<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』2019年7月号の情報を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティーアイメイクを少し変えるだけでOK! 若返りメイク術

メイクも洋服や髪形などのファッションと同じように、時代によって流行があります。「自分にとってはこれがベスト!」と思っていても、流行からずれてしまうと古臭く見える場合もありますよね。

特に、顔の印象を決めるアイメイクは、ちょっとやり方を変えるだけでぐっと若返ったり、逆に老けて見えたりするものです。今回は、プロのヘアメイクアーティストさんが勧める「抜け感」を盛り込んだ若返りメイク法をご紹介します。日々のメイクにぜひ取り入れてみてください!

ビューティー時代や流行が出やすいアイメイク! 濃くなりすぎないように

メイクの中でも、ついつい力を入れてしまいがちなアイメイク。特に眉は目立つ部分なので、少しでも流行とずれていると古臭く感じてしまいます。

くっきりとした目の周りの黒い縁どりアイラインや、はっきりした眉を描くのはかえって老けて見えてしまうので注意してくださいね!

最近のトレンドは「抜け感」がポイント! 輪郭をぼかしたナチュラルなふんわり眉に、目の周りも盛りすぎない控えめなメイクが正解です。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

盛るよりも抜け感が大事! 眉毛は時代が出やすいので注意。

今風なメイクに仕上げるのに特別なテクニックは必要ありません。どういうところに注意すればいいのか、ここからは具体的なポイントをおすすめのアイテムとともにご紹介していきます。

ビューティー【その1:アイメイク】薄い色のライナー×控えめマスカラ

アイメイクは顔の印象がガラッと変わる大事な部分。特に「アイライナー」と「マスカラ」は、いかに薄めにメイクするかが重要です。

まずは、アイライナー。目をくっきり大きく見せるために絶対必要なアイテムですが、黒々と目の周りを縁どるのはNG。

抜け感を出すためにも、アイライナーは茶色やグレーなどの薄めのカラーをチョイスしましょう。まつ毛の生えている部分の毛と毛の隙間を埋めるくらいの間隔で、ちょんちょんと描く程度でOK。最後にラインを整えるように引きます。線は細めに描くのが今風メイクのポイントですよ。

▼おすすめのアイライナー

UZU
アイ オープニング ライナー
カラー:グレー
実勢価格:1650円

持ちやすい八角形のフォルムで、細かい部分も繊細に描けるアイライナーです。カラーバリエーションが豊富で、なかでも特におすすめなのが絶妙な色みで抜け感のある目元になれるグレー!

濃すぎない色合いがとってもスタイリッシュです。

まつ毛をぱっちり見せるために欠かせないマスカラですが、上下のまつ毛に濃く塗ってバサバサの状態にするのは時代遅れ。アイライナーと同様に、マスカラも塗りすぎないことが重要です!

なるべく繊維の入っていないロングマスカラを上のまつ毛だけに塗り、下のまつ毛には塗らないようにしてみてください。目尻だけにサッと塗るのも上品に仕上がりますよ。

▼おすすめのマスカラ

MEIQUE
まつ毛が RAKUDAマスカラロング
実勢価格:2130円

お湯で落とせるフィルムタイプで、薄づきで自然に地まつ毛が伸びたように仕上がります。キープ力も高く、ダマになりにくくて1本1本キレイに分かれるので抜け感もバッチリ!

ビューティーその2:アイブロウ
パウダーorマスカラでふんわりと

眉も、顔の印象を左右する重要なパーツ。ペンでしっかり眉毛を描くと、眉が強調されすぎて古臭さを感じるメイクになってしまいます。

アイブロウは髪色に合わせたカラーパウダーやマスカラで、ふわっと描いて最後にブラシでぼかすようにするのが正解! ふんわりナチュラルに仕上がり、顔全体が若々しく見えます。年齢を重ねると眉毛は少し上がっていくので、やや下目に描くのも若見えのポイントです。

▼おすすめのアイブロウ

ヴィセ リシェ
カラーリングアイブロウパウダー 
カラー:BR-3
実勢価格:2670円

眉毛にぴったり密着して、ブラシで取っても粉落ちしない優秀アイテム。「LDK the Beauty」では2017年から3年連続でベストバイに輝いています。

発色の良いカラー4色セットなので、初心者でもトレンドの抜け感ある眉が簡単に作れちゃいます!

以上、年齢に合わせたアイメイクをご紹介しました。

眉や目の周りのメイクは頑張りすぎると逆に老けて見えてしまうので、やりすぎは禁物です! 薄くしたりぼかしたりして抜け感を意識した、マイナス5歳の若見えメイクにチャレンジしてみてください。