マネー株主優待は3社に1社以上が
実施しています

ここ数年、個人投資家を中心に大人気となっている株主優待投資
ところで、そもそも「株主優待」とはいったい何なのか。これから始める前にざっくり解説していきましょう。

株主優待は、投資家が株を購入したとき、その企業から株を買ってくれたお礼として年に1、2回自社商品や割引券などが送られる株式投資の制度です。

株主優待は企業からのプレゼント!

(C) jreika /123RF.COM

人気番組の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系列)で、お金をほとんど使わず優待を使って生活をしている桐谷広人さんが特集されたことなどが影響し、ここ数年大きな注目を集めています。

また、株主優待を採用している上場企業も年々増えており、今では全上場企業の3分の1以上が株主優待を採用しています。

■ 株主優待の実施企業数推移

※「大和IR」プレスリリースをもとに編集部作成

マネー株主優待を確実にもらうために
知っておくべき優待の基本

(C) bannosuke /123RF.COM

株主優待は株を持っている人への企業からのお礼品です。ただし、株を買ったらすぐに貰えるものではありません。「権利確定日」と呼ばれるあらかじめ決められた日にちに株主名簿に名前が載っている必要があります。また、株を購入したらすぐに株主名簿に登録されるわけではないため、権利確定日の3営業日前の「権利付き最終日」に株を買っておく必要があります(※2019年7月16日以降は2営業日前が「権利付き最終日」になる)。

2019年の権利付き最終日と権利確定日は以下になります。

2019年:権利確定日:権利付き最終日:1月末:2月末:3月末:4月末:5月末:6月末:7月末:8月末:9月末:10月末:11月末:12月末

また、2019年7月16日以降は2営業日前が「権利付き最終日」になり、権利確定日から中1日営業日前が権利付き最終日となるので注意が必要です。

1営業日後ろ倒しになりますよ。

マネー買う前に前に知っておきたい
株主優待で得する3つのポイント

(C)bee32/123RF.COM

[ポイント①:株価が安いときに買う]

権利付き最終日に慌てて株を買うのは避けたいところです。人気の優待銘柄は権利付き最終日に向けて株価が上昇していく傾向があります。高値掴みを避けるためにも、2~3か月前の株価が安い時期に購入するようにしよう。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

権利付き最終日から2~3か月前の株価が安い時期に買うのが基本です。

[ポイント②:業績が好調な企業]

優待株を買う前に企業の業績を必ずチェックしましょう。直近と来季が増収増益になっているのが理想です。また、配当を確認して増配していればさらに安心感があります。逆に無配続きの場合は優待内容が改悪したり、廃止させれる可能性もあるので避けましょう。

[ポイント③:総合利回りが優秀]

配当利回り:総合利回り:配当金:優待利回り

優待株を選ぶ際は「総合利回り」の確認も必要です。優待株は優待のほかに配当が貰えるメリットがあります。1株あたりの配当を株価で割った「配当利回り」と株主優待の相当額を株価で割った「優待利回り」を足したものです。初心者のうちはこの総合利回りが4~5%になるものを目安に銘柄を探すといいでしょう。株価とのバランスもありますが、基本的にはこの総合利回りが高いほど株主還元に積極的といえます。

マネーカタログギフト優待を楽しく
選ぶポイントはコチラ

(C) serezniy/123RF.COM

結婚式に行き引き出物がカタログギフトだととっても嬉しいですよね! 何よりカタログギフトは選ぶ楽しみがあります。さまざまな商品の中から、旬のグルメ食材やおしゃれな雑貨などを手に入れることができます。そんなカタログギフトの優待銘柄はどのようにして選べばいいのでしょうか? 株式投資の専門家にご協力いただいて、選び方の3つのポイントを解説します。

[カタログギフト優待の選び方①:配当+優待利回りが4%以上ある]

(C) paylessimages/123RF.COM

カタログギフトはお得感が強い銘柄を選ぶようにしましょう。特に配当利回りが優秀な銘柄は長期保有も視野に入れた運用ができます。

大山弘子 氏
マネーライター・ファイナンシャルプランナー
大山弘子 氏 のコメント

カタログ優待は選ぶ楽しさも魅力のひとつ。投資額に対してお得感があるものを選び、配当も魅力的な水準ならば株価が下がったときに買いが入りやすい傾向があると考えられるため、長期保有もしやすい。

