※情報は記事掲載時のものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

スマートフォンエンタメを楽しむなら
BIGLOBEモバイル

安定した速度を記録したBIGLOBEモバイル。料金プランも多く用意されており、突出したものはないものの全体的にバランスのいい格安SIMです。

『家電批評』の格安SIMランキングでも3位にランクイン! その理由は容量を気にせず楽しめる「エンタメフリー・オプション」にありました。

▼格安SIM総合ランキングをみたい人はコチラ

では、さっそくBIGLOBEモバイルの特徴を詳しく見ていきましょう!

スマートフォン速度が安定していたタイプA!
480円でエンタメフリー

ビッグローブ
BIGLOBEモバイル
月額料金:1600円/月
(3GB/音声通話SIM)

『家電批評』で格安SIMの比較検証を行った結果、3位に輝いたのがBIGLOBEモバイル。

ドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)という2つの通信回線が用意されています。この2つのキャリアからの乗り換えなら、既存の端末をSIMロック解除なしで使うことが可能です。

▼au回線(タイプA)の採点結果

  • 順位: 3/23
  • 速度: 41/55
  • データ: 20/27
  • サービス: 22/35
  • 販売: 7/23
  • 通話: 7/15
  • 合計: 97/155

音声通話SIMには最低利用期間が12カ月設けられていて、この期間に解約をすると違約金1000円が発生します。
※2019年9月30日以前の契約の場合は8000円

▼ドコモ回線(タイプD)の採点結果

  • 順位: 15/23
  • 速度: 21/55
  • データ: 20/27
  • サービス: 22/35
  • 販売: 4/23
  • 通話: 7/15
  • 合計: 74/155

au回線と比べると「速度面」で大きく点数を下げたことにより、ドコモ回線は15位に。

【特徴① 通信速度】
タイプAは一切速度が落ちません

▼プラン表

  • プラン種別: 音声通話SIM[タイプA、タイプD]: データSIM(SMS付)[タイプA、タイプD]: データSIM(通信のみ)[タイプD]
  • 1GBプラン: 1400円: -: -
  • 3GBプラン: 1600円: 1020円: 900円
  • 6GBプラン: 2150円: 1570円: 1450円
  • 12GBプラン: 3400円: 2820円: 2700円
  • 20GBプラン: 5200円: 4620円: 4500円
  • 30GBプラン: 7450円: 6870円: 6750円

24時間計速の結果を見てみましょう。
1ギガから30ギガまで、広いプランが用意されています。

まずは、au回線の速度表です。

▼au回線(タイプA)の通信速度

  • 時間帯: 0時台: 1時台: 2時台: 3時台: 4時台: 5時台: 6時台: 7時台: 8時台: 9時台: 10時台: 11時台: 12時台: 13時台: 14時台: 15時台: 16時台: 17時台: 18時台: 19時台: 20時台: 21時台: 22時台: 23時台
  • 通信速度: 16Mbps: 27.8Mbps: 11.3Mbps: 42.7Mbps: 52.975Mbps: 26.475Mbps: 13.5Mbps: 21.075Mbps: 34.2Mbps: 9.425Mbps: 9.8Mbps: 10.05Mbps: 9.6Mbps: 9.625Mbps: 10.425Mbps: 8.6Mbps: 9.6Mbps: 10.65Mbps: 10.4Mbps: 9.825Mbps: 10.35Mbps: 9.725Mbps: 9.35Mbps: 13.975Mbps

平均速度は16.56Mbps最高速度は52.96Mbps最低速度は8.6Mbpsで、混み合うお昼の12時を含め、1日中4Mbpsを下回ることはありませんでした。


次はドコモ回線の速度表です。

▼ドコモ回線(タイプD)の通信速度

  • 時間帯: 0時台: 1時台: 2時台: 3時台: 4時台: 5時台: 6時台: 7時台: 8時台: 9時台: 10時台: 11時台: 12時台: 13時台: 14時台: 15時台: 16時台: 17時台: 18時台: 19時台: 20時台: 21時台: 22時台: 23時台
  • 通信速度: 51.975Mbps: 18.45Mbps: 12.733Mbps: 17.933Mbps: 49.925Mbps: 49.4Mbps: 49.425Mbps: 25.975Mbps: 48.325Mbps: 9.95Mbps: 10.25Mbps: 8.675Mbps: 1.15Mbps: 1.375Mbps: 1.525Mbps: 1.375Mbps: 1.425Mbps: 1.45Mbps: 1.5Mbps: 1.525Mbps: 1.5Mbps: 1.475Mbps: 10.4Mbps: 52.875Mbps

