ヘルスケアつらい便秘を解消したい…
お腹の調子を整える習慣を取材!

お腹が張ってつらい便秘は、一刻も早く解消したいですよね。便秘薬を飲むという方法もありますが、それでは根本的な解決になりません。

できれば、毎日自然とお通じが出るような習慣を作りたいもの。そこで、毎日の生活に取り入れられる「便秘になりにくくなる習慣」を徹底取材! 5つの習慣に分けてご紹介します。

ヘルスケア【習慣①】乳酸菌と
食物繊維を摂る

便秘予防には食習慣が重要です。お腹の調子を整えてくれる乳酸菌や食物繊維は積極的に摂りましょう。

乳酸菌

森永乳業:ビヒダスプレーンヨーグルトBB536:食品

森永乳業
ビヒダスプレーンヨーグルトBB536
実勢価格:137円

乳酸菌といえばやっぱり「ヨーグルト」。整腸作用があり、生きて腸まで届くビフィズス菌BB536を配合したビヒダスは、専門家もおすすめするヨーグルトです。

食物繊維

バンホーテン:ピュアココア:飲料

バンホーテン
ピュアココア
実勢価格:421円

※リンク先は4個セットです

食物繊維というと、野菜をたくさん食べなければいけないイメージがありますが、実はココアからも摂取できるんです。溶かすだけで気軽に食物繊維を摂れるのでおすすめですよ。

ヘルスケア【習慣②】吸収されにくい
オリーブオイルで排便を促す

BERIO:エクストラバージンオリーブオイル:油

BERIO
エクストラバージンオリーブオイル
実勢価格:819円

普段の料理に使う油をオリーブオイルに変えるだけでも、便秘予防効果があるんです。

オリーブオイルは小腸で吸収されにくく、腸に残った食べ物に混ざって便の排出を促してくれます。なかなか便が出ずに苦しい…という時にも役立ちます。

ヘルスケア【習慣③】出なくても習慣に!
朝のトイレ時間はマスト

時間がない朝、ついトイレに行くのを我慢してしまう人はいませんか? 朝は腸が一番活発に働く時なので、出る出ないに関わらず、トイレに行く習慣を身に付けたいもの。次第に体も慣れていきますよ。

また、ご飯を食べると腸が動くので、朝食も欠かさず食べるようにしましょう。

ヘルスケア【習慣④】お腹が張ったら
腸もみマッサージ

お腹が張って苦しいときは、マッサージでやわらげる「腸もみ」がおすすめです。やり方は簡単で、大腸をなぞるように時計回りに3回もむだけ!

お腹をつまむように揉むと、腸に刺激が与えられて老廃物を排出しやすくなります。お風呂で体を温めながら行うのがおすすめです。

ヘルスケア【習慣⑤】便秘がつらい!
そんな時はビオフェルミン

便秘薬には「無理やり便を出す=お腹が痛くなりやすい」ものが多いですが、お腹に優しい便秘薬が「ビオフェルミン」です。

ビオフェルミン製薬:ビオフェルミン便秘薬:薬

ビオフェルミン製薬
ビオフェルミン便秘薬
実勢価格:940円/60錠

「11歳から飲める」といううたい文句通り、お腹に優しい便秘薬。ビフィズス菌やラクトミンなど、腸に優しい成分が配合されています。整腸作用があるのでお腹が痛くならず、自然な排便を促してくれますよ。

便秘の解消には普段の生活習慣が大切です。お腹の調子を整える工夫をすれば、自然と快便に向かいます。ただ、便秘の原因に病気が隠れている場合あるので、どうしても治らない時は病院で診察を受けてくださいね。

(メイン画像:pixta)