[カタログギフト優待の選び方②:当該企業と縁のあるカタログギフトであるか]

(C) Shojiro Ishihara/123RF.COM

カタログギフトは、ほかの優待銘柄にくらべ優待廃止リスクが高い傾向があります。とくに自社とは関係ない企業のカタログギフトの場合はその傾向が強いので、自社関連企業とつながりのあるオリジナルカタログギフトなどを選ぶようにしましょう。

藤原久敏 氏
ファイナンシャルプランナー
藤原久敏 氏 のコメント

自社商品や優待券と違い、カタログギフトは企業にとっては経済的負担が大きく、直接の宣伝にならないものなので、優待廃止リスクも念頭に置いておきたい。ただ、当該企業と縁のあるカタログギフトであれば、少しでも廃止リスクを減らせるのでは、と考えている。

[カタログギフト優待の選び方③:カタログ掲載商品のラインナップ]

カタログギフト5.jpg

(C) PaylessImages/123RF.COM

カタログギフトの中にはラインナップがいまいち魅力的でないものもあります。そのため、ある程度カタログギフトのラインナップの傾向を確認して、自分好みか否かを確かめておきましょう。

藤原久敏 氏
ファイナンシャルプランナー
藤原久敏 氏 のコメント

ごく限られた商品からしか選べない場合には、(その中に欲しい商品がなければ)ムリヤリ消化することになってしまい、残念である。

それではいよいよ、この選び方ををもとにしたカタログギフト優待のランキングを発表します!

記事1位BEST全国の名産品が選べて安心感も抜群
オリックス

オリックス

■優待紹介
大手総合リース企業です。言わずと知れた超人気優待銘柄で、100株以上保有することで3月期に全国の名産品が選べるカタログギフト「ふるさと優待」がもらえます。また、3年以上継続保有すると内容がグレードアップされるのもポイントです。カタログギフトのほかにも、レジャーやビジネスなどオリックスグループの各種サービスを割引価格で利用できる「株主カード」ももらえます。

時価総額も大きく業績も安定しているので、安心して長期保有できる銘柄といえます。10万円台という比較的少額で買えるのも個人投資家にとっては嬉しいですね。

戸松信博 氏
グローバルリンクアドバイザーズ 代表
戸松信博 氏 のコメント

現在の株価水準にはかなり割安感があると思います。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:株主カード発行、ふるさと優待(3月)、株主カード発行(9月)
※ふるさと優待は3年未満保有の場合はBコース、3年以上保有の場合はAコース

■権利確定月
3月・9月末

記事2位BEST全国の「うまいもの」が選べる!
KDDI

KDDI

■優待紹介
主にauの携帯電話、物販や金融などのライフデザイン事業を展開する企業です。優待は全国47都道府県のグルメ品から選べる「Wowma! 商品カタログギフト」です。100株なら3000円相当の商品が選べ、5年以上の継続保有で5000円相当にアップします。1000株以上なら5年未満で5000円相当、5年以上で1万円相当にグレードアップします。

かすみちゃん
個人投資家
かすみちゃん のコメント

各地自慢の特産品はどれも魅力的で選ぶのに苦労するかも?

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:3000円相当のカタログギフト(5年以上保有で5000円相当)
1000株以上:5000円相当のカタログギフト(5年以上保有で1万円相当)

■権利確定月
3月末

記事3位BEST株価割安でお得感あり!
イオンモール

イオンモール

■優待紹介
イオンのショッピングモール開発子会社です。選べる3つのコースのうちのひとつがカタログギフトです。カタログギフト以外にも、イオンギフトカードなどが選べます。

藤原久敏 氏
ファイナンシャルプランナー
藤原久敏 氏 のコメント

PBR1倍近辺まで下がるタイミングが買いの狙い目になりそう。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:3000円相当のカタログギフト、イオンギフトカード、カーボンオフセットサービス購入のなかからひとつ
500株以上:5000円相当のカタログギフト、イオンギフトカード、カーボンオフセットサービス購入のなかからひとつ
1000株以上:1万円相当のカタログギフト、イオンギフトカード、カーボンオフセットサービス購入のなかからひとつ

