ヘルスケア“ちょい老け”を脱出する老けないカラダの新ルール

シミやくすみ、白髪、たるみ、肩こり、etc……。年を重ねるにつれ、カラダの変化や不調が気になっていませんか?

そんなあなたのために、マネするだけで“ちょい老け”を脱出できる、老けないカラダの新ルールを教えちゃいます!

今回は、便秘改善のために覚えておきたい3つの習慣をご紹介します。

ヘルスケアルール1:ヨーグルトは食後に200g食べる

ヨーグルトを食べるなら、胃酸が中和され、より多くの乳酸菌が生きたまま腸に届きやすくなる食後がおすすめ。分量は器一杯分程度(150~200g)が目安です。

▼毎日食べるなら!ヨーグルトメーカーのおすすめは?

ヘルスケアルール2:オリーブオイルを積極的に摂る

オリーブオイルの主成分であるオレイン酸は小腸で吸収されにくいため、腸の食べ物の残りカスと混じって便を軟らかくし、スムーズな排便をサポートしてくれる効果が期待できます。

オレイン酸の含量が多いエクストラバージンオイルをサラダにかけるなどして、積極的に摂りましょう。

▼料理家が選ぶオリーブオイルは?

ヘルスケアルール3:どうしても出ないときは便秘薬を試す

ツラ~い便秘は解消したいけどお腹が痛くなるのはイヤですよね。そんな人には過去の比較テストで高評価だったビオフェルミン®便秘薬がおすすめ。有効成分がやさしく腸を刺激して、痛みを感じずに出すことができます。

おすすめはほどよく腸を刺激するビオフェルミン®便秘薬

ビオフェルミン製薬
ビオフェルミン®便秘薬(第2類医薬品)
実勢価格:1014円

ビオフェルミン製薬「ビオフェルミン®便秘薬」の有効成分ピコスルファートナトリウム水和物がやさしく腸を刺激して、自然なお通じを促してくれます。

以上、便秘改善の3つの習慣のご紹介でした。自然なお通じはまず食べ物から。あまり難しく考えず、まずはヨーグルトやオリーブオイルを日常的に取るように心がけて、腸内環境を整えてみてはいかがでしょうか。