メンズ撥水効果はありますが問題あり!
次世代防水スプレーNeverWet

アメリカで発売後わずか1カ月で販売数が50万個を突破したという次世代防水スプレー「NeverWet」。金属や木材、プラスチック、キャンバスなど様々なものに対応するこちらのスプレー。日本でも、以前有名サイトで紹介されたこともあり、知っている人も多いかと思います。

しかし、この防水スプレー、結論からいいますと最悪です。

数年前の商品ですが、今でもネット通販で普通に売られています。これから雨のシーズンということで、うっかり購入してしまわないようにご紹介したいと思います。

防水スプレー:シューケア:シューズ:バッグ:傘:NeverWet:超強力撥水防水スプレー

NeverWet
超強力撥水防水スプレー
実勢価格:2980円

使い方自体は簡単です。

①2つのスプレーを順番に噴射する

まずは「STEP1」のスプレーを噴射。30分後に、「STEP2」を噴射します。シンナーの強い匂いがするので、屋内での使用は厳禁です。

②30分以上乾燥させる
最低30分で乾燥しますが、高い効果を得るには12時間以上乾燥させる必要があります。

実際に使ってみると、その撥水・防水機能がかなり高いことはわかりました。スプレー後、水を垂らすと瞬く間に流れ落ちていきました。

これだけなら良い製品のように思われるかもしれませんが、残念なのはここからです。写真を見てすでにお気づきかもしれませんが、この商品には問題がふたつありました。

メンズ【問題点①】防水効果の
代償として表面がザラつきます

ひとつは、スプレー後に表面が膜を貼った状態になるという点。そのため、ザラつきがひどく手触りが悪くなります。これだけで、自分の愛用しているモノには使いたくなくなります。しかし、実はもっとヒドイ問題があるんです。

メンズ【問題点②】白く変色して
バッグも靴もボロボロです……

それは、スプレーすると色が変色してしまうことです。

黒い傘もご覧の通り。水をかけ始めると、どこをスプレーしたのかがすぐに分かってしまうほど、白く変色しました。残念ながらその後、拭いても時間をおいても、そのムラが消えることはありませんでした。

バッグの左半分にスプレーをかけてみると、このように真っ白……。

こちらの靴も使いものにならなくなりました。

じゃあ、一体何なら使えるの? ということで、主に屋外で使用することが多いものを中心に検証。テストしたのは、バッグや傘、靴の他、ちりとり、カッパ、ウッドパネル、サイクルライト、iPhoneケースです。しかし今回の検証では、どれも一様に塗ったところが白色化するという結果に。

特に濃い色の製品に使った場合には、かなりはっきりと白くなりました。さらに、プラスチックなど、もともと多少の撥水性があるものは溶剤が垂れて、斑のようになるのも気になりました。

色々と試してみましたが、結局、見た目が変わらなかったモノは皆無。人目に触れない屋外用品などには向いている、と言うことはできますが、それではあまりにも限定的過ぎではないですか?


ということで、梅雨だからといって、うっかり買わないようご注意ください。

なお、本サイトの防水スプレー検証では、コロニルのウォーターストップスプレーが最優秀でした。優秀な防水スプレーは色々ありますが、革にも布にも強いのはコロニルのウォーターストップスプレーでした。参考にしてください。

ちなみに、本記事が「コ●ニルのステマ」だった……というオチは一切ありません。ご安心を。


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。