※3年以上継続保有の場合、追加でイオンギフトカードが貰える
1000株以上:2000円
2000株以上:4000円
3000株以上:6000円
5000株以上:1万円

■権利確定月
2月末

4位: 100株で5000円相当のギフト!
トラスコ中山

トラスコ中山

■優待紹介
工具や屋外作業現場用機具専門の卸売り企業です。100株以上保有の株主優待では3000円程度のカタログギフトが多い中、5000円相当のギフトを選べるのは非常に魅力的です。また、選べる商品も工具や台車など、ほかにはないラインナップになっています。

田嶋智太郎 氏
経済アナリスト
田嶋智太郎 氏 のコメント

100株以上で5000円相当のギフトは太っ腹ですね。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:5000円相当のカタログギフト
1000株以上:1万円相当のカタログギフト

■権利確定月
12月末

5位: 旬の味が楽しめるカタログギフト
日本エスリード

日本エスリード

■優待紹介
大阪地盤のマンションディベロッパーです。100株以上保有で3000円相当の全国各地の特産品や旬な食材が選べるカタログギフトがもらえます。配当利回りも2%弱と決して低くはないためオススメです。

藤原久敏 氏
ファイナンシャルプランナー
藤原久敏 氏 のコメント

株価はPER、PBRともに割安な水準にあるのも評価できます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:3000円相当のカタログギフト

■権利確定月
3月末

6位: 8000株以上なら1万5000円分!
JCU

JCU

■優待紹介
メッキの薬品やメッキを加工する装置を製造・販売する企業です。100株以上保有で2500円相当のカタログギフトがもらえます。また、株式保有数に応じて上乗せもあり、商品ラインナップも食品、雑貨、カフェ体験、日帰り温泉など多岐にわたります。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

カタログ内容が充実していて、選ぶのが楽しいです。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:2500円相当のカタログギフト
800株以上:5000円相当のカタログギフト
4000株以上:1万円相当のカタログギフト
8000株以上:1万5000円相当のカタログギフト

■権利確定月
3月末

7位: 地元岡山県の特産品や自社製品が選べる
萩原工業

萩原工業

■優待紹介
合成樹脂加工製品と機械製品メーカーです。優待では100株以上保有で1000円相当のカタログギフトがもらえます。長期保有者優待制度があり、継続保有3年以上で2000円相当にグレードアップするのがポイントです。

酒井富士子 氏
経済ジャーナリスト
酒井富士子 氏 のコメント

長期保有者への優待割り増しがあるのはうれしいですね。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:1000円相当のカタログギフト(3年以上保有で2000円相当)
1000株以上:3000円相当のカタログギフト(3年以上保有で6000円相当)

■権利確定月
10月末

8位: 自社株主サイトでポイントと交換
インパクトホールディングス

インパクトホールディングス

■優待紹介
主に覆面調査などの事業では知られ、最近ではM&Aと新規事業に注力している企業。500株以上で株主専用サイト「メディアフラッグ・プレミアム優待倶楽部」で使用できる株主優待ポイントがもらえます。100株では優待をもらえないことに注意しましょう。

藤本誠之 氏
財産ネット 企業調査部長
藤本誠之 氏 のコメント

安定収益のもと、M&Aと新規事業で積極的な成長に期待。

■詳しい優待内容はコチラ
500株以上:3000ポイント
600株以上:5000ポイント
700株以上:6000ポイント
900株以上:8000ポイント
1000株以上:1万ポイント
2000株以上:1万2000ポイント
3000株以上:3万ポイント
5000株以上:5万ポイント
※1年以上継続保有でもらえるポイントが10%アップ(例:500株→3300ポイント)

