家電急速充電器付きで1699円は
本当にお買い得なのか?

Amazonで日替わりで行われているタイムセール。その中で、たびたび見かけるのが、EBLという充電池です。

只今も、単三急速充電と電池4本のセットが、1699円でセール中です。

EBL
単三急速充電セット
実勢価格:1999円(4本組)→ 1699円
★セール対象商品

(画像はアマゾンより)

サンロクマルでは、先日、充電池19製品の中で、どれが一番長持ちかなのかを比較、ランキングにして発表しました。

その中で、EBLの同モデルもテストしていますので、レポートします。

テストしたのはこちらの製品です。

EBL
EB-81122
ハイエンドモデル
実勢価格:1599円(8本組)
公称容量:2800mAh
充電可能回数:約1200回
実勢単価:200円


テストでは、充電池の持ち具合(1回フル充電した後、1本で持つ時間はどれくらいなのか)を比較。

電池に一般的なLEDライト程度のダミー抵抗を接続し、電圧が1.0V(一般的に機器が動かなくなる電圧)に到達するまでの時間をデータロガで監視・記録。試験は2回行い、平均しました。

EBLの結果は以下の通りで、19製品中6位という結果でした。

2800mAhという容量にしては、少々物足りない結果でしたが、19位中6位というのは、なかなか健闘です。

1.0Vになった時間:400分

一方、1位になったのは、おなじみエネループシリーズの「プロ」でした。

パナソニック
エネループ プロ BK-3HCD(Amazon限定)
ハイエンドモデル
実勢価格:1893円(4本組)
公称容量:2500mAh
充電可能回数:約500回
実勢単価:474円

1.0Vになった時間:454分

家電最高コスパの充電池は
TYBATTの2800mAhです

セール中の価格を考えると、EBLもお買い得であることは間違いないですが、少しでも長持ちするものを選ぶなら、他の選択肢もあります。

サンロクマル的にはこちらのTYBATTがおすすめです。

テスト結果は19製品中2位。実勢価格はEBLの通常価格と同じく単価200円です。

TYBATT
型番不明
ハイエンドモデル
実勢価格:1599円(8本組)
公称容量:2800mAh
充電可能回数:約1200回
実勢単価:200円

1.0Vになった時間:451分

持ち時間は、451分とエネループプロに迫る結果を記録。非常にお買い得な製品といえます。

以上、セール中の充電池のお買い得度を検討しました。ぜひ、参考にしてみてください。