ホーム2021年プライムデーは6/21(月)~6/22(火)

Amazonで開催されるセールの中でも規模が大きく、値下げ率も大きいプライムデー。開催期間の数日間は、人気アイテムがまさに“争奪戦”の勢いで売れていきます。

絶対に見逃せないAmazonプライムデーですが、それではいったいいつから開催されるのか、過去の開催期間から開催日を予想してみました! プライムデーは今回で7回目の開催となり、これまでの開催期間は以下のようになっています。

過去6回はイレギュラーを除けば7月開催!

  • 開催年: 開催期間
  • 2015年: 7月15日(水)00:00~16日(木)00:00
  • 2016年: 7月12日(火)00:00~13日(水)00:00
  • 2017年: 7月10日(月)18:00~11日(火)23:59
  • 2018年: 7月16日(月)00:00~17日(火)23:59
  • 2019年: 7月15日(月)00:00~16日(火)23:59
  • 2020年: 10月13日(火)00:00~14日(水)23:59

昨年は新型コロナウイルスの影響によって開催期間が大幅に変更となりましたが、7月上旬~中旬に開催されるのが基本線となっていることがわかります。

ただし、今年は夏に買い物の集中による発送の遅延が懸念されていることから、前倒しに開催されるという報道がありました。

現在、アマゾンのプライムデーに関するページにも「Amazon Prime Day(プライムデー)2021」「プライムデー もうすぐ開催」と表示されています。すでにカウントダウン状態にあると考えてもいいのでしょうか!?

※2021年6/3追記 2021年プライムデーは6/21(月)~6/22(火)と発表されました!! 今すぐ備えましょう!

なお、2020年はプライムデー数日前から「プライムデー特選セール」が先行開催されました。家電、食品、日用品などの商品がセール価格で販売されており、今年も同様のセールが開催される可能性があります。

ホームそもそもプライムデーって何? 会員限定の超おトクセール

Amazonプライムデーとは、Amazonが年1回開催するプライム会員だけが参加できる大型セールです。

Amazonセールの中でも“特別”なセールと言われており、セール商品の多さはもちろんのこと、価格も通常とは比べ物にならないくらい値引きされるのが特徴です。

特に家電カテゴリでは価格.comの最安価格を凌ぐセール品も続出するので、見逃せません。さらには、プライムデー記念発売の限定商品がある年もありました!

他のタイムセールとプライムデーでは規模が違います!

Amazonでは他にも数多くのセールが開催されています。Amazonタイムセールは毎日開催されているほか、対象商品が大幅に増える「タイムセール祭り」は月に1回行われています。しかしプライムデーは会員限定で、かつ規模が大きいのが特徴です。

簡単にまとめると

Amazonタイムセール祭り:月イチのお得なセール
プライムデー:年イチのプライム会員限定セール
サイバーマンデー:年末のビッグセール
ブラックフライデー:11月第4木曜日の翌日に開催されるビッグセール


といった違いがあります。

また、各セールの対象商品は、基本的にセール期間中ずっと安い「特選タイムセール」商品と、8時間のカウントダウンセール「数量限定タイムセール」商品の、2種類に別れます。

プライムデーはプライム会員限定……だけど試用期間でもOK!

プライムデーはAmazonプライム会員限定のセールです。プライム会員は年額4900円、月額だと500円の有料サービスですが、初回1回だけ30日間無料で体験できます

また、学生の場合は「プライムスチューデント」を利用すれば、無料体験期間が6ヵ月になるほか、通常の半額である月額250円(年額2450円)でプライム特典が利用できます。

プライム会員になると他にも以下のような15個ものサービスが受けられるので、プライムデーだけが目当てでも一考の価値はあります。

①少額(2000円以下)の買い物でも送料が無料に!
②お急ぎ便と日時指定便が使い放題!
③「プライムビデオ」で映画やドラマ・TV・アニメが見放題
④「アマゾンミュージックプライム」で約200万曲の音楽が聴き放題
⑤アマゾンでのセールに早く参加できるため有利になる!
⑥アマゾンギフト券をチャージするときに「ポイント還元率」がアップ!
⑦アマゾンマスターカードのポイント還元率が+0.5%
⑧「アマゾンフォトズ」にデジカメやスマホの写真を保存し放題
⑨「プライムナウ」スーパーから最短2時間で食品をお届け
⑩「アマゾンフレッシュ」通常は取り扱っていない生鮮食品や日用品をまとめ買いできる
⑪「プライムワードローブ」衣料品を買う前に試着ができる
⑫「プライムリーディング」キンドル電子書籍の一部が読み放題
⑬「バーチャルダッシュ」一度買ったものはワンタッチでリピート
⑭「アマゾンファミリー」子育てで絶対に使うおむつとおしりふきがおトクに
⑮「プライムゲーミング」毎月無料でゲームがもらえる

ホーム注目商品! プライムデーではアマゾンPBとアンカー製品が狙い目!