平均速度は17.94Mbps最高速度は52.86Mbps最低速度は1.15Mbps。夜中から朝方にかけてはかなりの速度が出るため平均速度はau回線より出ていますが、12時から21時ごろまでは速度が大きく落ちてしまっています。

この差は速度をグラフにするとよくわかります。

Aタイプは24時間すべての時間帯で4Mbpsを上回っています。
9時台から速度が落ちるものの、10Mbps付近をキープ。24時間安定した速度が保たれているのがわかります。また、タイプDも似た動きをしていますが、12時台から4Mbpsを下回ってしまいました。

●3日間制限
あり(直近72時間の通信量が6GBを超えた場合)

●バースト機能
なし

●低速時の速度
200kbps

【特徴② データ(カウントフリー)】
YouTube見放題のオプション
"エンタメフリー"は見逃せない!

BIGLOBEモバイル最大の魅力は、エンタメフリー・オプションです。

このオプションをつけると、対応するサービスを利用するとき通信量がかからないというもの。対応サービスも21種類と多く、まさにエンタメに特化した内容となっています。

●利用料金●
音声通話SIM:480円/月
データSIM:980円/月

対象サービス数だけでもかなりのお得感です。同じくカウントフリーオプションが優秀なLINEモバイルはSNSに特化していますが、BIGLOBEモバイルは通信量が多い動画・音楽系が充実しているので、YouTubeのヘビーユーザーや一日中radikoを使っている人はマストと言っていいでしょう。

音楽動画だけではなく、dマガジン、dブックにも対応。ギガを気にせずに常に最新の雑誌を読むことができます。

一部エンタメフリー対象とならないケースがあるので、その点は注意です。

▼カウントフリーについてもっと知りたい人は、こちらもチェック!

【特徴③ サービス】
スマホ利用料金で便利なポイントが貯まる

月々の利用料金やアンケートに回答することで「Gポイント」というポイントを貯めることができます。

Gポイントは業界最大級の120種類のポイントへの交換が可能。
スマホ料金の支払いはもちろん、アマゾンギフト券、dポイント、nanacoポイントなどと交換可能です。

ほかにも各種航空マイル、電子マネーや銀行口座へ現金交換も。月々の支払いで勝手にポイントが貯まるのはかなりの魅力です。

【特徴④ データ(料金プラン)】
料金プランを幅広く選べる

BIGLOBEモバイルの料金プランは6種類。1ギガ、3ギガ、6ギガ、12ギガ、20ギガ、そして30ギガプランです。
自分の用途によって、幅広いデータ容量プランを選べるのは魅力のひとつ。

シェアSIM:SIM子

SIMをシェアすることでデータ容量を分け合うこともできます。家族で使えばよりお得です。


ちなみに電話をよく使うという人には通話オプションをつけるのもオススメ。月830円で10分以内、月600円で3分以内の電話なら、何度でもかけ放題なので、通話料金を節約することができます。

通話パック

●オプション料金
・スマート留守電:290円/月
・割込通話:200円/月
・転送電話:無料
・BIGLOBE端末あんしんサービス:380円/月
(持込の場合、500円/月)
・スマホバックアップ:500円/月
・メールサービス:無料
(BIGLOBEメール/1アドレス)
・利用明細サービス:無料(WEB)
・Wi-Fiサービス(BIGLOBE Wi-Fi):250円/月
(6GB以上のプランは1ライセンス無料)
・テザリング機能:無料
・SMS:受信料のみ無料

●独自サービスオプション
・あんしん電話フィルター:300円/月


カフェやコンビニで使える
BIGLOBEのWi-Fiスポット

通信サービス

全国8万5000カ所に展開しているBIGLOBEのWi-Fiスポット。カフェやコンビニ、鉄道主要駅や空港で利用できます。
6GB以上のプランなら1ライセンス無料で使えるものもあるので、プラン選びの参考にしてみましょう。

●対応しているカウントフリー
エンタメフリー:480/月(データ専用SIMの場合、980円/月)

●データチャージ
・100MB/300円

●データ繰り越し
対応

上限はありますが、余ったデータ容量を翌月に繰り越せるのは便利です。ただ、翌々月以降は繰り越されないのでご注意を。

【特徴⑤ 販売】
自宅への訪問設定もアリ!