■権利確定月
12月末

9位: カラオケ店で使える優待券も!
コシダカホールディングス

コシダカホールディングス

■優待紹介
「まねきねこ」などのカラオケ事業などを展開する企業です。400株以上保有で3000円相当のカタログギフトがもらえます。また、100株でも株主優待券は受け取ることができます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:2000円相当の株主優待券(3年以上保有で+2000円)
400株以上:5000円相当の株主優待券と3000円相当のカタログギフト(3年以上保有で株主優待券+5000円)
4000株以上:5000円相当の株主優待券と5000円相当のカタログギフト(3年以上保有で株主優待券+5000円)

■権利確定月
8月末

10位: 長期保有がオススメ!
日本管財

日本管財

■優待紹介
ビルの整備、警備、清掃を中心にした総合管理会社です。100株以上で2000円相当のカタログギフトがもらえますが、3年以上の継続保有で3000円相当に格上げされる点が魅力です。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:2000円相当のカタログギフト(3年以上保有で3000円相当)

■権利確定月
3月・9月末

11位: 1000種類上の優待商品
オイレス工業

オイレス工業

■優待紹介
オイレスベアリングを中心に製造する企業です。100株以上保有で食品、家電製品、ギフトなどと交換できる株主優待ポイントがもらえます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:3000ポイント
300株以上:5000ポイント
500株以上:1万ポイント
800株以上:1万5000ポイント
1000株以上:2万ポイント
※1年以上継続保有で+1000ポイント、3年以上継続保有でさらに+1000ポイント

■権利確定月
3月末

12位: 東北復興への願いを込める
ラックランド

ラックランド

■優待紹介
商空間の企画・設計・施工を行う企業です。6・12月は石巻・女川などの東北の特産品6種類から選べる3000円相当の優待品がもらえ、3・9月は「ご当地こわけ」で使える2500円相当(送料補助込み)のクーポン券がもらえます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:3000円相当の東北地方の名産品詰め合わせ(6月・12月)、ECサイト「ご当地こわけ」で使えるクーポン券2500円分1枚(3月・9月)

■権利確定月
3月・6月・9月・12月末

13位: 2年以上保有でお得度がアップ!
チェンジ

チェンジ

■優待紹介
ITとモバイル機器によって効率化するしくみを開発・提供する企業です。100株以上保有で株主優待ポイント1500ポイントがもらえ、食品・電化製品などと交換ができます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:1500ポイント
200株以上:3000ポイント
300株以上:8000ポイント
400株以上:1万5000ポイント
500株以上:3万ポイント
※2年以上継続保有でもらえるポイントが10%アップ(例:100株→1650ポイント)

■権利確定月
9月末

14位: 2年以上保有でお得度がアップ!
スクロール

スクロール

■優待紹介
女性向けアパレルなどに強みを持つ通販・ECの企業です。優待券は年間1000円分もらえ、化粧品、食品、健康食品など幅広いジャンルから選べます。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:500円相当の優待券
1000株以上:2500円相当の優待券
1万株以上:5000円相当の優待券
※上記は3月末、9月末。継続保有の場合は9月末に下記分追加進呈。
100株以上:500円(1年以上)1000円(2年以上)1500円(3年以上)
1000株以上:1000円(1年以上)2000円(2年以上)3000円(3年以上)
1万株以上:1500円(1年以上)3000円(2年以上)6000円(3年以上)

■権利確定月
3月・9月末

15位: カタログギフトか図書カードを選択
芙蓉総合リース

芙蓉総合リース

■優待紹介
情報通信機器、産業機械、店舗設備、航空機から熱帯魚までさまざまなものをリースで提供する企業です。100株以上保有で3000円相当のカタログギフトまたは図書カードがもらえます。2年以上の保有で5000円相当にグレードアップします。

■詳しい優待内容はコチラ
100株以上:3000円相当のカタログギフトまたは図書カード3000円分(2年以上保有で5000円相当)

■権利確定月
3月末

以上、選べて楽しいカタログギフトの株主優待ランキングでした。ぜひ検討してみてください!


(取引市場の文中略)
東1→東証一部
東2→東証二部
JQ→東証JASDAQ(スタンダード)


(免責事項)
本記事にて掲載されている株価、優待情報などは2019年5月中旬時点のものです。また、投資による利益を保証するものではありません。投資のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。掲載している優待内容は一部です。詳細は各社ホームページをご確認下さい。一部店舗で利用できない優待もありますのでご注意ください。