ビューティーマネするだけで即キレイ! 美人をつくる○×習慣

よかれと思って続けているスキンケアやメイク、ボディケア、食事。じつはその毎日のルーティンが肌老化を進行させたり、不調や疲れの原因になっていたりすることもあるんですって。せっかくがんばっているのに、本末転倒だったら残念ですよね。

そこで、そんなことを回避すべく、雑誌『LDK』の姉妹誌でコスメ専門雑誌の『LDK the Beauty』が、徹底テストと美容のプロなど専門家への取材を行いました。そこでわかった、「マネするだけで即キレイ! 美人をつくる○×習慣」をご紹介します。どれも、美しくなるための新常識や、頑張り不要の即マネルーティンばかり。

完璧めざして挫折したら意味無しです。できることだけやればイイ! ニュー・ノーマル時代の美人ルーティンはじめましょ。

今回は、老け防止のための姿勢や表情に注目。その中から普段やってしまいがちな習慣をご紹介します。

ビューティーQ. 頬を膨らませてほうれい線を予防!

A. ○(アリ)。頬の内側からシワ対策!
頬膨らましが顔筋トレとして有効なんですって。やり方は超簡単です。

↑まずは頬を思い切り膨らませて5秒キープ。
↑続いて思い切り頬の内側を吸うように凹ませて5秒キープ。

これだけでOK。3セットを目安にしてください。

永松麻美 氏
フェイシャルサロン&スクール-SUHADA-オーナーエステティシャン
永松麻美 氏 のコメント

頬筋にアプローチ! 頬の大きい、奥の筋肉を刺激することができるのでほうれい線予防にもなります。

ビューティーQ. 顔のストレッチや顔ヨガは保湿後に行う

○(アリ)。表情筋ケアとして意味あり
顔のストレッチや顔ヨガは表情筋ケアとしては意味ありなんですって。

永松麻美 氏
フェイシャルサロン&スクール-SUHADA-オーナーエステティシャン
永松麻美 氏 のコメント

普段よりも表情をしっかり動かすため、肌が乾燥していると肌の負担になることも。

試すなら、しっかり保湿したあとに行いましょう。

ビューティーQ. 寝るときはいつも仰向けになっている

A. OK。うつ伏せや横向きはNG
うつ伏せで寝ると、顔の筋肉を圧迫して肌老化の原因になるかもなんですって。

永松麻美 氏
フェイシャルサロン&スクール-SUHADA-オーナーエステティシャン
永松麻美 氏 のコメント

うつ伏せで寝ると、酸素を取り込む量も減るため疲れやすくなります。

横向きもまた、ほうれい線や目尻のシワなど左右の深さに差が出る原因になるので注意だそうです。

ビューティーQ. エラが張るから硬いものは食べない

A. ×(ダメ)。歯や顎の健康によくありません
歯や顎の健康を考えれば、硬いものを避けるのはNG。また、顎の外側にある咬筋ばかり使うとエラが張りやすいとのこと。

永松麻美 氏
フェイシャルサロン&スクール-SUHADA-オーナーエステティシャン
永松麻美 氏 のコメント

耳の上にある側頭筋をイメージしながら噛み、エラ張りを回避しましょう

以上、普段やってしまがちな姿勢や表情の習慣についてご紹介しました。

ちなみに、「美人をつくる○×習慣」特集を掲載した『LDK tne Beauty』2021年3月号はこちらで読むことができます。

ビューティー『LDK the Beauty』3月号

LDK the Beauty
2021年3月号

ぜひ、記事を参考にしてみてください!