより

Libetter
無重力クッション
実勢価格:2480円

クッション界の新星「ゲルクッション」はハニカム構造のものが中心で、通気性にすぐれています。

ゲルクッションのメリット
・適度な硬さ
・通気性にすぐれる
・洗えるため清潔


ゲルクッションのデメリット
・ゲル自体の色が大抵青色である(ただし、クッションカバーがついていることが多いので、気になるデメリットではない)

クッションと言えばこれ「綿クッション」

イケヒコ・コーポレーション:座布団 銘仙判:クッション

※画像はAmazonより

イケヒコ・コーポレーション
座布団 銘仙判
実勢価格:1080円

椅子用クッションの代表格ともいえる「綿クッション」。ふわふわの座り心地が特徴的なスタンダードなクッションです。

綿クッションのメリット
・軽い
・背クッションなど、さまざまな用途に使える
・洗えるため清潔


綿クッションのデメリット
・へたりやすい
・身体の動きに寄り添いにくく、肌につっぱり感が生じる
・体圧分散性に乏しい

座るだけで健康に「骨盤矯正クッション」

Deeplee(ディープリー):低反発クッション ヘルスケア座布団:クッション

※画像はAmazonより

Deeplee(ディープリー)
低反発クッション ヘルスケア座布団
実勢価格:1998円

「骨盤矯正クッション」は、その名の通り骨盤矯正に特化したクッションです。座るだけで下半身の血流が良くなったり、むくみや冷え性などの改善効果が期待できます。

骨盤矯正クッションのメリット
・骨盤を正しい位置・角度に矯正してくれる


骨盤矯正クッションのデメリット
・自分のお尻の大きさとサイズが合わない
・使用方法が分かりづらい

椅子用クッション選びのポイントは?

椅子用クッションの種類やタイプ、それぞれのメリット/デメリットがわかったところで、続いては、椅子用クッションの選び方を解説します。

姿勢の安定感を重視したいなら「骨盤矯正クッション」

Sedhoom(セルデューム):第7世代座布団 低反発 腰痛クッション:クッション

※画像はAmazonより

Sedhoom(セルデューム)
第7世代座布団 低反発 腰痛クッション
実勢価格:5280円

姿勢の安定感、腰への負担軽減を重視したい方には、「骨盤矯正クッション」がオススメ。波型の弧線で太ももに優しくフィットし、尾骨の圧力を吸収して腰への負担を軽減してくれます。

・椅子とデスクの高さを考えて適切な高さのものを選ぶ
・自分のお尻の大きさにフィットするか確認する
・へたりにくい素材を選ぶ


これらのポイントを重視しながら選びましょう。

座り心地重視なら「ゲルクッション」

チチロバ(TITIROBA):ゲルクッションZD-01:クッション

※画像はAmazonより

チチロバ(TITIROBA)
ゲルクッションZD-01
実勢価格:2398円

座り心地を重視するなら「ゲルクッション」がオススメ。身体の重心によって形を変えるハニカム構造のゲルがやさしくお尻にフィットしてくれます。洗えるので、清潔に保てやすいのもうれしいポイント。

「ゲルクッション」を選ぶ際は、カバーがついていることを重視してみましょう。

とりあえずクッションが欲しいなら「綿クッション」

World Zakka(ワールドザッカ):高反発 円座クッション:クッション

※画像はAmazonより

World Zakka(ワールドザッカ)
高反発 円座クッション
実勢価格:2780円

機能性は問わず、まずはとにかくクッションを使ってみたい人にオススメなのが「綿クッション」。背クッションとしても使用しやすいうえ、お手入れの手間も少なくて済みます。

デザインや大きさの種類が豊富なので、インテリアにぴったりのクッションを見つけやすいはずです。

お尻への負担が気になる方にオススメ「低反発クッション」

JEMA:低反発座布団:クッション

※画像はAmazonより

JEMA
低反発座布団
実勢価格:2280円

お尻への負担が気になる方にオススメなのが「低反発クッション」。低反発ウレタンがやわらかく沈みこみ、お尻にフィット。お尻への負担を大幅に軽減してくれます。

選ぶ際のポイントは、
・イスとデスクの高さを考えて適切な高さのものを選ぶ
・低反発具合

の2点です。

座り心地や体圧分散をサンロクマルが徹底検証!