プライムデーでは超大量の商品が値引きされるため、商品を探すのもひと苦労。また、ブランドによっては実はあまりお得ではないものもあったりします。そこで、セール期間は特に大幅値下げされるブランドを狙い撃ちしましょう。

Amazonデバイスは超お得!

当然とも言えますが、アマゾンが製造・販売している製品はセールのたびに大幅値引きされます。具体的にはテレビでインターネット配信サービスが使える「Fire TV」シリーズや、スマートスピーカー「Echo」シリーズ、電子書籍リーダーの「Kindle」シリーズが超お買得になります。

なお、2020年のプライムデーではモノクロ電子書籍リーダー「Kindle Paperwhite」が38%オフの9980円、小型スマートスピーカー「Echo Dot(第3世代)」が67%オフの1980円、8インチタブレット「Fire HD 8」が33%オフの7980円で販売されました。

アンカーのスマホ用バッテリーやケーブルが安い!

スマホやノートPC用のバッテリー、ケーブル、プロジェクター製品に定評のあるメーカー、Ankerも狙い目です。

過去にはプロジェクターが約1万円オフ、ポータブル電源が約6千円オフと、もともとリーズナブルなアンカー製品がさらに大幅値下げになっていました。

ホームプライムデーでもっと得するための5つの方法

プライムデーでは、開催に合わせてさまざまなキャンペーンが行われます。また、知っておくとおトクなワザもあるので、フル活用しましょう!

なお、以下で掲載している過去に行われたキャンペーンの還元率や値引きに関しては、その当時の数字になります。2021年に開催されるキャンペーンについては、実際の数字をよく確認してください。

【1】Amazonギフト券5000円分で1000ポイントゲット!

2020年のプライムデーでは、5000円分のAmazonギフト券を買うと最大1000ポイントもらえるキャンペーンが開催されました。もちろん獲得ポイントは、アマゾンで1ポイント1円として使えます。

プライムデーのキャンペーンなので、AmazonポイントをもらうにはAmazonプライム会員である必要があります。まだプライム会員でない場合、無料体験の申し込みはこちらからどうぞ!

【2】現金チャージ払いでポイント二重取り!

アマゾンギフト券には種類があり、コンビニやスーパーなどで買える「カードタイプ」と、コンビニやネット銀行でチャージして使う「チャージタイプ」があります。

断然お得になるのが「チャージタイプ」。なぜかというと、チャージタイプにはポイント還元制度があり、購入(チャージ)した金額に応じたアマゾンポイントがゲットできるんです! チャージしたギフト券で購入すれば、「タイムセール祭り」のポイント還元と合わせて、夢の二重取りも実現できちゃいますよ!

アマゾンギフト券のチャージ金額と還元率は、現在以下のようになっています。

  • 1回のチャージ金額: 通常会員: プライム会員
  • 90000円~: 2.0%: 2.5%
  • 40000円~: 1.5%: 2.0%
  • 20000円~: 1.0%: 1.5%
  • 5000円~: 0.5%: 1.0%

▲チャージはこちらのリンクからどうぞ!

基本的にはいっぺんに大きな金額をチャージしたほうがおトクになっています。5000円未満のチャージではポイント還元がないため、Amazonをしょっちゅう使う人は多めにチャージしておくといいでしょう。また、Amazonプライムの会員だと還元率がアップします!

現金チャージの具体的な手順については、こちらの記事をチェックしてください!

【3】買い物をすれば最大5000ポイント還元!

過去のプライムデーでは、ポイント還元キャンペーンも行われました。キャンペーンにエントリーし、2020年のプライムデーでは、期間中にAmazon全商品の中から2万円以上買い物をすると、最大なんと7.5%のポイント還元されました。もちろんセール対象商品以外でもOK!

ポイント還元にはランクがあり、7.5%受けるにはAmazonマスターカードゴールドが必要。とはいえ、そのカードを持っていない場合でも、2万円以上買い物すれば最大3.0%の還元を受けることができたんです。

【4】Amazonゴールドカードでポイント荒稼ぎ!

