マネー金券の株主優待は
増税対策にもってこい

10月に消費税が10%に増税される予定ですが、そうなると個人だけでなく、家計全体の負担増は避けられません

もしかしたら、すでに世のサラリーマンの皆様は、奥さんへ小遣いアップ交渉の真っ只中かもしれません。でも、奥さんがなかなか首を縦に振らない、それどころか家計へお金を回すためお小遣いが減額されるなんてことになるかもしれません。

そうなってしまったら、なんとかしてお小遣いを捻出しなくてはなりませんね…。

そんなとき有効な手のひとつが「 株主優待投資」 です。株主優待の中には、お米や日用品など以外にも、図書カードクオカードなどの金券がもらえるものがあります。とりわけクオカードは、使えるお店が幅広く使い勝手が良く、現金同様に使えるので増税分をカバーしてくれて、奥さんにナイショで実質的なお小遣いアップにつながるしれません。また、配当金は課税対象ですが、優待でもらえる金券には税金がかからないのもメリットですよね。数万円から買える株も多いのも嬉しいところです。

※クオカード公式ホームページより

図書カードやクオカードなど、金券の株主優待を実施している企業は意外に多くあります。

今回は、投資や株主優待のプロ8人に聞いた、人気の「金券」優待を実施する企業のおすすめランキングを作成しました!

銘柄を検討する前に、まずは金券の株主優待銘柄の選び方のポイントをしっかり抑えていきましょう。

マネー使い勝手の良い金券優待を
選ぶポイントはコチラ

金券は、株主優待の中でも特に高い人気を誇ります。使える場所が多いうえ、換金性も高いので間接的な利回りも高く、とてもお得です。

そんな金券の優待銘柄はどのようにして選べばいいのでしょうか? 株式投資の専門家にご協力いただいて、選び方の2つのポイントを解説します。

[金券優待の選び方①:おつりがもらえるかどうか]

(C) takkuu/123RF.COM

ポイントは、優待でもらえる金券はおつりがもらえるかどうか、ということ。おつりがもらえる金券なら無駄なく使えるので、どんな買い物でも使いやすいです。

大山弘子 氏
マネーライター・ファイナンシャルプランナー
大山弘子 氏 のコメント

配当利回りが市場平均以上(19年4月25日時点では日経平均株価の予想配当利回りが2.08%なので、それ以上)あるなら、業績がよく、かつそれと同等くらいの水準の株主優待も実施しているならば、株主還元に積極的な会社である可能性がある。おつりがもらえない金券だと、それ以上の金額の買い物にしか使えず、使い勝手がいいとはいえない。

[金券優待の選び方②:優待利回りが高すぎないか]

(C) tadamichi/123RF.COM

金券優待は企業にとって負担が大きいため、「廃止」のリスクがつきもの。だいたい5~6%超程度を目安に、優待利回りが高すぎないかをチェックしましょう。

藤原久敏 氏
ファイナンシャルプランナー
藤原久敏 氏 のコメント

クオカード等の金券優待は、企業にとって経済的負担が大きく、突然の「廃止」リスクが高い。とくに上記の場合には、その「廃止」リスクには要注意である。

マネークオカードなど金券優待は
優待廃止リスクが高い点には注意

優待選びの基本中の基本は、しっかりと利益を出している会社から選ぶこと。なぜなら、株主に贈る優待は、企業の利益から捻出するため、当然利益が少なかったりマイナスで余裕がない企業にとっては、優待品は大きな重荷(コスト)となってしまい、改悪や廃止など見直しの対象となってしまうからです。

また、業績が落ち込んでも自社商品を優待にしている企業は、その優待品をきっかけに株主が将来自社の顧客になる可能性があるため、改悪しにくい傾向にあります。

対して、クオカードなど金券優待を採用している企業は、改悪・廃止になりやすい傾向にあるので要注意です。2018年は、エリアクエスト(東2・8912)が、3月にクオカード優待を採用しましたが、そのわずか5ヶ月後の8月に優待廃止を発表しました。他のジャンルの銘柄以上に、しっかりと業績などをチェックしましょう。

以上のことを踏まえて、長期間安心して優待がもらえる企業を選びたいところです。

ではいよいよ、この選び方ををもとにしたランキングを発表します!

記事1位BEST全国の丸善・ジュンク堂で使える!
丸善CHIホールディングス

丸善CHIホールディングス

■優待紹介
書籍販売の大手グループです。大型書店を全国に展開するとともに、近年ではネット上で書籍を販売する「honto」の運営にも力を入れています。100株以上保有で500円相当の商品券がもらえます。全国の「丸善」「ジュンク堂」の店舗で利用できるので、使い勝手は抜群に良いです。

大山弘子 氏
マネーライター・ファイナンシャルプランナー
大山弘子 氏 のコメント

おつりは出ないので、額面以上の買物で使用しましょう。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:500円相当の丸善、ジュンク堂書店で使える商品券
2000株以上:3000円相当の丸善、ジュンク堂書店で使える商品券
5000株以上:6000円相当の丸善、ジュンク堂書店で使える商品券
※保有株式数に応じて枚数が増えます。

■権利確定月
7月末

記事2位BEST長期保有でさらにお得!
明光ネットワークジャパン

明光ネットワークジャパン

■優待紹介
個別指導塾「明光義塾」をはじめ、「明光サッカースクール」、「明光キッズ」、「早稲田アカデミー個別進学館」などを運営しており、医系大専門予備校の「東京医進学館」も異彩を放っています。100株以上保有でクオカード1000円相当がもらえます。

藤原久敏 氏
ファイナンシャルプランナー
藤原久敏 氏 のコメント

長期保有優遇を活用するためにも、3年以上の継続保有を前提とした購入が望ましい。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:クオカード1000円
500株以上:クオカード2000円
1000株以上:クオカード3000円
※3年以上継続保有の場合+2000円

