ホームベッド周りを整理することで
いつ見られても安心な寝室に!

寝室は、忙しくてつい、ゴチャゴチャに散らかりがち……。なんてことはありませんか? でも、来客時に油断して寝室のドアを開けっ放しにしていても、無印グッズを上手く使えば、見られても安心な寝室を作ることができます。

この記事では、寝室を機能的にカスタムする、3つのテクニックをご紹介します。

ホームボックスの中に小物を詰めて
おやすみセットを作ります

まずは、重なる竹材ボックスを使った、ベッドサイドのアレンジテクです。

水差しや小物入れなど、ベッドサイドに置いておきたい小物を、ボックスの中にまとめると、おやすみセットのできあがり! 使っているボックスはこちらです。

無印良品:重なる竹材 長方形ボックス(5)(V):収納

無印良品
重なる竹材 長方形ボックス(5)(V)
実勢価格:2490円
サイズ:幅26×奥行18.5×高さ8cm

このおやすみセットのポイントは、ラップケースに仕込んだティッシュです。

半量にしたティッシュを半分に折ってラップケースに入れれば、コンパクトに竹林ケースに収まります。さらに、ラップケースの重みでティッシュが押さえられるため、1枚ずつ取り出しやすいメリットもあるんです。

無印良品:ポリプロピレンラップケース 小:キッチン用品

無印良品
ポリプロピレンラップケース 小
実勢価格:390円
サイズ:幅20~22cm用

竹林ボックスは、ベッド周りに欲しいものを入れるのにちょうどいいサイズです。枕元に欲しい小物入れや水差しなど、お好みのものを入れておきましょう。

ホームA4脚付トレーを2段重ねて
サイドテーブルに早変わり

A4脚付きトレーは通常、デスクの上で使うものなのですが、2段に重ねるとベッドサイドにピッタリのサイドテーブルに変身します。

無印良品:ABS樹脂 A4脚付トレー A4サイズ用:収納

無印良品
ABS樹脂 A4脚付トレー A4サイズ用
実勢価格:1490円

また、シールで貼れるライトを上段の天板の裏に取り付ければ、間接照明としても使えます。

夜の暗い足元を、ほんのり明るく照らしてくれるんです。シール付きのタッチライトは、それほど高くなく、数百円で手に入ります。

ホーム散らかりがちなパジャマは
バスケットにまとめてイン

急いでいる朝はとくに、パジャマを放り出してそのまま置きっぱなしに…なんてこともありますよね。そんなときでも、このようにバスケットを使えばオシャレに見えるんです。

無印良品:ラタン ラウンドバスケット L:カゴ

無印良品
ラタン ラウンドバスケット L
実勢価格:6000円
サイズ:直径65×高さ18cm
(※製品は編集当時の店舗販売限定商品です)

たたむ余裕がないときでも、そのまま入れるだけでサマになります。夜用の靴下も、まとめてバスケットに入れておきましょう。


いかがでしたか? 間接照明を兼ねたサイドテーブルを作って、上の段には小物をまとめたお休みセットを。脱いだパジャマはバスケットに入れれば定位置も決まって、ゴチャつかなくなりますね。見られても安心なベッドルーム作りに、ぜひチャレンジしてみてください。