出産準備~1歳までの育児に役立つ「WelcomeBaby」とは?

生まれてくる赤ちゃんのため、赤ちゃんが成長していくにつれ、準備するものってたくさんありますよね。

ひとつひとつ選んで全部を用意するのって本当に大変。「一体どれが必要で、どれを選べばいいの?」そんなギモンを持つ新米パパ・ママのために、出産準備~1歳までの育児に役立つページが「楽天ママ割」の中に「WelcomeBaby」として誕生しました!

いまなら、テストする女性誌『LDK』編集部がプロによる検証結果や先輩ファミリーの視点から厳選したおすすめグッズを紹介しています。

テスト誌のおすすめから厳選!

晋遊舎
ベビー用品完全ガイド
実勢価格:1320円

「WelcomeBaby」の特別コンテンツ「ベビー用品のベストバイ」では、「ベビー用品完全ガイド」のおすすめベビーグッズを紹介中。今回はその中から、ピジョンのおすすめ哺乳瓶を紹介します。

特典満載!「楽天ママ割」に登録していますか?

「楽天ママ割」を知っていますか? 楽天会員で子どもの情報を登録すれば、お得な特典が受けられる楽天グループのファミリー向けメンバープログラムです。

▼「楽天ママ割」とは?

お買い物するだけで家族みんなにうれしい特典がいっぱいの「楽天ママ割」の魅力をわかりやすくご紹介します!

おすすめポイント:ポイントUPのチャンスが爆増

楽天市場と言えば、ポイントアップですよね。お買い物マラソンや楽天スーパーSALEでは対象ショップ限定で楽天ママ割メンバー限定のポイントアップキャンペーンが随時開催されるので、ポイントアップのチャンスが増します。

また、子育て中に助かる楽天西友ネットスーパー楽天ママ割なら木曜日19時~金曜日の注文でポイントアップするのも見逃せません。

おすすめポイント:ベビーグッズのサンプル詰め合わせが当たる

オムツやベビーソープ、保湿剤などベビー向けの消耗品はたくさんあって「何がいいのかわからない」状態になりがち。

そんなときうれしいのがサンプルの詰め合わせ「楽天ママ割サンプルボックス」。子どもの月齢別に3種類のボックスがあり、エントリーするだけで毎月150人に当たります。消耗品だけでなくママ向けのモノも入っているので、楽しみが増えますよ!(※マタニティ~3歳対象)

エントリーすると、サンプルボックスの抽選に外れた人や登録している子どもの対象年齢外の850人にもお楽しみアイテムが当たります。

おすすめポイント:妊娠中から子育て世代まで登録が可能

妊娠中から子育て世代まで幅広く登録できます。もちろんママだけでなくパパも登録できます! 毎月開催されるさまざまなお得なキャンペーンにぜひ参加してください。

※一部バースデークーポンなど年齢制限があるサービスもあります。

それでは今回のおすすめベビーグッズを紹介します!

哺乳瓶は飲みやすいものを選べばいいわけではない?

赤ちゃんにミルクを飲ませる「哺乳瓶」。サイズや素材もさまざまなタイプがありますよね。

赤ちゃんをミルクと母乳併用で育てるママからよくあがる悩みは「哺乳瓶だと飲むのに、母乳は飲まない」というもの。もしかしてそれ、哺乳瓶の選び方のせいかもしれません。

ママのおっぱいに近い哺乳瓶を選ぶ

実は、あまり飲みやすい哺乳瓶を使っても、赤ちゃんが母乳を嫌がってしまうということもあります。そうならないためには、なるべくおっぱいに近い飲み心地の哺乳瓶を選ぶことがコツです。

逆に、母乳がうまく出ないときに「哺乳瓶で飲んで欲しいのに、なかなか飲んでくれない」という悩みもあるかもしれません。いくつも哺乳瓶を買い替えるということもあるでしょう。

完全母乳でも哺乳瓶の準備は必須

また、完全母乳で育てるつもりでも、特に新生児の頃はママもうまく母乳が出ないこともあり、哺乳瓶の準備は必須です。水分補給やしゃっくりを止めるために水を飲ませるといった場面でも役立ちます。

