<外部サイトでご覧の方へ>
見出しなどのレイアウトが崩れている場合があります。正しいレイアウトはthe360.lifeオリジナルサイトをご確認ください。

※本記事は、『LDK the Beauty』の過去の記事の情報を再編集したものです。価格が変動している場合や在庫切れしている場合があります。

ビューティー間違ったエイジングケアは逆効果! 新常識でよりよいケアを

「最近、お肌の調子が変わってきた気がする」、「そろそろエイジングケアを始めたほうがいいのかも……」そうは思っているものの、正しいケアの方法がいまいち分からない、という人も多いのではないでしょうか?

でも、過去の古い知識を元に自己流でケアをしてしまうと、余計に肌を傷めてしまう可能性もあります。そこで、テストする美容誌『LDK』が美容とコスメのプロに聞いた「エイジングケアの新常識」を大公開します!

ビューティー老け見え3大ポイントを改善! 集中ケアで10歳若返りも夢じゃない!?

「若見え」か「老け見え」かの3大ポイントは、「目尻のシワ」「シミ」「ガサガサ肌」です。この3つのポイントを改善することで、血色がよく、透明感やツヤ感のある若見え肌へと近づきます。キメを失った弾力のない肌や、シミを集中的にケアすれば、見た目年齢を10歳若返らせることもできるんです!

[目尻のシワ]
早い人なら20代後半から「目尻のシワ」が現れるようになります。その兆候が現れたらすぐにエイジングケアに切り替えたいところです。

[シミ]
シミは紫外線が原因なことが多いですが、それ以外にも、不規則な生活によって現れることも。エイジングケアのためには規則正しい生活を心がけることが大切です。

[ガサガサ肌]
肌の水分が失われ、うるおいがなくなると肌はとたんにガサガサしてきます。しかも、加齢による乾燥肌は化粧水だけでは改善できません。ブースターや美容液、クリームなどを肌の状態に合わせて適切に使っていく必要があります。

小西さやか 氏
コスメコンシェルジュ
小西さやか 氏 のコメント

ポイントを知れば効率的なケアができますね!

ビューティーエイジングケアのはじめ時は? 化粧水は30代から見直しマスト

女性の肌の皮脂量が減り始めるのは、30代に入ってから。その頃にはエイジングケアを意識して、化粧水を見直していきたいものです。

女性の肌の皮脂量は30代をピークにどんどん少なくなっていくのが分かります。皮脂が減ってくると、肌の水分も蒸発しやすくなり、乾燥肌になる人が増えるんです。

スキンケアを見直すのに最適なのはこの、皮脂分泌量が低下していくタイミングです。

▼エイジングケア化粧水

無印良品
エイジングケア化粧水 高保湿タイプ
実勢価格:2280円

無印良品から販売されているエイジングケア化粧水。普段使っている化粧水などの保湿成分を確認し、アラサーの間にエイジングケアへの切り替えを検討していくとよさそうです。

ビューティーエイジングケアに有効な注目成分とは?

プロ注目のエイジングケアに有効な成分は、「レチノール」「幹細胞、ペプチド」「ナイアシンアミド」「高濃度のビタミンC誘導体」の4つ。エイジングケアには、ハリをアップさせてくれるもの、代謝や水分量を増やしてくれるもの、美白効果があるものがおすすめです。

小西さやか 氏
コスメコンシェルジュ
小西さやか 氏 のコメント

成分を知れば化粧品選びも上手になります。

ビューティー高額なスキンケアなら安心? 実は安くても良いものもあります

良質な成分が多く配合されているスキンケア用品はやはり、高額なものが多いです。でも、近頃では、安価な商品のなかでも成分や量にこだわったコスパのいいものが増えてきています。

▼高級エイジング化粧水の例

コスメデコルテ
リポソームトリートメントリキッド
実勢価格:7500円

高級化粧水を代表してご紹介するのが、コスメデコルテの「リポソームトリートメントリキッド」。

「シロキクラゲエキス」という美肌効果の高い成分が配合されています。

一方、1000円以下で購入できる「日本酒の化粧水」の成分表示も見てみましょう。
▼コスパのいいエイジング化粧水の例

菊正宗
日本酒の化粧水
実勢価格:634円

「セラミド3」「セラミド6Ⅱ」といった、良質な成分が配合されています。

価格だけを見て「高いものは効果も高い」「安いものは効果が低い」と決めつけてしまうのはもったいない! 自分の肌に何が必要なのかをしっかりと見極めていけば、お肌的にもおサイフ的にも、自分に合ったものを上手に選べます。

以上、4つのエイジングケア新常識をお届けしました! 老け見えポイントの改善や、注目成分のチェックなど、タメになる情報が多くあったのではないでしょうか。これを参考に、あなたのお肌に合ったエイジングケアを始めてみてくださいね。