文房具文房具識者も絶賛!
粘着剤に強いネバノン

まず、ご紹介したいのがその名も「ネバノン」。従来、はさみで粘着テープを切ると、刃に粘着剤が残ってベトベトになってしまうことがよくありました。このネバノンは名前の通り、粘着テープを切っても刃にネバネバが残らないはさみなんです。

価格は2千円中盤と、少々値が張りますが、高級包丁のような鋭く正確な切れ味と、ギリギリまでフッ素コーティング加工が施された刃は、まさに「究極」と呼ぶにふさわしい逸品です。「刃のどこでも使えて、ドリフトするように曲線が切れます」と文具ライターきだてたくさんも絶賛。お値段の価値は、十分にあります!

シルキー:NBN-170:ネバノン:170mm:はさみ

シルキー
NBN-170 ネバノン 170mm
実勢価格 2300円

従来のはさみの場合、テープ跡がべったりと残ってしまいますが……。

シルキー:NBN-170:ネバノン:170mm

ネバノンなら、ネバネバが残りません。

シルキー:NBN-170:ネバノン:170mm

粘着剤に強い「ネバノン」は、フライパン加工でおなじみのフッ素を二重に施すことではがれにくく、耐久性を高めています。錆にも強いので、テープのカットや工作のみならず、園芸や医療関係など多方面で活躍します。

シルキー:NBN-170:ネバノン:170mm

刃のギリギリまでフッ素加工しているのが特徴です。

300円台でも上質なはさみを買えるようになった今、「この値段は高すぎる」と思われるかもしれません。しかし、これまで文房具の達人に取材するたび、皆さんこの黒い細身のはさみを愛用し、「究極のはさみ」と絶賛。使ってみると、確かに納得のクオリティでした。

文房具手で操るようにサクサク切れる
レイメイ藤井のスウィングカット

つぎにご紹介するのがレイメイ藤井の「スウィングカット チタンコート」です。

このはさみは、支点をずらし、2枚の刃の長さを変えて「引き切り」に転換することで手への負担を軽くしているのが特徴です。押し切って進むから引き切りへ負荷をかけない工夫が満載の逸品。とにかく疲れにくいんです!

レイメイ藤井:スウィングカット:チタンコート:はさみ

レイメイ藤井
スウィングカット チタンコート
実勢価格 901円

レイメイ藤井:スウィングカット:チタンコート:はさみ

ロゴが入っている長刃側が引きながら切り進んでいきます。確かに、負担なく切れるんです。

レイメイ藤井:スウィングカット:チタンコート:はさみ

衝撃を吸収するソフトストッパーもついてます。

文房具どれだけ開いても常に理想の角度
300円台で買えるTHE新定番

最後にご紹介するのが、今やはさみの「THE定番」と言ってもよいプラスの「フィットカットカーブ イージーグリップ スタンダード」です。

特徴は、何と言っても、効果的に力を伝える理想の角度30°を常にキープし続けるベルヌーイカーブ刃。最安の価格帯でよく切れるを実感できる逸品です。「100均で十分」と思っている人にこそ、その「違い」を体感してほしいです。

プラス フィットカットカーブ イージーグリップ  スタンダード

フィットカットカーブシリーズはカーブ状の刃が特徴。理想の30度がず~っと続きます。

プラス:フィットカットカーブ イージーグリップスタンダード:はさみ

プラス
フィットカットカーブ イージーグリップ スタンダード
実勢価格 543円

文房具[まとめ]“はさみは刃物である”
それを再認識できる逸品揃いです

当たり前ですが「はさみは刃物」です。普段使っていると忘れがちですが、今回ご紹介したはさみの切れ味を体験すると、改めてそれを実感できます。なかなか買い換えることがないハサミですが、超進化している今のはさみを、ぜひ一度体験してみてください!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。