マネー人生100年時代のこれからは資産運用が必須!

(c)hikdai/123RF.COM

「人生100年時代」と言われる今、65歳以降の年金だけで暮らしていく期間が長くなり、老後資金が枯渇することに対する不安が広がっています。

年金だけでは老後資金を賄えないのは、老後資金2000万円問題のニュースで知れ渡りましたが、では、その不足を補うほどの貯金があるかといえば、そうではない人が多いのが実情です。例えば、二人以上で暮らしていて貯蓄がない世帯の割合は、2013年の時点で30%を超えています。

また、定年時に受け取る退職金の額も減っていて、勤続35年以上の場合の退職金はこの10年で約500万円も減少しています。また、退職金制度自体がない会社も増えています。

実際、日本の家計の金融資産はここ20年増えていません。しかし、それに比べてアメリカやイギリスでは、家計の金融資産は2~3倍に増えています。それは、資産運用をして金融資産を増やしているからです。

つまり、これからは日本も資産運用をして、手元のお金を増やすことを考えなければならない時代になったわけです。

マネー「毎月貯金してるから」はNG! 銀行は“預かり箱”状態です

「うちは毎月しっかり貯蓄している」という世帯ももちろんあると思いますが、多くのメガバンクの定期預金金利(年率は)は0.01%と、単なる“預かり箱”の状態。一部のネット銀行はそれよりも金利はマシですが、それでも0.2%前後と、かつての時代と比較すると増やすことを目的にはできない状態です。

(c)Andriy Popov/123RF.COM

一方、社会保障費の負担が年々膨らみ、国が今後、公的年金の支給額を上げるような楽観的な見通しは一切ありません。そのため国は、私たちに自助努力、つまり自分たちで資産形成することを求めています。

そこで、「貯蓄から投資へ」のスローガンのもと、誰もが投資にチャレンジしやすい仕組みを取り入れた「NISA(ニーサ・少額投資非課税制度)」や「iDeCo(イデコ・個人型確定拠出年金)」がスタートしました。

なかでも、選りすぐりの投資信託でコツコツ投資ができる「つみたてNISA」は投資ビギナーにもうってつけです。

マネー最長で20年間利益が非課税に! “やらなきゃ損”な「つみたてNISA」 

最近よく目にするようになったNISAですが、大きく分けて2種類あります。

【つみたてNISA】
つみたてNISAがスタートしたのは2018年1月。投資によって得た分配金と売却益、つまり儲けがまるまる非課税になる制度です。非課税枠は年40万円、投資可能期間は最長20年間で、「長期でコツコツ」投資する人向けになっています。

【NISA(この記事では「一般NISA」と表記)】
つみたてNISAが始まる前、2014年1月にNISA(以下「一般NISA」)がスタートしましたが、こちらは非課税枠が年120万円、投資可能期間が5年と短期間でたくさん投資する人向け。また、2024年から新NISAとして内容が見直されることになっています。

以下に、今回の記事で紹介するつみたてNISAのポイントをわかりやすくまとめました。

1:最長20年間の投資による利益が非課税に!

通常なら、投資で得た利益には約20%の税金がかかります。つまり、100万円儲けても20万円が税金で引かれてしまうのです。しかし、積立NISAを利用すれば、利益がまるまる非課税=税金がかからなくなります。非課税になる投資可能期間は最長20年です。

2:年間の非課税投資枠は40万円と決められている

非課税投資枠の上限は年40万円。12カ月で割ると割り切れないので、毎月同額を投資する場合は、最大で月3万3333円を積み立てていくことになります。毎月同額でなくても、ボーナス払いなどを組み合わせて40万円ぴったり投資することも可能です。

3:取り引き(買い付け)は積立のみ

商品を購入するときに選べる方法は「積立投資」のみ。例えば、年間40万円を一度に投資するといった一括投資はできません。また、短期投資ではなく中~長期的な投資を前提として考える必要があります

4:つみたてNISAで取り引きできる対象商品は決められている

つみたてNISAの運用商品は「投資信託」のみ。株式投資はできません(一般NISAだと株式投資が可能)。また、投資信託の中でも、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、金融庁が定めた条件を満たした公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)」に限定されています。※2021年6月18日時点で199本

投資信託にはとても多くの種類があり、その中から初心者が銘柄を選ぶのはなかなか大変なのですが、つみたてNISAの場合、「長期・積立・分散投資」に向いた金融庁の条件をクリアした投資信託だけがラインナップされています。そのため、どれを選んでも大きくハズれることはありません。

ちなみに、「つみたてNISA」と「一般NISA」の同時併用はできません。

マネーつみたてNISAとイデコでは ぶっちゃけどっちがお得なの?