上記のポイントアップキャンペーンの説明でAmazonマスターカードの話が出ましたが、こちらのカードを持っているとかなりお得。

「Amazon マスターカード」はアマゾン公式のクレジットカードで、国際ブランドは「マスターカード」のみとなります。クラシックとゴールドの2種類があり、年会費やポイント還元率、その他サービスが異なります。

Amazon Mastercard
ゴールド
年会費:1万1000円

クラシックと比べるとゴールドの年会費は高いのですが、ゴールドにはAmazonプライム特典をはじめ、さまざまなサービスが付随しています。総合的に見るとゴールドのほうがはるかにオススメ

無料の即時審査サービスを利用すれば、必要事項を入力してから最短3分程度で、上限3万円まで利用可能なテンポラリーカードの番号が発番されます。詳しくはこちらのヘルプページをご覧ください。

さらに、「ゴールドカード」はカードの申し込み時に「マイ・ペイすリボ」に登録すれば、5500円の割り引きが適用されます。

ゴールドカード年会費1万1000円から、Amazonプライム年会費4900円と「マイ・ペイすリボ」登録の割り引きを引くと、残りはわずか600円。

つまり、実質の年会費はわずか600円で、通常の2.5%のポイント還元率で考えると、年間2万4000円分の買い物で元が取れることになります。今回のプライムデーの場合は、2万円以上で7.5%。そのため、2万円以上買い物すればその時点で元は取れてしまいます。

また、2年目以降はWEB明細書の利用で、さらに1100円割り引きとなるので、実質年会費は無料になります。

リボ反対派もご安心ください。「マイ・ペイすリボ」は自動でリボ払いが適用されるサービスですが、カード上限を支払い上限額に設定できます。つまり、登録しても1回で払えば、手数料はかかりません。ホームページで変更することができます。

Amazonマスターカードについて詳しくは、こちらの記事もチェックしてください。

【5】忘れがちなクーポンをフル活用!

アマゾンでの買い物で意外と忘れがちなのが「クーポン」です。たまたま購入した商品にクーポンがあれば自動で適用されますが、毎回そううまくはいきません。

確実にクーポンで得したいなら、クーポンの一覧から欲しい商品を探すのがポイントです。

「アマゾンで買うつもりはなかったけど、ちょうど今「プライムデー」だし安いから買っておくか……」という商品がきっと見つかるでしょう。

クーポンのページでは上部のプルダウンメニューを使って、割引率が高い順に並び替えられます。とにかくお得になっている商品を探したいときにピッタリです。

クーポンがきちんと適用されているかは、「レジに進む」を押した後の画面で確認できますよ。

同じページには、クーポンで50%OFFで購入できる商品のまとまった「ヤスイイね 半額ストア」へのリンクもあります。掘り出し物満載なので、定期的に覗いてみるといいでしょう。

「クーポン」について詳しくは、こちらの記事もチェックしてください!

ホームプライムデーの落とし穴とは……? 買い物で失敗しない方法

プライムデーでは通常のセールよりも値引き率が上がっていることが多くなっていますが、中には微妙な値下げ率だったり、むしろ一時期より値上がりしている……なんてモノも紛れています。

また、値下げ率を大きく見せるために定価が妙に高く設定されている、いわゆる「二重価格」の商品もあります。

これらを賢く避けるために、絶対に使いたいのが価格推移チェッカー「Keepa」です。Keepaはパソコンで使うならChromeの拡張機能(Edgeにも対応)を導入し、スマホの場合はアプリをインストールしておきます。詳しい使い方は以下で説明します。

パソコンならアマゾン上でラクラク価格チェック

公式サイトにアクセスしたら、使っているWebブラウザーのアイコンをクリックします。

拡張機能のストアが表示されるので、インストールします。

Amazonの商品ページを開くと、価格推移のグラフが表示されます。過去の最安値と、そのタイミングも簡単にチェックできます!

スマホはKeepaアプリで製品を検索

WebブラウザーでAmazonの商品ページを開き、URLを長押ししてコピーします。

Keepaアプリを開き「Search」メニューの検索欄に、コピーしたURLをペーストして検索します。

価格推移グラフが表示されます。

ホーム狙っている商品は今からリストに入れておく!

セールで狙いたい商品は、あらかじめアマゾンの「ほしいものリスト」に追加しておくと見逃しがなくおすすめです。

アマゾンにログインした状態で商品ページを開くと「ほしい物リストに追加する」ボタンが表示されます。これをタップするとリストに追加できます。

ほしい物リストはメニュー(パソコンの場合は「アカウント&リスト」)から確認できます。なお、ほしい物リストに登録した商品は、値下がりした場合は明記されるようになっています。


日用品から大型家電まで、さまざまな商品がお得になるビッグセールがプライムデーです。例年は約2日間と短期開催なので、人気商品は争奪戦となることが予想されます! 気になる商品は今のうちにチェックしておき、乗り遅れないようにしましょう。