ビューティー上位3つがA判定!
お好みを買ってよし!!

初夏のレジャーに使えそうな、ショルダーバッグが多数そろった今月。ワースト以外全て評価B以上で、レベルの高いバッグたちでした。テストでは、以下の4点で検証し、5段階で評価しました。

・縫製(強度、仕上がり)
・使いやすさ
・コストパフォーマンス
・素材


チェックしてくださったのは、バッグアーティストスクール「レプレ」の皆さんです。

レプレ東京校
学長
寺内純子さん(写真左)
レプレ東京校で10年に渡って指導しており、経営にも携わっていらっしゃいます。

レプレ東京校
上級コース講師
石丸真紀さん(写真中央)
表現力を培うための、オリジナルバッグを作る授業を担当されています。

レプレ東京校
初級コース講師
神崎智子さん(写真右)
型紙や道具の使い方などのバッグの基礎となる部分を担当されています。

今回の検証では、全体的におおむね安定した評価を獲得しましたが、中でもA判定となった上位3つはどれを選んでも問題ナシの出来栄えです! それでは気になるランキングをご覧ください!

記事1位BEST【1位】1泊旅行もOKの収納量
宝島社「X-girl」2WAYバッグ

1位に輝いたのは、宝島社「X-girl 2017 SUMMER SPECIAL BOOK 」でした。人気シリーズの「宇宙柄」で、トートとショルダーが使える2WAYバッグです。

宝島社:X-girl:2WAYバッグ:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

1泊分のセットは余裕で入りそうな大容量サイズですが、見た目はコンパクト。大きめのポケットが付いており、機能性の高さが特徴。また、大容量サイズなうえ、使い倒しても問題ない高レベルな縫製が1位の理由です。講師陣からも「一番汎用性が高そうな大きさ!」と高評価でした。

宝島社:X-girl:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
X-girl 2017
SUMMER SPECIAL BOOK
本体:1814円

<評価>A
縫製:3
使いやすさ:4
コストパフォーマンス:4
素材:3.5

ナンバーワンのポイントは前ポケットと容量です!

大きめサイズがうれしい前ポケットはファスナー付き。案外盲点の部分ですが、細やかな気配りを感じます!

テストする女性誌『LDK』もすっぽり入るサイズです。マチも約18㎝あり、ペットボトルを横置きしてもまだ余裕! ジッパーで一発で開くのも嬉しいポイント。夏場に活躍しそうなバッグです。

記事1位BEST【1位】1300円以下でこの質は◎
宝島社「MEI」のメッセンジャーバッグ

同率1位に輝いたのは、こちらも宝島社の「MEI メッセンジャーバッグBOOK」でした。先述の「X-girl」と比べると、サイズがやや小さめながら、コストパフォーマンスの良さが評価を後押しする結果となりました。

宝島社:MEI:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

やや小ぶりなメッセンジャーバッグですが、開けると大きなポケットがあり便利。B5サイズのノートやタブレット、ペットボトルなども余裕で入ります。タグの完成度も高いのに1300円以下なのがうれしいところです。

宝島社:MEI:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
MEI
メッセンジャーバッグBOOK
本体:1285円

<評価>A
縫製:3
使いやすさ:4
コストパフォーマンス:4.5
素材:4

ナンバーワンのポイントは大きめポケットとタグです!

小ぶりなサイズでアウトドアレジャーでも邪魔にならないこのメッセンジャーバッグには、内側にたっぷり入る大きなポケットがついています。スマホや鍵などを収納するのに便利です。

全体の縫製もキレイですが、タグの縫製がとくにハイクオリティ。それだけで見栄えの良さが底上げされます。付録に見えない付録って嬉しいですよね。

記事3位BEST【3位】高級感のある素材が高評価
宝島社「TOCCA」のトートバッグ

3位ながらA評価を得たのが、宝島社の「TOCCA 2017 Spring/Summer」です。こちらは1位の2つと違い裏地がないのが惜しいものの、高級感のあるキャンパス素材で評価をキープしました!

TOCCA:宝島社:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

発売後即完売となるほど人気だったこのバッグ。内側には、『TOCCA』のメインカラーであるライトブルーがあしらわれていてかわいいのですが、裏地がなかったのが残念。しかし高級感のあるキャンパス生地で、A評価につながりました。

TOCCA:宝島社:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
TOCCA
2017 Spring/Summer
本体:1706円

<評価>A
縫製:3.5
使いやすさ:3.5
コストパフォーマンス:3.5
素材:4

バッグの縁は、リボンが重なったデザインが印象的です。大人でもかわいく使えます。

「TOCCA」のメインカラーであるブルーの裏地がチラ見えしてオシャレです!

4位: 【4位】カープ女子必見!
宝島社 「カープ坊や」のショルダーバッグ

4位に選ばれたのは、宝島社の「カープ坊や マルチに使えるショルダーバッグBOOK」です。

宝島社:カープ坊や:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

小ぶりなショルダーバッグですが、ファスナー付きなので、広島名物「スクワット応援」でも中身が飛び出さず安心です! カープ女子の必需品となりそうです。

宝島社:カープ坊や:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
カープ坊や
マルチに使える
ショルダーバッグBOOK
本体:2084円

<評価>B+
縫製:3
使いやすさ:3.5
コストパフォーマンス:3.5
素材:4

中の背面にたくさんのポケットがついています。観戦中の貴重品収納に重宝しそうです。

5位: 【5位】2色から選べるストラップ
宝島社「FREAK'S STORE」のショルダーバッグ

5位に選ばれたのは、宝島社の「FREAK'S STORE 2WAY SHOULDER BAG BOOK」です。

宝島社:FREAK'S STORE:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

縫製がしっかりしており、フロントポケットはファスナーつきで便利です。ストラップは黒とピンクの2色あり、好みで付け替えられます。欲を言うと内側にもポケットが欲しいところでした。

宝島社:FREAK'S STORE:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
FREAK'S STORE
2WAY SHOULDER
BAG BOOK
本体:2138円

<評価>B+
縫製:3.5
使いやすさ:3
コストパフォーマンス:3
素材:3.5

最大の特徴は、とり外しできる黒とピンクのストラップ。日によってイメージチェンジできますね!