■権利確定月
8月末

記事3位BESTCMでおなじみ稲葉製作所の優待
稲葉製作所

稲葉製作所

■優待紹介
物置に大勢の人が乗ることでおなじみの企業です。主に物置などを製造・販売しています。またオフィス家具では自社ブランドのほかに内田洋行などにもOEMを展開しています。優待は100株以上でオリジナル図書カードなどがもらえます。

藤本誠之 氏
財産ネット 企業調査部長
藤本誠之 氏 のコメント

CMでおなじみの稲葉製作所。トランクルーム向け新製品が好調のようです。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:1000円相当のオリジナル図書カード
300株以上:3000円相当の地域特産品またはオリジナル図書カード(1月)
※上記は7月末
※1000株以上保有で1月末に1000円相当のオリジナル図書カード追加

■権利確定月
1月・7月末

4位: 人気のクオカードが年2回
日本ギア工業

日本ギア工業

■優待紹介
自動車用歯車装置やバルブアクチュエーター、減速機、ミキサー、ジャッキなどの設計、製造、販売を行っています。200株以上保有で1000円分のクオカードが年2回もらえます。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

株価が安く、気軽に200株購入できる注目銘柄です。

■詳しい優待内容はコチラ
200株以上:1000円分のクオカード

■権利確定月
3月・9月末

5位: 長期保有でカタログギフトも選べる
全国保証

全国保証

■優待紹介
住宅ローンを保証する信用保証業務に携わっています。100株以上保有で3000円相当のクオカードがもらえます。1年以上の長期保有者への優遇制度では、5000円のクオカードまたは5000円相当の商品カタログの中から1点のいずれかがもらえます。

田嶋智太郎 氏
経済アナリスト
田嶋智太郎 氏 のコメント

1年以上継続保有で、5000円相当のクオカードもしくはカタログギフトが選べます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上(1年未満): 3000円分のクオカード
100株以上(1年以上): 5000円分のクオカードまたは5000円相当のカタログギフトから1点

■権利確定月
3月末

6位: 投資初心者にもオススメ
秀英予備校

秀英予備校

■優待紹介
静岡や愛知など東海地区を中心に全国で小・中・高校生向けの集団指導塾を運営しています。100株以上保有で500円分の図書カードがもらえます。

かすみちゃん
個人投資家
かすみちゃん のコメント

配当金と株主優待合わせた総合利回りが高い点も大きなメリット。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:500円分の図書カード

■権利確定月
3月・9月末

7位: 披露宴割引券も大きな魅力
ブラス

ブラス

■優待紹介
名古屋を拠点とし、直営の完全貸し切り型ゲストハウスでのウェディング事業を、東海地方を中心に全国で展開しています。100株以上保有で1000円相当のクオカードや自社店舗で利用できる披露宴割引券10万円相当がもらえます。

藤本誠之 氏
財産ネット 企業調査部長
藤本誠之 氏 のコメント

完全貸し切り型ゲストハウスでのウェディングで他社との差別化を図っています。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:自社店舗で利用できる披露宴割引券10万円分、クオカード1000円分、株主向け食事会に特別価格で招待

■権利確定月
7月末

8位: 長期保有優遇がうれしい
タマホーム

タマホーム

■優待紹介
住宅注文事業や戸建分譲事業を展開しています。100株以上保有で年間1000円分のクオカードがもらえ、3年以上保有で年間2000円分がもらえます。また、2019年8月贈呈分に限り、クオカードを送付することで株主優待割引券がもらえます。

戸松信博 氏
グローバルリンクアドバイザーズ 代表
戸松信博 氏 のコメント

予想配当+優待利回りは高く、インカムゲインとしても、非常に重宝します。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:クオカード500円分(保有期間3年未満)、1000円分(保有期間3年以上)
※2019年8月贈呈分より、住宅購入・リフォーム時の株主優待割引券廃止にともない、贈呈したクオカードと交換で株主優待割引券を贈呈

■権利確定月
5月・11月末

9位: クオカードがもらえる高配当銘柄
学究社

学究社

■優待紹介
東京を中心に小中学生向けの学習塾「ena」などを運営しています。100株以上保有で1000円分のクオカードがもらえます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:クオカード1000円分

■権利確定月
3月末

10位: 長期保有すれば金額UP!
日本取引所グループ

日本取引所グループ

■優待紹介
東京証券取引所ほか、金融商品取引所の運営などを行っています。100株以上保有でクオカード1000円分がもらえ、継続保有年数によって金額がグレードアップします。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:クオカード1000円分
※長期継続の場合、1年以上2年未満で+1000円、2年以上3年未満で+2000円、3年以上で+3000円

■権利確定月
3月末

使い勝手のよい、図書カードやクオカードなど、金券の株主優待ランキングでした。ぜひ検討してみてくださいね!

また、「これから株主優待を始めたい」「もう一度株主優待の基礎から知りたい」という方はこちらの記事を読んでみてくださいね。

さらに、投資を始めるにあたって証券会社の口座をまだ持っていない、という人はこの記事をチェックしてみてください。


(取引市場の文中略)
東1→東証一部
東2→東証二部
JQ→東証JASDAQ(スタンダード)

(タイトル写真)
(C)/123RF
※記事内掲載の優待品とは関係のないイメージ写真です。

(免責事項)
本記事にて掲載されている株価、優待情報などは2019年5月中旬時点のものです。また、投資による利益を保証するものではありません。投資のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。掲載している優待内容は一部です。詳細は各社ホームページをご確認下さい。一部店舗で利用できない優待もありますのでご注意ください。