ビューティー夕方のメイク崩れ
どうやってキレイに直せばいい?

どんなに朝キレイな肌に仕上げても、夕方になるとどうしてもメイクが崩れてきてしまうもの。夜に予定がある時は、もう一度メイクを整えたいですよね。

メイク直しの中でも、特に難しいのがベースメイク。そもままファンデーションを重ねると、ムラになってキレイに塗れなかったり、重ねすぎて厚塗りになってしまったり…。

そこで、メイクのプロにお直しテクニックを徹底取材しました!今日から使える、目からウロコのベースメイクテクをご紹介します♡

ビューティー【お直しテク①】パウダー
ファンデは「ブラシ」を使う!

パウダーファンデーションでメイクを直す時、付属のパフを使っていませんか? 実は、こそがムラをつくる原因なんです!

メイクのりは、時間が経つほど悪くなるもの。厚塗り感を出さずにパウダーファンデーションを塗るには、パフではなくブラシを使うのがベターです。

ブラシの毛先にパウダーを乗せ、Tゾーンや目の下小鼻口角と崩れやすい部分を中心に「撫でる」ようにお直ししましょう。

▼おすすめのブラシはこちら

RMK
パウダーファンデーションブラシ
実勢価格:2380円

RMKのブラシは、ポーチに入れて持ち運びできるちょうどいいサイズです。幅広なので粉含みもよく、ふんわりとした肌に仕上げられます。

ビューティー【お直しテク②】リキッドファンデ
のまだら崩れには「コンシーラー」

リキッドファンデーションやクリームファンデーションは、崩れたときに色まで落ちてしまいます。崩れてまだらになっているのはそのためです。

この場合、お直しではコンシーラー下地などを使い、色付けするのが鉄則! 顔料が入っていて、伸ばしやすいリキッドタイプを選びましょう。

▼おすすめのコンシーラーはこちら

カリプソ
マジックコンシーラー
カラー/サーモンベージュ
実勢価格:1200円

カリプソはリキッドタイプで伸びがよく、肌なじみが良い優秀なコンシーラー。ヒアルロン酸やコラーゲン配合で保湿もできちゃう優れものです。

辻有見子 氏
ヘアメイク
辻有見子 氏 のコメント

顔料が入っているものを使ってください!

コンシーラーをそのまま乗せると厚塗りになってしまいます。チップを一旦手に置いて、量を調節してからヨレた部分に薄く伸ばしましょう。コンシーラーはなるべく薄~く塗ることで、自然な仕上がりになりますよ。

ちなみに、ほうれい線や笑いジワは、上から塗り直すとかえって目立ってしまいます。まずはヨレた部分を指で伸ばし、ファンデ溜まりをなくしてから、コンシーラーでほうれい線の影を埋めるように塗りましょう

ビューティー【お直しテク③】クッション
ファンデはまず「化粧水」でオフ!

クッションファンデーションはムラになりやすいので、キレイに仕上げるのが難しいアイテムです。

脂性肌の人はパフでヨレをならすだけでも対処できますが、シワ崩れしやすい乾燥肌の人は、化粧水ミストを吹きかけて一旦全部オフしてから、クッションファンデを塗り直しましょう。

植木祐里加 氏
メイクアップアーティスト
植木祐里加 氏 のコメント

全体的にお疲れ顔が気になるときは、頬の上にハイライトを入れると表情が明るく見えます!

ベースメイクのお直しテク、いかがでしたか?ファンデーションのタイプによって、最適なお直し方法が全然違うんです。なかなかキレイにお直しできない方は、ぜひこのテクニックを試してみてくださいね♡