マネー「パーク24」って何の会社か
知ってますか?

パーク24株式会社:公式サイト:株券

株式投資において、今、多くのスゴ腕投資家や株のプロに圧倒的に支持されている「パーク24」という会社をご存知でしょうか。

30名以上の有識者のアンケート・取材で格付けした「2019年 鉄板株ランキング」(『MONOQLO the MONEY 2019年2月号』)で厚い支持を得て、見事1位に輝いた銘柄でもあります。

社名を聞いてもピンと来ないかもしれませんが、コインパーキングでおなじみの「タイムズ」を運営している会社、といえばイメージがしやすいかもしれません。パーク24はこの駐車場事業を主軸として、国内外に事業を展開しています。

今回はこのパーク24が、なぜこんなにも支持されているのかに迫りたいと思います。

マネー急成長中のカーシェア事業の伸びが
ハンパじゃないんです

パーク24を駐車場だけの会社と思うのは大間違いです。近年、駐車場以外にも多角的に事業を進めていて、むしろそちらに大注目なんです。

その筆頭がなんといっても成長目覚ましいカーシェアリングサービス事業です。自動車の販売台数が減っている中、いち早くカーシェアという新しい文化を他社を寄せ付けない速さで展開。カーシェア業界全体の7割という圧倒的シェアを獲得しています。まだまだ発展途上の分野なので成長の余地が大きく、将来性に期待が持てるといえます。

マネー業績も絶好調! 株のプロも
太鼓判を押しています

それではパーク24の気になる業績をチェックしてみましょう。

■業績

前期は自然災害による11億円のマイナス影響があったにも関わらず、最高益を記録しています。また、今期も過去最高の売上高・経常利益を目指しており、好調さが伺えます。

また、株価は全体相場の影響含め昨年秋以降下落していますが、その分割安度は高まったといえます。

株のプロであるフェアトレードの田村祐一さんはパーク24を以下のように分析しています。

田村祐一 氏
フェアトレード
田村祐一 氏 のコメント

柱の国内駐車場事業は、新規開拓が進み絶好調に推移。カーシェア事業も、法人需要が旺盛で二桁増収増益となっており、成長性の高さが伺えます

マネー【まとめ】パーク24に注目すべき
3つの理由

パーク24が、プロや投資家の方々から圧倒的な支持を得られたのは、以下の3つの理由がありました。

[理由1]カーシェアと駐車場の両輪で好調

カーシェア事業は参入以来、約9年で会員数が100万人を超えたと発表。会員数の増加もさることながら、2012年から2018年のわずか6年で、会員が10倍に増えた勢いには目を見張るばかりです。

※『パーク24 株主通信2018 第34期上期』より編集部作成

パーク24のカーシェアは、市場全体シェアの約7割を占めるほどに成長し、他社が追いつけないレベルになっています。カーシェア会員が運転免許保有者に占める割合はわずかなので、今後も成長の余地は大きいと言えそうです。

[理由2]世界のトヨタ自動車と提携

カーシェアリングの普及によって膨大なデータを蓄積したパーク24は、トヨタ自動車と業務提携し、実証実験を開始しています。今後は、自動運転を始めとする次世代車の開発やサービスに関わっていく可能性があり、注目を集めています。

[理由3]お得な株主優待があります

パーク24株式会社:公式サイト:株主優待

100株以上保有で株主優待のタイムズチケットがもらえます。保有株式数に応じて優待内容がグレードアップしていきます。

■優待内容(権利確定月:10月末)
タイムズチケット(駐車サービス券)
・100株以上1000株未満:2000円分
・1000株以上5000株未満:5000円分
・5000株以上:1万円分

のんりにあ 氏
個人投資家
のんりにあ 氏 のコメント

レンタカーや、運営するスパでも利用できます

利用可能なスパは、温浴施設「タイムズ スパ・レスタ(東京都豊島区東池袋)」のみとなりますが、コインパーキングの利用頻度が高い人にはうれしい優待内容ですよね。また、株主優待のほかに、年に1回配当金が100株あたり7000円(2018年度)もらえるので、そちらも魅力的ですね。

プロや投資家の方々から厚い支持を得た「パーク24」をご紹介しました。シェアトップ・業績好調・成長余地大と、長く持てる要素の多い銘柄といえるのではないでしょうか。興味のある方は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。


(免責事項)
本記事にて掲載されている株価、優待情報などは2019年2月末時点のものです。また、投資による利益を保証するものではありません。投資のご判断はあくまで自己責任でお願いいたします。