クレジットカードお手軽かつ楽にポイントが貯まる
「スマホ決済」は現金よりお得

(C)PaylessImages/123RF.COM

現金での決済より支払いの時間が短縮できたり、会計金額に合わせてポイントが貯まったり、何より財布を持ち歩かなくていいなどの理由から、スマホ決済を利用する人が増えています。

とくに今年のゴールデンウィークは最大10連休と、旅行や買い物など予定されている方も多いと思います。その際の移動や会計の際には、現金ではなくポイントが貯まってお得なスマホ決済を、ぜひ利用したほうがお得です。

ところで、そもそも「スマホ決済って何?」という人は、まず以下の記事を読んでいただきたいと思います。

クレジットカードiPhoneユーザーなら使うべき!
利便性バツグンの「Apple Pay」

(C)Denys Kuvaiev/123RF.COM

スマホ決済の中でもiPhoneやApple Watchに対応した「Apple Pay」は、操作性の良さなど使いやすさは抜群です。2016年に発表されたiPhone 7からこの機能が使えるようになりました。

ポイントが貯まるということ以外のApple Payを使うメリットは、「Suicaに対応していることで交通機関やコンビニなど、とにかく利便性が高い」「iPhone紛失時に止めやすいセキュリティの高さ」などがあります。

クレジットカードどのクレカを登録するかで
お得度が大きく変わってきます

Apple Payは事前にクレジットカードを登録する必要がありますが、どのクレカを登録しても同じというわけではありません。登録するクレカによってお得度が大きく変わるんです。そこで、Apple Payユーザーが登録すべきお得度の高いクレカを調べました!

とくに、これからApple Payを始めるビギナーの方は必見です。ぜひ検討してみてくださいね。

記事1位BESTSuicaチャージでポイント3倍!
利便性が高い「ビュー・スイカ」

ビューカード
「ビュー・スイカ」カード
国際ブランド :VISA、JCB、MasterCard
年会費:本人会員477円(税抜)
    家族会員477円(税抜)
入会時の利用可能枠:10~80万円
貯まるポイント:JRE POINT

スマホ決済を始めるにあたり、最初に登録するクレカとしてオススメなのがビューカードが発行する「ビュー・スイカ」カードです。この「ビュー・スイカ」カードは汎用性が高く、誰でもポイントが貯まりやすいんです。

電車やバスなどの移動で毎日使用する「Suica」に、クレカからチャージするだけで1.5%という高いポイント還元が得られます
また、Suicaは公共交通機関での利用以外に、実店舗での利便性も高いのもポイント。主なところでは、コンビニや駅ビルのショッピングなどで支払いに利用できるほか、スーパー、飲食店などでも利用可能となります。

それでは「ビュー・スイカ」カードをおすすめする理由を詳しく見ていきましょう。

クレジットカードSuicaチャージで
ポイントが3倍になります

「ビュー・スイカ」カードをおすすめする理由のひとつとして、還元率が高いことが挙げられます。

通勤や移動などで、電車やバスを利用する人は多いと思います。毎日のことなので、乗車券として使用する「Suica」にクレカからチャージするだけで、通常より高いポイントが還元されるんです。

通常のポイント付与率は平均的な0.5%。でも、Suicaへのチャージに使うと1.5%と、通常の3倍もの高還元になります。「ビュー・スイカ」カードなら毎日の通勤・移動がグッとお得になります。

クレジットカード公共交通機関以外にも
買い物や食事に使えます

Suicaが利用できるのは、公共交通機関に限られているわけではありません。実店舗での利便性も高く、主なところでは、コンビニや駅ビルのショッピングなどで支払いに利用できるほか、スーパー、飲食店などでも利用できます。

Suicaが利用できるのは、公共交通機関に限られているわけではありません。実店舗での利便性も高く、主なところでは、コンビニや駅ビルのショッピングなどで支払いに利用できるほか、スーパー、飲食店などでも利用できます。

クレジットカード用途によっては違う
ビューカードもGOODです

また、用途によっては違うビューカードもおすすめです。

◎駅ビルをよく使う人にオススメ

ビューカード
JRE CARD
国際ブランド :VISA、JCB、MasterCard
年会費:477円(税抜)
※初年度無料

普段から駅ビルをよく使う人にオススメなのは「JRE CARD」。アトレなど駅ビルなどの優待店では、「ビュー・スイカ」カードよりも高い3.5%という高還元になります。