今回は、上述した「椅子用クッション選びのポイント」を踏まえて評価しました。テスト項目は以下の4つ。合計が100点満点になるように、各項目25点満点で採点しました。

テスト1:体圧分散[配点:25点]

シート型圧力分布測定器を使用し、お尻への負担を可視化して体圧分散効果が高いかを評価しました。

テスト2:座り心地[配点:25点]

イス用クッションにかかせない要素である、長時間座った際の座り心地を評価しました。

テスト3:姿勢の安定感[配点:25点]

長時間座っていても姿勢が悪くならないか、身体に力が入りすぎないかなどをチェックしました。

テスト4:コスパ[配点:25点]

World Zakka(ワールドザッカ)::高反発 円座クッション:クッション

※画像はAmazonより

World Zakka(ワールドザッカ)
高反発 円座クッション
実勢価格:899円


上記3要素の性能と価格が見合っているかを独自に評価しました。

では、検証結果に基づき、注目の椅子用クッション14製品をランキング形式で発表していきましょう。

全項目高評価の優等生 Shinnwa「低反発 座布団クッション」

Shinnwa:低反発 座布団クッション:クッション

シンワ(Shinnwa)
低反発 座布団クッション
実勢価格:3480円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 22/25点
  • 座り心地: 25/25点
  • 姿勢の安定感: 24/25点
  • コスパ: 19/25点
  • 合計: 90/100点

ランキング1位に輝いたのは、Shinnwa「低反発 座布団クッション」。すべての項目で平均的に高評価を得た商品です。ただ、価格が約3500円と、他のクッションと比べるとやや高価なので「コスパ」面では点数が伸び悩みました。機能面は申し分ないので、高機能なクッションを探していた人には特にオススメです。

座り心地と姿勢の安定感にすぐれ、なおかつ体圧分散効果も高めなので、長時間の作業に適しています。ベロア生地が心地よく、お尻への負担を軽減してくれます。

高品質な低反発ウレタン素材を使用しており、適度な柔らかさで座る時の底付き感もありません。カラーバリエーションは、グリーンのほかに、ワインレッド、ホワイトなど全5色展開。シンプルなデザインなので、インテリアにもなじみやすいですよ。

ゲルクッションならコレ! チチロバ(TITIROBA)「ゲルクッションZD-01」

チチロバ(TITIROBA):ゲルクッションZD-01:クッション

チチロバ(TITIROBA)
ゲルクッションZD-01
実勢価格:2398円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 20/25点
  • 座り心地: 23/25点
  • 姿勢の安定感: 22/25点
  • コスパ: 21/25点
  • 合計: 86/100点

ランキング3位は、チチロバ(TITIROBA)「ゲルクッションZD-01」。弾力性、柔軟性にすぐれたゲル素材を使用しており、姿勢の安定感や体圧分散効果の高さ、コスパなどすべての要素においてバランスの取れたクッションです。

ゲル独特の座り心地で安定感があります。柔軟性が高く、姿勢が補正され、座ると自然に背筋が伸びます。

約500個のハニカム構造が二重で配置された設計になっており、両面での使用が可能。付属のカバーは洗濯可能なので、清潔に保てます。

シンプルデザインで安定した性能 永光 「ベロア低反発座布団」

永光:ベロア低反発座布団:クッション

永光
ベロア低反発座布団
実勢価格:1390円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 22/25点
  • 座り心地: 19/25点
  • 姿勢の安定感: 22/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 合計: 86/100点

同率2位に輝いたのは、永光「ベロア低反発座布団」。ベロア生地を使用した滑らかな手触りが特徴的な低反発クッションです。体圧分散、コスパ、姿勢の安定感はかなり優秀でしたが、長時間座り続けていると疲れるという難点がありました。

すぐれた体圧分散効果により、お尻への負担を大幅に軽減。姿勢も正しくなり、快適な座り心地をキープしてくれます。裏面には滑り止め加工がされているため、座っているうちにずり落ちる心配もありません。

高品質の低反発ウレタンを使用しているので、座るとゆっくり沈み込み、お尻の形にフィットします。

4位: 安定した姿勢を保ちたい人にオススメ Deeplee(ディープリー)「低反発クッション ヘルスケア座布団」

Deeplee(ディープリー)::低反発クッション ヘルスケア座布団:クッション

Deeplee(ディープリー)
低反発クッション ヘルスケア座布団
実勢価格:1998円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 18/25点
  • 座り心地: 20/25点
  • 姿勢の安定感: 23/25点
  • コスパ: 20/25点
  • 合計: 81/100点

