ホームパンダを思う存分愛でるなら
和歌山がアツいんです

パンダといえば、シャンシャンで話題の上野動物園! というイメージがありますが、じつは、日本でパンダに会える動物園は、上野だけではありません。なんと、5頭ものパンダに会える動物園があるんです。

この件について、『何度も行きたくなる動物園&水族館ベストランキング』編集部が、詳しくお伝えいたします!

晋遊舎:何度も行きたくなる動物園&水族館ベストランキング

晋遊舎
何度も行きたくなる動物園&水族館ベストランキング
定価:972円

ホームパンダに会うなら
アドベンチャーワールド!

パンダの飼育数・繁殖実績ともに国内ナンバーワンを誇るのは、和歌山県にある「アドベンチャーワールド」でした!

アドベンチャーワールド
和歌山県西牟婁郡白浜町堅田2399
時間:9:30~17:00(変動あり/不定休)
https://www.aws-s.com/

約80万平方メートルの広大な敷地に、動物園・水族館・遊園地を有したテーマパーク。ゴールデンウィークや夏休み期間中には夜間営業も行われ、昼間とは違う動物たちの姿を見ることができるほか、季節ごとのイベントも豊富。

園内でパンダに会えるのは、「パンダラブ」と「ブリーディングセンター」の2ヵ所。どちらも屋外展示場が併設されていて、天気の良い日には屋外で自由気ままに過ごすパンダたちの姿を間近で眺めることができます。

[パンダラブ]

ジャイアントパンダをはじめとした希少動物の繁殖・育成を目的とした施設。屋内と屋外、両方の展示場があり、子どもパンダ3頭がいきいきと遊ぶ姿を間近で見ることができます。


[ブリーディングセンター]

野生動物の繁殖・種の保存の研究を行う施設で、お父さんパンダとお母さんパンダが暮らしています。パンダラブと同じく屋内展示と屋外展示がありますが、どちらにいるかはその日の天候やパンダたちの体調次第です。

ホーム日本最多!
5頭のパンダに会える!

それでは、ようやくお待ちかねの、パンダさんたちのご紹介です!

まずは、14頭のお父さん、「永明(えいめい)」です!

1994年に中国からアドベンチャーワールドにやってきました。おっとりとした性格ですが、これまで14頭の子どもを作った優秀なお父さんパンダなんです。

のんびりと過ごすのが好きで、ベンチでもご覧の通り優雅に寝そべるのがお気に入り!


続いて、食いしん坊なお母さん「良浜(らうひん)」の登場!

2000年9月6日、アドベンチャーワールドで誕生。その後、立派に成長し、2008年には日本生まれのパンダとして初めての出産に成功しています。お気に入りの竹をじっくり選んで食べる美食家なんですよ!


仲良しの双子姉妹は「桜浜(おうひん)」と「桃浜(とうひん)」です。

お姉さんの桜浜は、マイペースな性格。

誕生日は2014年12月2日。お昼寝が大好きで、妹の桃浜に比べると耳の毛が長いのが特徴です。


妹の桃浜は、おてんば&食いしん坊!

お姉さんの桜浜よりも耳が小さく尖っていて、横から見たときに鼻が長いのが特徴です。食事中には桜浜が食べている竹を奪い取ってしまう欲張りな一面も……!


そして最後は、「結浜(ゆいひん)」ちゃん!

2016年9月18日に誕生した末っ子で、好奇心旺盛でひとり遊びも上手。2017年10月にパンダラブへ引っ越しました。

パンダラブで初めて迎えた2018年のお正月には、正月飾りの氷製の鏡餅に興味津々で、楽しそうに氷を抱えて転げ回る姿も……。


「パンダの天国、ここにあります!」(編集部・北島)と、担当編集もぞっこんのアドベンチャーワールド。もっと詳しく知りたいという方は、ぜひ『何度も行きたくなる動物園&水族館ベストランキング』をご覧ください。

全国の動物園&水族館の中からTOP50を選出し、日本中のパンダ情報はもちろん、たくさんの動物を展示している大規模な動物園から珍しい動物のいる動物園、動物たちとの距離が近い動物園など、「何度行っても」たのしめる動物園をご紹介していますよ!