<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※情報は『家電批評』2020年3月号掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

電気代が安くて長寿命!
おトクなLED電球はどれがいい?

LED電球は消費電力が低く、環境に優しくて電気代もおトク。寿命が長いため、交換の手間もかかりません。さらに、紫外線を出さず虫が寄り付かないなど、多くのメリットがあります。最近では家庭で使われる電球の主流となっています。

ただ、多くの種類が販売されていて、メーカーや金額も様々。「どれがいいの?」と悩んで決められない人もいらっしゃるのではないでしょうか。

センサーなしのLED電球
人気の9製品を比較検証しました

そこで、ネットを疑う家電購入ガイド『家電批評』では、パナソニック、三菱、東芝などの国内メーカーのほか、海外メーカーの人気製品を含め全9モデルのLED電球を比較検証しました。「照度」「光の広さ」「電球温度」の3項目を合計40点満点で採点しています。

テスト項目1:照度[20点満点]
1.5mの高さに電球を吊り下げ、床に置いた照度計で明るさを計測しました。

テスト項目2:光の広さ[10点満点]
テスト項目1と同位置に電球を吊り下げ、2m離れた場所から照度を計測しました。

テスト項目3:電球温度[10点満点]
電源を入れて30分後の電球表面の温度をサーモカメラで撮影・測定し評価しています。

それでは、検証結果をランキング形式で発表します!

温かみを感じる光の安心感
信頼できるパナソニック

パナソニック
LDA7LGEW
実勢価格:975円

【総合得点】24/40点

▼採点
照度   :11/20点
光の広さ :4/10点
電球温度 :9/10点

▼検証結果
直下照度 :45.7lx
2m先照度:17.2lx

1位のパナソニックは、ホッとするような温かみを感じる光が均等に広がり、安心感あります。価格は高めですが、光の色味もよく、安定して使うことができそうです。信頼できるモデルと言えるでしょう。

約300円でも明るさはNO.1!
コスパ抜群のTengyuan

Tengyuan technology
LED電球 60W形
6個入り
実勢価格:1850円
※1個あたり308円

【総合得点】24/40点

▼採点
照度   :17/20点
光の広さ :2/10点
電球温度 :5/10点

▼検証結果
直下照度 :53.5lx
2m先照度:20.0lx

パナソニックと同点1位になったのは、海外メーカーの「Tengyuan technology」。光の広がりはパナソニックにやや劣るものの、直下の照度では1位をマーク。やや薄緑のような色味が気にならなければ、1個約300円という価格は驚きです。

9製品中で一番の低温モデル
熱くなりにくいアイリスオーヤマ

アイリスオーヤマ
LDA7L-G-6T6
実勢価格:700円

【総合得点】22/40点

アイリスオーヤマ」は“普通”な感じの光ですが明るさは十分。熱くなりづらく安心して使えます。

価格の高さが気になるものの
部屋中が明るくなるドウシシャ

ドウシシャ
ルミナス
CM-A60GL
実勢価格:980円

【総合得点】22/40点

ドウシンシャ」のLED電球は、やや白い光が広がり、部屋が明るくなります。ただ少し価格が高いのが残念でした。

5位: 明るくやや白い光が広がる
バランス◎な三菱ケミカルメディア

三菱ケミカルメディア
Verbatim
LED LDA8L-G/V6
実勢価格:692円

【総合得点】21/40点

やや白い光が広がり明るいモデルの「三菱ケミカルメディア」が第5位。金具も熱くなりすぎません。

5位: 場所を選ばず使える
“普通”で違和感のない東芝

東芝
LED電球
LDA8L-G-K/60WST
実勢価格:900円

【総合得点】21/40点

東芝」はいわゆる“普通”な感じの光です。場所を選ばず違和感なく使えます。

7位: 照度のわりに明るく感じない
赤色系で暗い光のalantis

alantis
LED電球
6個
実勢価格:1998円
※1個あたり約333円

【総合得点】18/40点

alantis」は、茶色に近い赤系の光です。照度のわりに明るく感じられないのが残念でした。

8位: 実際の数値より明るく感じる
5個入りでコスパのよいLotrue

Lotrue
LED電球
5個
実勢価格:1899円
※1個あたり約379円

【総合得点】15/40点

8位となった「Lotrue」の照度は最下位でしたが、数値よりは明るく感じました。コスパもいいです。

8位: 緑っぽい光が場所を選びそう…
コスパは文句なしのDollas

Dollas
LED電球
6個
実勢価格:1688円
※1個あたり約281円

【総合得点】15/40点

同率で8位の「Dollas」は、照度が低く緑色っぽい光。コスパはいいので、使う場所によってはお得です。

オシャレなインテリアにもなる
おすすめのクリアLED電球3選

最近のLED電球は、アンティークっぽい雰囲気が楽しめるクリアタイプも登場しています。インテリアとして楽しむなら、雰囲気重視で選ぶのもありですよ。ここからは、おすすめのクリアLED電球3製品を紹介します。

「オンリーワン」
金色がお洒落で間接照明向き

オンリーワン
ザ・バルブ
TミラーゴールドLDF39
実勢価格:1280円

「Tengyuan」
レトロな形で部屋を明るく

Tengyuan
Tengyuan LED電球
エジソンランプアンバーガラス
実勢価格:605円(1個あたり)

「エジソン バルブ」
照度は低めだけど雰囲気が良い

エジソン バルブ
調光器対応
エジソンバルブLEDスパイラル
実勢価格:2860円

信頼性の国内メーカー
海外製は価格で勝負

今回行ったLED電球検証結果のランキングでは、パナソニックやアイリスオーヤマ、ドウシンシャなど国内メーカーのモデルが上位に並びましたが、コスパ重視なら海外メーカーが狙い目。1個300円台の驚きの価格が揃い、300円を切るモデルまで登場しています。価格が高めというイメージのあったLED電球も価格破壊の波が来ているようです。

ただ、LED電球は寿命が長いため、一度交換するとしばらくその光のもとで過ごすことになります。色味は製品によって違いがあったため、明るさや色味には注意して選んだほうがよさそうです。