文房具新生活で気分一新! 使いやすい収納アイテムは?

生活環境が変わる春は、お部屋も模様替え&お片付けで気分も新たにスタートを切りたいですよね。でも収納アイテムは巷にたくさんありすぎて、一体どれを選べばいいか迷いませんか?

そこで、雑誌『LDK』が過去に収納・インテリアのプロたちとテストしてわかった優秀グッズをピックアップ。1つ投入するだけで日頃の悩みを解決してくれるおすすめアイテムを紹介します。

今回は、資料などをサッと投げ入れて片づけられる、仕事道具ボックスです!

文房具瞬時にテーブルの上が片づく! 仕事道具ボックス

テレワークといっても、自宅ではリビングやダイニングで仕事をするしかない人もいるはず。これでは食事のたびに、資料などの仕事道具をいちいち片づけなければなりません。こんなとき、仕事道具ボックスがあれば便利です。

仕事道具ボックスは、在宅ワークの片付けストレスが解消できること請け合いのファイルボックス。出し入れしやすく、持ち運びやすいものを選べば、価格以上の満足感が得られます。

今回は、無印良品やコクヨなど人気の6製品を「しまう」「取り出し」「持ち運び」「収納量」の4項目でジャッジした結果、高評価だったおすすめの仕事道具ボックスを紹介します。

文房具開口部がガバッと開く ライオン事務器「オフィス キャリングバッグ
〈BiZiCAL(ビジカル)〉」

 

ライオン事務器
オフィス キャリングバッグ
〈BiZiCAL(ビジカル)〉
実勢価格:1100円

サイズ:約D11.0×W36.5×H33.0cm

▼テスト結果

  • しまう  :◎
  • 取り出し :◎+
  • 持ち運び :〇
  • 収納量  :◎+

収納量たっぷりでベストバイだったのが、ライオン事務器「オフィス キャリングバッグ」。広い開口部とサイドポケットがあって出し入れがしやすいです。

ソフトケースなので見た目以上に収納力があります。

シンプルなブラックやホワイトもあります。
※画像はAmazonより。

ソフトケースなので、見た目以上にたくさんザクザク入ります。荷物をガンガン入れて膨らんだ状態でも安定感がよく、不安定なところでも自立するのもいいです。

文房具収納ボックスの売れ筋ランキングもチェック!

収納ボックスのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、テレワークの片付けストレスを減らしてくれる、ライオン事務器「オフィス キャリングバッグ 〈BiZiCAL(ビジカル)〉」の紹介でした。

 ダイニングテーブルでテレワークしている人は、仕事終わりにサッとモノが片付けられて便利です。子どもの勉強道具入れにもおすすめ。ぜひチェックしてみてくださいね。