4位は、Deeplee(ディープリー)「低反発クッション ヘルスケア座布団」。体圧分散効果は低めなものの、それ以外の要素は高い点数を付けた商品です。アジア人の体格に合わせた形状で作られているのが、座り心地と姿勢を保ってくれる秘密。

クッション自体がかなり分厚いため、少し座高が高くなってしまうのが気になる点ですが、人間工学に基づいたU字型設計により、快適な姿勢をキープしてくれれます。座り心地も良好。

生地は硬め。姿勢のキープ力とお尻への馴染み具合にすぐれるので、長時間座っていても疲れにくいです。

5位: ゲルクッション界の新星 Libetter「無重力クッション」

Libetter:無重力クッション:クッション

Libetter
無重力クッション
実勢価格:2480円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 18/25点
  • 座り心地: 23/25点
  • 姿勢の安定感: 20/25点
  • コスパ: 19/25点
  • 合計: 80/100点

Libetter「無重力クッション」は、ハニカム構造のゲルクッションを使用。身体の重心位置によってゲルが形を変えるため、座り心地がよいものの、体圧分散効果がそれほど高くないためお尻への負担が気になりました。

通気ハニカム構造で蒸れにくいのも特徴。耐久性と柔軟性もすぐれています。

6位: やわらか綿でお尻ふかふか Baibu Home「コール天生地クッション」

Baibu Home:コール天生地クッション:クッション

Baibu Home
コール天生地クッション
実勢価格:1980円

※販売ページは色違いです。

▼テスト結果

  • 体圧分散: 16/25点
  • 座り心地: 23/25点
  • 姿勢の安定感: 17/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 合計: 79/100点

Baibu Home「コール天生地クッション」は、シンプルなデザインで柔らかく安定した座り心地のクッションです。ただ、体圧分散効果が低めで、長時間座っていると姿勢が悪くなるように感じました。

ふわふわの綿を使用しているため、柔らかい手触り。座り始めは快適なものの、長時間の作業には適していないと判断しました。

7位: 低反発を求める人にオススメ! JEMA「低反発座布団」

JEMA:低反発座布団:クッション

JEMA
低反発座布団
実勢価格:2280円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 23/25点
  • 座り心地: 12/25点
  • 姿勢の安定感: 25/25点
  • コスパ: 15/25点
  • 合計: 75/100点

JEMA 「低反発座布団」は、体圧分散性能にすぐれたクッション。低反発なので座り心地は固めです。

低反発で、他のクッションよりも固い印象。自然と姿勢が伸びるので、固い低反発クッションを好む人にはオススメです。

8位: 全体的に欠点の少ないクッション ottostyle.jp「低反発椅子用スクエアクッション」

ottostyle.jp:低反発椅子用スクエアクッション:クッション

コンポジット
ottostyle.jp
低反発椅子用スクエアクッション
実勢価格:2000円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 16/25点
  • 座り心地: 19/25点
  • 姿勢の安定感: 18/25点
  • コスパ: 20/25点
  • 合計: 73/100点

ottostyle.jp「低反発椅子用スクエアクッション」は、座り心地・姿勢の安定感などが良好。体圧分散効果は高いとは言えませんが、全体的にはバランスがいいクッションです。

低反発の加減がちょうどよく、座り心地は良好。自然と姿勢が安定します。お尻の形が補正される形状ではないため、フラットな形が好きな方にオススメです。

9位: デスク用のクッションとしては難アリ イケヒコ・コーポレーション「座布団 銘仙判」

イケヒコ・コーポレーション:座布団 銘仙判:クッション

イケヒコ・コーポレーション
座布団 銘仙判
実勢価格:1080円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 13/25点
  • 座り心地: 19/25点
  • 姿勢の安定感: 17/25点
  • コスパ: 23/25点
  • 合計: 72/100点

イケヒコ・コーポレーション「座布団 銘仙判」は、機能性はいずれの項目も平均を下回りますが、お手ごろ価格なので、手に取りやすいでしょう。

座り心地、姿勢、体圧分散、いずれもそれほど高いスコアではありませんでしたが、価格はリーズナブル。姿勢補正効果がないので、デスクチェアに使用したいという場合には不向きでしょう。