◎マイルを貯めている人にオススメ

ビューカード
JALカードSuica
(普通カード)
国際ブランド :JCB
年会費:2000円(税抜)
※入会後1年間無料

マイルを貯めている人には、マイルが貯まりやすい「JALカードSuica」のほうが向いています。貯まったJRE POINTをマイルに交換して、JALグループ国内線・国際線の特典航空券に交換できます

クレジットカードカードの入会はオンラインで
すぐに申し込めます

「ビュー・スイカ」カードの入会申込みは、ビューカードのサイトから可能です。手続きの前に、本人確認書類とキャッシュカードまたは通帳を手元に用意しましょう。

本人確認書類は免許証やパスポートなど、本人が確認できる書類ならOK。引き落とし口座にネットバンキングを使う場合、キャッシュカードや通帳は不要です。

準備ができたら、入会申し込みを始めましょう。

[STEP1.必要な情報を入力]
ウェブサイトの「カードの入会申込」から進むと、入会申込フォームが出てきます。全部で14項目の個人情報を入力してください。

■入力内容
①氏名②生年月日③性別④電話番号⑤住居⑥自宅郵便番号~自宅住所⑦居住年数⑧PCメールアドレス⑨携帯メールアドレス(任意)⑩生計を同一とする方の人数⑪家族との同居・別居⑫配偶者⑬職業⑭副業(任意)

[STEP2.引き落とし口座の設定]
引き落し用銀行口座を指定。ネットバンキングなら申し込みと同時に登録手続き完了です。

ここまででかかった時間は約5分。難しい入力は必要ありませんでした。

[STEP3.審査]
1週間ほどじっと待ちましょう。

[STEP4.カード到着]

無事に審査を通過すると、手元にカードが届きます。実際に編集部員が申し込みをしたところ、7日目にカードが到着しました。

これでクレカの準備ができました。次にスマホに登録しましょう。

クレジットカード届いたカードとSuicaを
スマホに登録しましょう

無事カードが手元に届いたら、スマホへ登録しましょう。今回はApple Payに対応したiPhone(7以降)でご説明します。Apple Payには「ビュー・スイカ」カードに搭載されているSuica機能は紐付けられないため、別途電子マネーのSuicaカードを登録する必要があります。手順は以下となります。

1.Suicaの登録
[①「Suica」を起動]
まずは「Suica」アプリに登録します。インストールされていなければ、ダウンロードしてくださいね。

※App Storeに飛びます

アプリを起動後、右上に表示される「+」ボタンをタップ。「カード取り込み」を指定します。

[②必要情報を入力]

「Wallet」アプリに遷移するので「Suica」を指定。カード番号の下4ケタと生年月日を入力します。登録できるのは、Suica(無記名)、My Suica(大人用記名)、Suica定期券(通勤・大学)の3種類になります。

[③カードを転送]

Suicaにスマホを当てて情報を転送すれば登録完了です。

続いてクレカを登録しましょう。

2.クレカの登録
[①「Wallet」を起動]

iPhoneに標準で入っているカード管理用のアプリ「Wallet」を使用します。

「Wallet」アプリを起動したら、カードを登録するために画面右上の「+」をタップ。

[②クレカを撮影する]

画面が移動したら「クレジットカード/プリペイドカード」を選択。次の画面でカードをカメラに映して読み込みます。

[③入力情報を確認して完了]

認識されたカード情報が正確か確認し、セキュリティコードを入力。さらに進み、SMSでカード認証すれば完了です。

以上、iPhoneで説明させていただきましたが、Android派の人は「Google Pay」「おサイフケータイ」をダウンロードしてご使用ください。

※Play ストアに飛びます

これで「ビュー・スイカ」カードを使ったApple Payの準備が整いました。あとはSuicaと組み合わせて買い物Suicaのチャージに使うだけです。スマホ決済で得するキャッシュレス生活を始めましょう!

今回はスマホ決済で最初に登録すべきクレジットカードとして「ビュー・スイカ」をご紹介しました。他にも目的によってはお得なカードがあるので、ご自分のライフスタイルにあったカードを登録してみてはいかがでしょうか。

ただし、Apple Payに対応していないカードもあるので、その点はご注意くださいね。