こちらの記事では、老後資金をつくるおすすめの手法としてiDeCo(イデコ)を挙げていますが、気になるのは「つみたてNISAとイデコはどっちがお得?」という点ですよね。結論からいうとこれは「目的による」といえます。細かい違いは上の表にあるとおりですが、とくに重要なのは…

「イデコは老後のための年金制度なので、60歳になるまで引き出しできない」

という点です。

積み立て(拠出)したお金が所得控除の対象となるため、節税の点で有利なのはイデコです。ですが、急にお金が必要になった場合などに、いつでも引き出しができるつみたてNISAのほうが柔軟性はあります。つみたてNISAの運用期間は最長20年なので、老後のためのほか、教育費や住宅購入資金づくりの手段としても有効です。

つまり、どちらがよいかはケースバイケースですが、この2つの制度は併用できますから、一番良いのは両方活用することです。

マネーつみたてNISAは口座管理手数料や購入時手数料はかかりません

つみたてNISAの基本についてわかったところで、「実際につみたてNISAを利用しよう」となったら、しなくてはならないのがつみたてNISA口座の開設です。口座は証券会社か銀行で開設します。

投資の知識がある人は口座管理手数料や購入時手数料の違いが気になるかもしれませんね。しかし、つみたてNISAでは口座管理手数料も購入時手数料もかかりません。だからといって、「どの金融機関を選んでも一緒でしょ?」と考えるのは間違い。実はこの口座開設をする金融機関選びで、将来の運用資産に差が付いてしまうのです。

ここから詳しく説明していきます。

マネー【選び方】重要なのは4つ! コストだけでなく使いやすさも考慮

ポイント1:積立頻度

つみたてNISAで選んだ商品を買い付ける際の積立頻度は、基本は毎月です。ただし、「毎日」、「毎週」、「ボーナス設定」など、さまざまな積み立て方法が選べるほうが便利。

というのも、QUICK資産運用研究所調べのデータによると、「毎月積立と毎日積立を比較した際に、毎月積立よりも毎日積立のほうが、ほとんどの商品で0.1%ほどリターンが高い」という結果になっているためです。さらに、国内REITについては、毎月積立よりも毎日積立のほうが1%ほど高いリターンが出るという結果になっています。

また、40万円の非課税投資枠いっぱいに投資したい場合、例えば3万円ずつ+夏冬のボーナス月は2万円増額するなど、積立頻度にバリエーションがあったほうが、調節がしやすくなります。

QUICK資産運用研究所調べのデータ(2017年4月末)より作成。対象は5年以上の運用実績があり、年決算回数が2回以下の指数連動運用型の投資信託。投資対象などの各区分で純資産残高上位2本を抽出。リターンは課税前分配金再投資ベース)

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

積立では頻度が高ければ高いほどリターンが高くなるのが一般的です。

ポイント2:最低投資金額

一般の証券会社や銀行では、投資金額は1000円から設定されているのがベーシックですが、ネット証券(例えば、楽天証券やSBI証券)は100円からと少額設定が可能です。つみたてNISAの投資信託は一定の基準をクリアした安全性の高いものですが、とはいえ投資信託自体は元本保証がなく、リスクがゼロとはいえません。初心者にとっては、より少額から投資できるのはメリットといえるでしょう。

ポイント3:商品数の多さ+安いコストの商品が揃っているか

つみたてNISAでは購入手数料はかかりませんが、投資信託の保有中に「信託報酬」が必ずかかります。長期投資では、信託報酬の差が将来受け取る資産に影響してきます。そのため、このコストが安い金融商品が多くラインナップされていることが大切です。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