販売店は関東中心に増えており、即日購入OK。また、パッケージはAmazonでも販売中です。

店舗が近くにないときは「ご自宅訪問設定」を申し込めば、訪問員が自宅に来てくれて、新規申し込みの手続きをしてくれます。同時に初期設定もサポートしてくれるうえに、出張サービス料はなんと無料(2020年3月現在)。
ドコモ回線のみで、かつ対象のスマホは限られていますが、設定に不安がある人はお願いするといいかもしれません。

●可能な支払い方法
・クレジットカード:可能
・デビットカード:不可能
・口座振替:可能
・その他:特になし

実は口座振替が可能な格安SIMは多くなく、そういった点でも格安スマホ初心者が買いやすいようになっています。

●初期費用
・プラン申込手数料:3000円
・SIMカード準備料:394円

●MNP転出手数料・解約金
・MNP転出手数料:3000円
・解約金:音声通話サービス契約解除料/1000円(サービス開始日の翌月~12カ月)

【割引・特典】
光回線とセットで300円引き!
さらにお得なキャンペーンもアリ

通信会社として固定回線を提供しているビッグローブだけに、対象の光回線とBIGLOBEモバイルを両方利用することで、毎月最大300円が割り引かれる「セット割」があります。
※対象プランは「6ギガ以上のタイプD」

さらに3月31日までですが、音声通話SIM3GB以上のプランに新規で申し込むと初月無料かつ6カ月間1200円引きに!

すでにBIGLOBEモバイル3GB以上を契約している人も、エントリーすれば6ヵ月1200円引きは適用可能。BIGLOBEカスタマーサポートに電話してキャンペーンコード「M1200」と伝えてみよう。

●BIGLOBEカスタマーサポート インフォメーションデスク
電話番号:0120-86-0962(通話料無料)
     03-6385-0962(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
受付時間:9時~18時(365日受付)

さらにBIGLOBEモバイル最大の特徴のエンタメフリー・オプションも初回申込のみ最大6ヵ月無料!

こちらも3月31日までのキャンペーンなので要注意。期間が延びてくれるのを期待したいところです。

【専用アプリ】
明細や通信量をサクッと確認!

MyBIGLOBE

My BIGLOBE
価格:無料
動作環境:iOS バージョン 9 以降/ Android バージョン 4.4 以降

専用アプリはiOS、Androidどちらにも対応しており、データ通信量、利用明細などすぐに確認できます。

●機能
・高速モードの切り替え:非対応
・明細:対応
・データチャージ:対応
・契約変更:非対応
・解約:非対応

BIGLOBEモバイルを解約するには…?

解約するときは電話での手続きが必要です。また、MNP転出をするかどうかで連絡先が変わるので注意。

●MNP転出する場合
電話番号:0120-983-028(通話料無料)
     03-6479-5608(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
受付時間:9時~18時(年中無休)

●MNP転出しない場合
電話番号:0120-923-402(通話料無料)
     03-6327-1632(通話料有料)携帯電話、PHS、IP電話の場合
受付時間:9時~18時(年中無休)

タイプAの場合はSIMの返却は不要なので、そのまま破棄しましょう。タイプDはSIMの返却が必要になります。

なお、解約時に以下のものが必要になる場合があります。手元に用意しておくとスムーズです。
・解約理由
・契約者名
・暗証番号
・SIMの電話番号

BIGLOBEモバイルは、サービス開始月の翌月から12カ月の最低利用期間内に解約をすると、解約金1000円が発生します。

ただし既存ユーザーは要注意! 2019年9月30日以前に契約したユーザーは、最低利用期間内での解約金が8000円です。
日割り計算もないので、もし解約をするときは、マイページでしっかり金額を確認しましょう。

【こんな人にオススメ】
動画や音楽をメインに
スマホを使う人に最適!

松田健人
the360.life編集部
松田健人 のコメント

BIGLOBEモバイルの最大の魅力はカウントフリーである「エンタメフリー・オプション」です。日ごろから動画や音楽をスマホで楽しんでいるという人は、通信量がかからないBIGLOBEモバイルがオススメ。特にau回線は安定した速度でずっと楽しむことができます。