10位: 体圧分散性は高いが座り心地はあまり良くなく World Zakka(ワールドザッカ)「高反発 円座クッション」

World Zakka(ワールドザッカ):高反発 円座クッション:クッション

World Zakka(ワールドザッカ)
高反発 円座クッション
実勢価格:899円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 25/25点
  • 座り心地: 12/25点
  • 姿勢の安定感: 16/25点
  • コスパ: 18/25点
  • 合計: 71/100点

World Zakka(ワールドザッカ)「高反発 円座クッション」は、体圧分散の評価が高く、満点でした。体圧分散はよくされているのですが、円座のため座り心地の得点はあまり伸びませんでした。

体圧分散の性能が高いため、姿勢の安定感はあり長く座っていても疲れにくい印象でした。
ただ円座のため、座り心地が良いのを好む人には不向きなクッションです。

10位: バランスの取れた IKSTAR「第五世代ヘルスケア座布団」

IKSTAR:第五世代ヘルスケア座布団:クッション

IKSTAR
第五世代ヘルスケア座布団
実勢価格:3999円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 19/25点
  • 座り心地: 14/25点
  • 姿勢の安定感: 19/25点
  • コスパ: 19/25点
  • 合計: 71/100点

IKSTAR「第五世代ヘルスケア座布団」は、テストの結果大きく点数を落とした項目はありませんでしたが、全体的に点数が伸び悩みました。

クッション自体はややサイズが大きめなのでゆったり座れるのですが、傾斜があるため若干前傾姿勢になってしまうのが難点です。ただ、突出して悪い項目はないのでバランス重視の方にはオススメです。

12位: 安定感と補正力で選ぶならコレ! IKSTAR「第四世代ヘルスケア座布団」

IKSTAR:第四世代ヘルスケア座布団:クッション

IKSTAR
第四世代ヘルスケア座布団
実勢価格:3999円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 18/25点
  • 座り心地: 14/25点
  • 姿勢の安定感: 19/25点
  • コスパ: 19/25点
  • 合計: 70/100点

JIKSTAR「第四世代ヘルスケア座布団」は安定感が高く、座り心地と姿勢の点で高得点でした。体圧分散性能はそれほど高くありません。

お尻の形が補正され、姿勢もよくなるのを実感できます。ただ、やや硬いので、長時間座り続けるとお尻が痛くなる可能性があり、他のクッションと比べると価格はやや高め。サイドに取っ手がついていて、持ち運びやすいのは◎。

13位: 腰痛に悩んでいる人にオススメ Sedhoom(セルデューム)「第7世代座布団 低反発 腰痛クッション」

Sedhoom(セルデューム):第7世代座布団 低反発 腰痛クッション:クッション

Sedhoom(セルデューム)
第7世代座布団 低反発 腰痛クッション
実勢価格:5280円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 8/25点
  • 座り心地: 18/25点
  • 姿勢の安定感: 15/25点
  • コスパ: 15/25点
  • 合計: 56/100点

Sedhoom(セルデューム)「第7世代座布団 低反発 腰痛クッション」は、腰痛の方にはピッタリのクッションですが、体圧分散の点数が極めて低く、合計スコアが伸び悩みました。

低反発&すぐれたフィット感で、腰痛の方にはオススメ。しかし、重心があまり定まらない印象なので、長時間の使用には向きません。

14位: 体圧分散は良好 TPS「BEWALKER」

TPS:BEWALKER:クッション

TPS
BEWALKER
実勢価格:2980円

▼テスト結果

  • 体圧分散: 20/25点
  • 座り心地: 10/25点
  • 姿勢の安定感: 10/25点
  • コスパ: 13/25点
  • 合計: 53/100点

TPS「BEWALKER」は、体圧分散効果が高いものの、そのほかの項目はいずれも点数が伸び悩みました。

体圧分散効果が高いのは評価できるポイントですが、姿勢補正効果が低く、集中して作業したい時には不向きかもしれません。

以上、椅子用クッションのおすすめランキング14選でした。求める機能や座り心地、予算に合わせて、好みの椅子用クッションを選んでみてくださいね。