投資初心者にとっては、商品数は少ない方が選びやすい面もありますが、先々投資経験が増えていくことを考えると、選択肢は多いに越したことはないでしょう。

ポイント4:サービスが充実しているか

・商品選びのサポート
投資初心者だと、どの投資商品を選んでいいか迷ってしまうことも。金融機関によっては、簡単な質問や投資への考え方についてのアンケートに答えるだけで、おすすめの商品を紹介してくれるサービスを提供しているところもあり、投資の参考にできます。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

どこに投資するのか、運用姿勢は?など最低限の商品の理解をしておきましょう。

・いつでも相談できる体制
投資についてわからないことがあったときに、平日はもちろん、遅い時間や土日祝日などにも電話、メール、チャットなどで相談に乗ってくれる体制があると心強いといえます。特に忙しく働く世代は、仕事から帰宅した後、夜に相談できると便利です。また、店舗がある金融機関だと、投資担当者と対面で相談ができるので安心です。

・サイトの利便性
運用状況をWebサイト上で見られる金融機関も増えています。その場合、
 ▼サイトは使いやすいか
 ▼自分が運用している商品の損益状況がすぐわかるか
 ▼商品選びがしやすいか
 ▼掛け金配分の変更をしやすいか

といったポイントも大切な要素です。

・特典・キャンペーン
口座開設する、積み立てを開始する、特定の取引を行うといった手続きに応じて、さまざまなキャンペーンや特典が用意されていることがあります。メリットの大きいキャンペーンもあるので、口座をつくる前に必ずチェックしておきましょう。

以上を踏まえたうえで、

・商品ラインナップ
・使いやすさ
・サポート
・特典・キャンペーン


の比較ポイントを設定し、経済ジャーナリストの酒井富士子さんが採点し、つみたてNISAで口座開設するおすすめ金融機関ランキングしました。それでは発表です!

記事1位BEST業界ナンバーワンの取扱商品数! |SBI証券

SBI証券:金融機関

SBI証券

▼スペック

  • 取り扱い本数: 172本
  • 最低投資額: 100円
  • 積立頻度: 毎日/毎週/毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 25 / 25点
  • 使いやすさ: 23 / 25点
  • サポート: 21 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 23 / 25点
  • 合計: 92 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 161
  • アクティブ型: 11
  • 投資信託/国内株式: 38
  • 投資信託/先進国株式: 43
  • 投資信託/新興国株式: 12
  • 投資信託/バランス型: 79

商品ラインナップ:商品数の多さは圧倒的! 選択肢の多さが魅力

取扱商品は2021年6月時点で最多。さらに100円から積み立てができるのもポイントです。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

選択肢が多く、投資初心者だけでなく経験者も満足できるラインナップです。

使いやすさ:積立頻度は4種類から柔軟に選べます

積立頻度は「毎日」「毎週」「毎月」から選べるほか、「ボーナス積立」も可能です。また、利用状況や積立の条件設定は専用画面のため、わかりやすくなっています。住信SBIネット銀行の口座と連携すれば、スイープサービスを使って銀行・証券口座間の資金移動が簡単になります。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

積立頻度を調整しやすく、サイトの使いやすさなども評価できます。

サポート:つみたてNISA専用の電話対応が土日もあります

チャットサポートなら24時間問い合わせが可能。口座開設の問い合わせ電話は土日も対応しているのも安心です。NISA専用ダイヤルもあり、こちらも土日の問い合わせができるなど、ネット証券でもサポートが手厚くなっています。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

仕事で忙しい人にとって土日のサポートが手厚いのはうれしいです。

特典・キャンペーン:投資信託の買い付けにTポイントが使えます

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

Tポイントは利用できるポイント数に上限・下限はなく買い付け代金の一部に使うこともできます。

こんな人におすすめ

SBI証券のおすすめポイントをまとめると
・自分で投資信託商品を選びたいという方(取扱商品は最多!)
・積立頻度を柔軟に調整したい方
・普段、Tポイントを利用している方

におすすめの証券会社となります。

サポートもしっかりしているので、初心者の方には特におすすめです!