6位: 【6位】安定評価だがロゴが残念
宝島社「Q-pot. 」のショルダーバッグ

6位だったのは、宝島社の「Q-pot. SEASONAL LOOK BOOK」でした。

宝島社:Q-pot. :ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

生地はブランドムックでよく見かける合皮素材で、特別悪くはなく、縫製も安定したつくりでした。価格とのバランスもとれています。ただロゴプレートのチープ感が惜しかったです!

宝島社:Q-pot. :ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
Q-pot. SEASONAL LOOK BOOK
~Strawberry Milk Gelato~
本体:2030円

<評価>B+
縫製:3
使いやすさ:3.5
コストパフォーマンス:2.5
素材:3

ロゴプレートはともすればバッグ全体のイメージを左右しますが、そこが安っぽかったのが残念です。ロゴの素材感はやっぱり大切! ロゴプレート以外はすべて安定評価だっただけに惜しいです。

6位: 【6位】持ち手の位置が不安定
宝島社「marble SUD」のポシェット

同じく6位だったのは、宝島社の「marble SUD 2017 spring & summer」でした。

宝島社:marble SUD:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

上品なジャガード織りの素材はすごくいいのですが、持ち手の素材がチープで残念です。付いている位置も下すぎて、ポシェットの底が安定しませんでした。ポーチと持ち手が不釣り合いです。

宝島社:marble SUD:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
marble SUD
2017 spring & summer
本体:1598円

<評価>B+
縫製:3
使いやすさ:3
コストパフォーマンス:3
素材:3

重いものを入れると安定するのですが、何も入れないとポシェットがブラブラ~っと崩れてしまい不安定に……。持ち手の位置が低すぎでした。

8位: 【8位】ペラペラな生地が低評価
宝島社「AZUL by moussy」のトートバッグ

8位だったのは、宝島社の「AZUL by moussy2017 spring & summer collection」でした。

宝島社:AZUL by moussy:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

縫製はヨレもなく、大きめの水筒も縦に入るサイズで使い勝手がよさそうでした。しかし生地がペラペラだったのが非常に残念! 重いものを入れると強度が心配でした。

宝島社:AZUL by moussy:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
AZUL by moussy
2017 spring &
summer collection
本体:1814円

<評価>B-
縫製:3
使いやすさ:3.5
コストパフォーマンス:2.5
素材:2.5

持ち手と本体の色味が微妙に違っていました。どうせなら一緒の色にしてくれれば、もっと高見えしたと思います。

8位: 【8位】メインのがま口が残念!
宝島社「LOVE! 京都」のがま口バッグ

同じく8位だったのは、宝島社の「LOVE! 京都 2017」でした。

宝島社:LOVE!京都:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

愛嬌のあるだるま柄がかわいいバッグ。紐部分は取り外しも可能ですが、なんといっても残念だったのが主役のがま口部分。金具のチープ感でバッグ全体が台無しに……。がま口付近の縫製の雑さも気になりました。

宝島社:LOVE!京都:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
LOVE! 京都 2017
本体:1501円

<評価>B-
縫製:3.5
使いやすさ:2.5
コストパフォーマンス:2.5
素材:3

金具部分の縫製処理がかなり雑でした。よく見ると切りっぱなしの布も見えていました。

ビューティー【ワースト】こだわりが全て裏目に
宝島社「JILL by JILLSTUART」のショルダーバッグ

今回テストした中で最も残念だった付録は、宝島社「JILL by JILLSTUART 2WAYショルダーバッグ BOOK」でした。

宝島社:JILL by JILLSTUART:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

かわいいピンク色に大きなリボンと、ラブリーな印象のこのバッグ。しかしこだわりのリボンや、持ち手の細かい部分に難があり、最下位となってしまいました。

宝島社:JILL by JILLSTUART:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

宝島社
JILL by
JILLSTUART
2WAYショルダーバッグ BOOK
本体:2149円

裏地のような素材を使用した大きめリボンが悪目立ちしています。逆にないほうがスッキリして高評価になったかもしれません……。

持ち手をよく見ると一度縫い直した跡を発見! しかもやり直したのに、それほどキレイな縫製にもなっていないのが厳しいです。

ビューティー【変わりダネ】バッグではなく
和紙の折り紙がついています!

今月の変わりダネムックは、実務教育出版の「暮らしを彩る 和紙オリガミ」です。付録には珍しい、折り紙がついています。

和紙:折り紙:実務教育出版:暮らしを彩る 和紙オリガミ:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

和紙の折り紙が付いており、ガイドの通りに折ると小物入れや箸置きなど、インテリアグッズが作れます。もちろん本もわかりやすいので、ビギナーでも完成できちゃいます!

和紙:折り紙:実務教育出版:暮らしを彩る 和紙オリガミ:ムック:付録:女性誌:雑誌:バッグ

実務教育出版
暮らしを彩る
和紙オリガミ
本体:1620円

実際に小物入れを折ってみました。ちょっと小ぶりですが、柄はステキです。


今回のブランドムックランキングはいかがでしたでしょうか。上位3点がA評価以上と高評価だった今月の検証、4位以下も極端な低評価が少なく、当たり月となりました。この調子で来月も期待大です!


360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。