ビューティー一重&奥二重に合う正しいメイクテクニックって?

メイクの見本と言えば、パッチリ二重のモデルがメイン。しかし、雑誌『LDK』から生まれた姉妹誌でコスメ誌の『LDK the Beauty』が読者に目の形についてアンケートをとったところ、約半数が奥二重&一重、または左右の形が異なるとの回答でした。

※LDK the Beauty webアンケートより

さらに、「アイメイクで一番悩むアイテムは?」というアンケートでは、なんと約7割の人がアイシャドウとアイライナーについて悩んでいるということが判明しました。

ということで、『LDK the Beauty』ではプロに取材や検証を実施! 一重・奥二重メイクをお悩みや願望別にお答えしていきます。

今回は、一重さん、奥二重さん向けに「隠れるインライン」はペンシル小刻み塗りでフレーム強調! というメイク術をご紹介します。

ビューティー隠れるインラインはペンシル小刻み塗りでフレーム強調!

頑張ってインラインを埋めてもどうせ折りたたまれて見えないし……と思うこと、ありませんか。ですが、インラインはたとえ見えなくても仕込むことに意味があるんです。

目の形をよりくっきり強調させるためにはインラインを入れたほうがいいんです。

でもインラインって難しそうって思いませんか。そんな初心者さんは、ぜひペンシルを使って引いてみてください。たとえ失敗してもうまくぼかしやすいのでおすすめです。

インラインの引き方のコツをご紹介します。

まつげに対して芯を垂直に当て、根元を内と外からサンドイッチするように引きます。シャカシャカ左右に動かすイメージです。最後に必ず綿棒でぼかしましょう。

ラインを引くときはアゴを上げ気味でやると◎

生え際を埋めるときは、あごを少し上げ、まぶたを指で軽く持ち上げるとスムーズに。目線を少し下げるのもポイントです。

以上、「インラインが隠れて見えない問題」を解決するメイクテクニックのご紹介でした。

ちなみに、「一重・奥二重のアイメイク、正直どーすりゃいいんですか!?」特集を掲載した『LDK the Beauty』2021年1月号はこちらで読めます。

ビューティー『LDK the Beauty』2021年1月号

『LDK the Beauty』
2021年1月号

ぜひ、参考にしてみてくださいね!