▼SBI証券の口座開設はこちらから

記事2位BEST商品数充実でその他もスキなし! |楽天証券

楽天証券:金融機関

楽天証券

▼スペック

  • 取り扱い本数: 170本
  • 最低投資額: 100円
  • 積立頻度: 毎日/毎週/毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 25 / 25点
  • 使いやすさ: 24 / 25点
  • サポート: 20 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 20 / 25点
  • 合計: 89 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 159
  • アクティブ型: 11
  • 投資信託/国内株式: 38
  • 投資信託/先進国株式: 42
  • 投資信託/新興国株式: 12
  • 投資信託/バランス型: 78

商品ラインナップ:充実の商品数! 初心者でもはじめやすい

取扱商品が多く、100円から積み立てができるのは利点です。

使いやすさ:積立方式は選択できます

積立頻度は「毎日」と「毎月」から選べます。「ボーナス積立」も可能なので、無理のない積み立てができるようになっています。また、楽天銀行に口座があれば「マネーブリッジ」で簡単に連携できます。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

毎日、毎週、ボーナス積立ができるので40万円の非課税投資枠を使い切るのに調整がしやすいです。

サポート:有人対応あり

楽天証券の会員専用ダイヤルがあり、コールセンターで有人対応を行っています。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

楽天証券が運営している情報サイト「トウシル」も、マネー情報が充実しているので見逃せません。

特典・キャンペーン:楽天スーパーポイントが使えます

ポイントが貯まりやすいと人気の楽天グループの「楽天スーパーポイント」が利用可能です。取引に応じてポイントがたまり、ポイントで投資信託を購入することもできます。また、キャンペーンが定期的に開催されているので要チェック。

こんな人におすすめ

楽天証券のおすすめポイントをまとめると
・自分で投資信託商品を選びたいという方(SBI証券に迫る商品数!)
・楽天銀行に口座を持っている方
・普段、楽天スーパーポイントを利用している方

におすすめの証券会社となります。

楽天ポイントが貯まったり、ポイントで投資信託できるのは普段利用しているユーザーにとって魅力的ですよね。

▼楽天証券の口座開設はこちらから

記事3位BEST商品ラインナップが優秀! アドバイスツールも充実|マネックス証券

マネックス証券:金融機関

マネックス証券

▼スペック

  • 取り扱い本数: 151本
  • 最低投資額: 100円
  • 積立頻度: 毎日/毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 25 / 25点
  • 使いやすさ: 23 / 25点
  • サポート: 21 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 20 / 25点
  • 合計: 86 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 140
  • アクティブ型: 11
  • 投資信託/国内株式: 35
  • 投資信託/先進国株式: 38
  • 投資信託/新興国株式: 12
  • 投資信託/バランス型: 66

商品ラインナップ:商品数が多く100円からの積立が可能

取扱商品数は151本と十分。積立は100円から可能です。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

銀行口座などからの引き落としによる積立の場合は、月々1000円からになるので注意しましょう。

使いやすさ:アドバイスツールを活用しましょう

口座をつくると資産設計アドバイスツール「MONEX VISION」が無料で使えます。資産状況をチェックしたり、目標に応じた診断やアドバイスを受けられます。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

MONEX VISIONはポートフォリオを分析し、一人ひとりに合った分散投資法をアドバイスしてくれます。

サポート:チャットによる質問も受け付けています

つみたてNISA専用ダイヤルはないものの、サポートセンターのオペレーターは平日8:00~17:00、自動音声なら24時間(土日祝日を含む)受け付けているためサポート面では使いやすくなっています。また、公式サイトではチャットによる質問も受け付けています。

▼マネックス証券の口座開設はこちらから

4位: 老舗の安心感あり! サポートも手厚い|松井証券

松井証券:金融機関

松井証券

▼スペック

  • 取り扱い本数: 170本
  • 最低投資額: 100円
  • 積立頻度: 毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 22 / 25点
  • 使いやすさ: 23 / 25点
  • サポート: 21 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 20 / 25点
  • 合計: 86 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 159
  • アクティブ型: 11
  • 投資信託/国内株式: 38
  • 投資信託/先進国株式: 42
  • 投資信託/新興国株式: 12
  • 投資信託/バランス型: 78

商品ラインナップ:商品ラインナップは十分豊富です

取り扱い商品数は楽天証券と同じ(2021年6月時点)で、かなり豊富です。たくさんの種類から選びたい人でも満足できるでしょう。

サポート:サポートの手厚さには定評があります

HDI-Japan主催の「証券会社における問い合わせ窓口格付け」で、最高評価の「三ツ星」を10年連続で獲得しています。チャットサポートもあり、サイト上での解説もわかりやすくなっています。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