出産前には、120~160ミリリットルサイズと240~260ミリリットルサイズの大小サイズで2本準備しておくといいでしょう。

赤ちゃんにあった哺乳瓶を選ぶために、まずは選ぶ際のポイントをまとめてみました。

素材とニップルに注目! 哺乳瓶の選び方

哺乳瓶を選ぶポイントは、「素材」と「ニップル」の2つです。

選び方1:素材 ~新生児にはガラス お出かけはプラ製を

哺乳瓶の主な素材はガラスとプラスチック。素材によって用途が違うので、赤ちゃんの成長に合わせて使い分けましょう。

新生児には傷がつきにくく衛生的なガラスを、お出かけが増えたら丈夫で軽いプラ製が便利です。プラスチック製なら、赤ちゃんが哺乳瓶を投げたりした場合も安心です。

【ガラス】

▼メリット
・耐熱性に優れ、ミルクが冷めやすい
・傷がつきにくいため衛生的

▼デメリット
・プラスチックに比べて重く、持ち運びに不便
・割れる心配がある

【プラスチック】

▼メリット
・軽くて持ち運びがラク
・割れにくい

▼デメリット
・傷がつきやすい
・傷がつくと汚れが取れにくい

選び方2:ニップル ~サイズ・硬さなど目的別に選ぶ

ミルクを飲む量やスピードは、月齢によって違います。ニップルには、飲む力をつけるためにわざとミルクが出にくいタイプ、口を大きく開けてくわえるタイプなど、さまざまな種類があります。赤ちゃんの成長や、ミルクと母乳の割合など育児方針によっても選び方を考える必要があります。

ニップルは「硬さが適切か」「時間をかけて飲めるか」に注目して選びましょう。

【ニップルの硬さは適度か】
たくさんの種類がありますが、ママのおっぱいに近い硬さのものがベストです。ただし、まだ飲む力が弱い赤ちゃんには硬すぎないやわらかめのものを用意しましょう。

【時間をかけて飲めるか】
すいすいと短時間で飲めてしまうと、赤ちゃんが母乳を嫌がることも。とくに母乳育児を目指すなら、時間をかけて飲めるかどうかしっかり確認しましょう。

吸う力が弱い新生児は丸型
母乳と併用なら少量しか出ないこっち!

ニップルの大きさはSS~Lまで成長に応じた大きさを選ぶようにしましょう。

それではおすすめアイテムを紹介します!

ベビー【おすすめ】ピジョン「母乳実感」
 

王冠アイコン

ピジョン
母乳実感(プラスチック製)
実勢価格:1678円

素材:ポリプロピレン(フード・キャップ)・シリコーンゴム(ニップル)・PPSU (ボトル)
容量:160ml

ピジョンの「母乳実感」は、母乳との併用にもってこい。おっぱいをお手本にしたニップルは大きくくわえられ、出すぎることがありません。おっぱいに近い形で、時間をかけて飲むことができます。

哺乳瓶使用者の約6割が愛用するといわれ、人気は絶大です。

ニップルはやわらかすぎず、適度なハリがあります。

広口なので粉ミルクを入れやすく洗浄もしやすいです。

ピジョンにはガラス製もあります!

ピジョン
母乳実感 Coating
実勢価格:2750円


素材:ポリプロピレン(フード・キャップ)・シリコーンゴム(ニップル)・ほうけい酸ガラス、シリコーンゴム(ボトル) 
容量:160ml

ピジョン「母乳実感 Coating」は表面がコーティングされており、やさしい手触りで滑りにくく、万が一割れてもガラスが飛び散りにくい仕様です。新生児には傷がつきにくく衛生的なガラス製、お出かけが増えたら持ち運びがラクなプラスチック製が便利です。

「ベビー用品のベストバイ」でおすすめをチェック!

以上、『LDK』がおすすめするビジョン「母乳実感」の紹介でした!

出産準備から1歳までの子育てに役立つ情報を発信している「WelcomeBaby」内のコンテンツ「ベビー用品のベストバイ」は、ユーザーが知りたいベビー用品のベストバイ情報を定期的に更新予定です。

ぜひ「楽天ママ割」に登録しておすすめベビーグッズをチェックしてくださいね!