ヘルスケアラクになる!プチ不調のお助けアイテムって?

ストレス、だるさ、肩こり、不眠……。病院に行くほどじゃないけど「なんかしんどい日」ってありませんか? 地味につらいプチ不調も放置していると毎日どんどんしんどくなるばかり。そこで、「LDK」編集部がセルフケアでどうにかできるお助けアイテムを探しました。

今回ご紹介するのは、首のコリを直接ほぐしてリラックスできる「ネックマッサージャー」と「ネックリフレッシュ」です。

スマホなどの見過ぎでストレートネックになっている場合はまずそのストレートネックを戻すことが大切。それでもコリがひどい人は直接マッサージしましょう。器具を使えばマッサージに行ったようなリラックス気分を気軽に体感できます。

ヘルスケア軽く当てるだけで気持ちいいNAIPO CARE JAPAN「Naipo EMK-150C1」

NAIPO CARE JAPAN
Naipo
EMK-150C1
実勢価格:7980円

NAIPO CARE JAPAN「Naipo EMK-150C1」は、兄弟誌『家電批評』でベストバイに輝いたネックマッサージャー。軽く当てるだけで気持ちいいので、おうちでゆっくりほぐしたいときにおすすめです。

もみ玉の回転速度が3段階で切り替えられて自分の好みに調整しやすいです。

ヘルスケア会社で使いたいベス工業「ボディレシピ ネックリフレッシュ レギュラー」

ベス工業
ボディレシピ
ネックリフレッシュ レギュラー
実勢価格:1050円

ベス工業「ボディレシピ ネックリフレッシュ レギュラー」は、手の力を使わずに圧がかけられるので、まるで指でもまれてるような感覚に。

首にはめて軽く押すだけで、まるで本物の指でつかまれてるような感覚です。

デリケートな首は強い刺激を与え過ぎると、筋肉が緊張して揉み返しが起きたり、筋繊維をいためることもあります。器具を使いすぎるのは注意しましょう。

ヘルスケア首のコリは目の運動&手のマッサージで軽減できる

スマホ・パソコンを見すぎると、作業中どんどん首がこってきますが、首のコリは目の運動&手のマッサージで軽減できます。

ポイント1:目を大きく動かす

目の酷使で首も緊張してしまうので、目の運動で血流をアップさせましょう。目を動かして緊張を緩めることで、首のコリも緩和できます。

ポイント2:腕をマッサージ

パソコン作業により腕がこっている場合、腕の筋肉をほぐすと血流がよくなり首もラクになります。手首からひじの間をもみほぐしましょう。

▼首こりをほぐすストレッチ枕のおすすめは?

ヘルスケアマッサージ用枕、ストレッチャーの売れ筋ランキングもチェック!

マッサージ用枕、ストレッチャーのAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

以上、おすすめのネックマッサージャー&ネックリフレッシュのご紹介でした。

仕事や家事の合間にお家でマッサージ、ぜひ試してみてくださいね。