積立頻度が毎月だけですが、それ以外はとても優秀です。

5位: 2019年に生まれ変わった証券会社|auカブコム証券

auカブコム証券:金融機関

auカブコム証券

▼スペック

  • 取り扱い本数: 170本
  • 最低投資額: 100円
  • 積立頻度: 毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 22 / 25点
  • 使いやすさ: 23 / 25点
  • サポート: 21 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 20 / 25点
  • 合計: 86 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 146
  • アクティブ型: 11
  • 投資信託/国内株式: 36
  • 投資信託/先進国株式: 39
  • 投資信託/新興国株式: 12
  • 投資信託/バランス型: 70

使いやすさ:サービスが充実しています

ホームページはシンプルで必要な情報を収集しやすいのがポイント。また、つみたてNISAの口座開設をすると現物株式の取引手数料が最大5%割引になる「NISA割」があります。株式投資が便利になるツールも充実しています。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

つみたてNISAと共に株式投資に興味がある人にも向いています。

サポート:大手ならではのサポートレベルで安心です

2019年にカブドットコム証券からauカブコム証券に名称変更しています。三菱UFJフィナンシャルグループの証券会社なので、サポートも充実。チャット、メール、電話の問い合わせが可能です。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

サイト自体がすっきり見やすく、ほしい情報がみつけやすくなっています。

6位: 商品ラインナップも使いやすさも十分!|SMBC日興証券

SMBC日興証券:金融機関

SMBC日興証券

▼スペック

  • 取り扱い本数: 157本
  • 最低投資額: 1000円
  • 積立頻度: 毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 22 / 25点
  • 使いやすさ: 23 / 25点
  • サポート: 21 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 20 / 25点
  • 合計: 86 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 146
  • アクティブ型: 11
  • 投資信託/国内株式: 34
  • 投資信託/先進国株式: 38
  • 投資信託/新興国株式: 10
  • 投資信託/バランス型: 75

商品ラインナップ:十分多く今後も増えていくことに期待

SMBC日興証券がつみたてNISAの取り扱いをはじめたのは2020年7月と比較的最近。現在でも十分なラインナップですが、今後も充実していくことが期待できます。

使いやすさ:無料で使えるツールが多いのがメリットです

SMBC日興証券アプリや金融電卓(積立シミュレーター)などツールが豊富です。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

ラインナップや使いやすさは問題なし。最低投資額が1000円なのが他社に比べると弱みなので、改善されればさらに使い勝手がよくなります。

7位: 銀行ではNo. 1の商品ラインナップ数!|PayPay銀行

PayPay銀行:金融機関

PayPay銀行

▼スペック

  • 取り扱い本数: 63本
  • 最低投資額: 500円
  • 積立頻度: 毎月

▼比較結果

  • 商品ラインナップ: 22 / 25点
  • 使いやすさ: 23 / 25点
  • サポート: 21 / 25点
  • 特典・キャンペーン: 20 / 25点
  • 合計: 86 / 100点

▼商品内訳

  • 種類: 商品数
  • インデックス型: 57
  • アクティブ型: 6
  • 投資信託/国内株式: 19
  • 投資信託/先進国株式: 22
  • 投資信託/新興国株式: 6
  • 投資信託/バランス型: 16

商品ラインナップ:銀行では取扱数ナンバーワン

2021年4月に旧ジャパンネットがPayPay銀行として生まれ変わりました。ラインナップはネット証券に比べると少な目ですが、銀行ではナンバーワンです。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

証券会社ではなく銀行(ネットバンク)で取引をしたい人は検討してもよいでしょう。

マネーおわりに

いかがでしたか。つみたてNISAは、いったん口座開設した後も金融機関の変更はできますが、移管手続きなどが発生するため原則変えないほうがベター。そのため、最初の選択がキモなのです

また、いくら低リスクの商品がそろっているとはいえ、購入したあとにノーチェックのままでいるのは危険です。定期的に値動きをチェックし、適切な運用を心がけましょう。

また、360.lifeでは他にもネット証券やiDeCo口座のランキング、さらにはポイ活裏ワザの記事も公開中ですので、こちらも合わせてご覧ください!

▼iDeCo金融機関ランキング

▼ネット証券ランキング

▼ポイ活のおすすめ裏ワザ